2020年03月29日

桜と雪のコラボ

こんにちは!よっしーです。

先日までの麗らかな陽気から一変。
早川町は白銀の世界に変わっています!
IMG_20200329_111052.jpg

IMG_20200329_111110.jpg
目覚めた桜や昆虫たちを想うと可哀そうですが、風情のある景色には感動を覚えざるを得ません。
1585466980253.jpg

1585466847783.jpg
午後には天気も良くなり、ほとんど雪は溶けてしました。

季節の変わり目のこの時期。
カタクリが咲き、ウグイスがさえずる一方で冬鳥たちも野鳥公園では観察されています。
観察ルームの雪がないところには、食べ物を求めてカケス、ミヤマホオジロ、カヤクグリなどが来ていましたよ!
posted by 生態邑スタッフ at 11:38| 山梨 ☁| Comment(2) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

サルとシカの集まる場所

こんにちは!
わくわくちゃんです。
快晴の日が続き、暖かい早川町。
IMG_1981.JPG
写真が映えますね♪

朝9時。河原をふとのぞくと・・・。
ニホンザルの群れが、日の当る場所で毛づくろい中。
IMG_1989.JPG
日中の暖かい時間帯になると、このように日の当る場所で毛づくろいをしたり昼寝をしたりすることが良くあります。
子供のサルは、子供同士で取っ組み合いをしたり走り回ったり。

1日のサルの活動の中で、群れ全体がほんわかとするような時間です。
こっちまでうたた寝をしてしまいそう・・・。

まわりを見渡してみると。
IMG_2010.JPG
ニホンジカがやって来ていました!
すぐ間近にはサルが。
お互いに時折顔をむけて気にはしてはいるものの、ほとんど知らん顔。
シカは地面に顔を寄せて、何かを食べている様子。

サル、シカ、それぞれ20頭以上が集まっていました。
恐らくこの場所は日当たりも良く、シカやサルの食べ物が多くあるのではないかと思われます。

また、サルの食べ跡を狙ってシカがやってきている可能性も?
木の上ではサルが登って採食していました。
IMG_2013.JPG
ヤナギの花芽を食べている?
このようにサルが木に登って食べる際に、枝を折ることが良くあります。
シカはその落ちた枝を狙って食べに来ることがあります。
そのような行動を、ミレーの名画になぞらえて「落穂拾い」と呼ばれています。

最近、よくこのようにサルとシカが同じ場所にいる様子が見られています。
お越しの際は辺りをよく気にして見てみてください。
ちょっと変わった様子が見られるチャンスですよ!

このときの動画を、フェイスブックとインスタグラムにアップしました!
こちらからご覧ください↓
フェイスブックhttps://www.facebook.com/herusiimisato/videos/520982955460599/?modal=admin_todo_tour
インスタグラムhttps://www.instagram.com/p/B-JBTa8pPcX/
posted by 生態邑スタッフ at 11:36| 山梨 ☁| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

カエル道

こんにちは!はぎさんです。
野鳥公園はあたたかく、Yシャツ1枚でも大丈夫な気候です。
IMG_1252.jpeg
園路にこんな生き物が!
azu.jpg
アズマヒキガエルです。
園路あちらこちらでみられています。
みんな一斉に池に集まり、繁殖をします。
だいたい数日から1週間の間に見られる期間限定の光景です!

3月20日からみられています!
今年は何日間みられるでしょうか。
乞うご期待です!!

posted by 生態邑スタッフ at 21:51| 山梨 ☔| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

春を探しに

こんにちは、たぬきです。
ウグイスが「ホーホケキョ」とさえずり、
キジバトの「デーデーポポー」も聞こえ始めました。
日に日に春がやってきていますね。

そんなわけで今日は野鳥公園の「春の花探し」をしてみました。
木々は少し芽吹き始めましたが、まだ視界を覆ってしまうほどではありません。
どんな花が咲き始めているでしょうか?

sansyuyu.jpg
満開のサンシュユ。小さなポンポンのような黄色い花をいっぱいつけていました。

tyouzizakura.jpg
薄いピンクのチョウジザクラが咲き始めていました。ソメイヨシノはまだ咲くまで時間がかかりそうですが、コチラの桜は一足先に。

dankoubai.jpg
ダンコウバイの黄色い花も。小さいですが、葉のない今の季節は目立ちます。

mokuren.jpg
モクレンの花。ふわふわの冬芽を脱いで大輪の存在感のある紅色の花が、この陽気で咲き始めたようです。

hanamomo.jpg
コチラはあと少し!なピンクのハナモモのつぼみ。(お昼には花が2輪ほど咲いていました)

aburatyan.jpg
アブラチャンもぽつぽつ黄色い花を咲かせています。
野鳥公園でネイチャーガイドツアーやナイトハイクに参加したことがある方は聞いたことがあるかも?

kibusi.jpg
垂れ下がる姿が特徴的な薄黄色のキブシの花。藤の花みたいですね。


ぐるりと野鳥公園を一周してみて、見つかった花は7種類。
なぜか「黄色」の花が多いような・・?7種類の内、4種類が黄色の花です。

実はこの「黄色(白)」の花の色は春一番に動き出すハエなどの昆虫たちにとって、
とても目立つ色。なので、早春に咲く花は黄色なことが多いです。
今回見つけた花もピンクや紅色の花は咲き始めでしたが、黄色の花はほぼ満開。
ちょうど早春から春本番へ季節が移り替わるタイミングだったんですね。


春の花探し中に出会った生きもの
enaga.jpg
ちょうど野鳥たちの恋の季節も始まるころ、種類によってはもう巣作り中。
エナガが自分より大きな鳥の羽根をくわえて運んでいきました。
これも春にしか見られない光景ですね♪

tengutyou.jpg
テングチョウ。成虫のまま、落ち葉の下などで越冬するタイプの蝶です。
暖かくなってきたので、出てきたのですね。

その他にもいろんな生き物たちが活動開始しています!
今度の三連休、ぜひ春を探しに野鳥公園へ遊びに来てくださいね。
posted by 生態邑スタッフ at 13:21| 山梨 ☀| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

野鳥調査報告3月

こんにちは、テツです。

野鳥調査3月期のご報告です。
留鳥たちが子育てに向けて動き始めていましたよ!

野鳥公園では、シジュウカラなどのカラ類やエナガがつがいで行動しているのが目立つようになってきました。
それに伴い、さえずりも増えてきましたよ!
カラ類たちは巣穴探しで樹洞や巣箱をのぞく行動も確認しました。
冬鳥では、ウソやカシラダカ、マヒワ、カヤクグリなどを確認。

DSC_0187.JPG
(花芽をついばんでいたウソPyrrhula pyrrhula)


河原では、セキレイ類やカワラヒワのさえずりが聞こえていました。
しかし、まだ群れで行動しているものも多く、マヒワとカワラヒワは混群で活動していました。
他、カヤクグリ、ジョウビタキ、カワガラスなど。

P3170667.JPG
(マヒワCarduelis spinus 群れの個体数がだいぶ少なくなっていました)


林道でも、カラ類が盛んにさずっていました。
他にもトラツグミの「フィーホー」、アオゲラの「ピョーピョーピョー」というさえずりも聞こえていましたよ!
カラ類はオス同士のケンカも確認しました。
他、ルリビタキ、ジョウビタキ、ウソ、マヒワ、ゴジュウカラなど。

DSC_0969.JPG
(トラツグミZoothera dauma)


畑では、ホオジロやウグイスのさえずりがあちこちから聞こえるようになっていました。
他にもモズのサブソングやジョウビタキのなわばり宣言なども。
カシラダカやツグミはだいぶ数が減っていたので、渡りが順調に進んでいるのだと思います。
他、イワツバメ、カワラヒワ、マヒワなど。

PB203437.JPG
(カシラダカEmberiza rustica)


次々と花がほころび始め、虫たちが活動するようになってきました。
それに伴って鳥たちの繁殖も続々と始まっています。
いよいよ春本番が近いようです、楽しみにな季節になってきましたね!
冬鳥たちも今期はそろそろ見納めですので是非あいさつしに来てあげてください。


今回、確認した種
キジバト、イカルチドリ、トビ、カワセミ、コゲラ、オオアカゲラ、アカゲラ、アオゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ゴジュウカラ、※ミソサザイ、カワガラス、トラツグミ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、カヤクグリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、ホオジロ、カシラダカ
※は声のみの確認
posted by 生態邑スタッフ at 19:14| 山梨 ☀| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

早川ジオツアー 南アルプスの大地に迫る!のご報告

こんにちは!よっしーです。

今日のブログは、昨日、今日と開催された 「早川ジオツアー 南アルプスの大地に迫る!」のご報告です。
「大きな溝」フォッサマグナの西端の断層が走る早川町。 まずは地質や岩石から、そんな大地の動いた証拠を辿っていきました。

DSC_0987.JPG
▲断層露頭を見学後、河原に降りて石採集。雨が降っていましたが、皆さん熱心に観察されていました。

DSC_0989.JPG
▲気になる岩を砕き、断面の観察や鉱物を探します。
今回は特に黄鉄鉱がよく観察されました
かつては鉱山で栄えた早川町。こういった鉱物を採集していたのですね。

その後、ヘルシー美里に戻り割ってみたり、顕微鏡で見てみたりし持ち帰った石を分析しました。
DSC_1013.JPG
▲石英の中にある水晶や黄銅鉱、岩石の断面の雲母など顕微鏡でみると、より一層美しかったです。

翌日は、昔から早川町で生産されてきた、
雨畑真石硯の採掘鉱を、地元の方のご案内で見学してきました!
DSC_1036.JPG
▲雨畑硯の博物館「硯匠庵」の館長、天野元さんにご案内いただきました。
DSC_1040.JPG
▲坑道の中へ。暮らしの話から、硯の材質の話まで、色んなお話を聞かせていただきました。

DSC_1049.JPG
石の生い立ちから、地球の動きを感じ、
その大地の恵みから営まれてきた早川の文化にも迫った2日間でした。
posted by 生態邑スタッフ at 17:40| 山梨 ☀| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

ヤマアカガエルのオタマジャクシ

こんにちは!
わくわくちゃんです。
3月とは思えない暖かい日が続きますね。
image1 (85).jpeg
ふきのとうもすっかり花が開きました。

以前の(2月13日)ブログでもご紹介していたヤマアカガエル。
http://salpsyacho.seesaa.net/article/473554651.html
E0907934-679B-4088-B8BB-BC16BFED6A20.jpeg
池に卵塊ができていました!
image3 (44).jpeg
光の反射で少し分かりづらいですが、卵が集まった塊が水の中に出来ています。

よーく見るとこんな感じ。光が当ると綺麗です!
透明な卵の中の黒い部分が、オタマジャクシになっていきます。
image2 (63).jpeg4

すでにオタマジャクシになっていたものも発見!
image5 (13).jpeg
すでに卵から出て、水の中で藻にくっつかるようにじーっとしています。
image4 (29).jpeg
まだこんな小ささ!
カエルの姿になるのが楽しみですね♪

またこれからは、6月にかけてアズマヒキガエル、モリアオガエルが池に産卵にやって来ます。
水辺に向かって移動する彼らを見かけたら、踏まないように気をつけてくださいね。
posted by 生態邑スタッフ at 10:39| 山梨 ☀| Comment(2) | ほかの生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

シジュウカラが巣箱の内見にやってきました

こんにちは!
わくわくちゃんです。

先日ブログにアップした、エナガの巣作りが順調に進んでいます。
IMG_1658.JPG
雨にも風にも耐え、お皿形から球状の巣ができあがっていました!

こちらが前回2月24日の様子
IMG_1500.jpg
その時のブログはこちら↓
http://salpsyacho.seesaa.net/article/473728842.html

どうやらエナガのペアは、巣材を巣の中へと運んでいる様子。
もしかしたら産座となる羽根を集めているのかも?
完成も近づいてきているようです♪


また、小鳥用巣箱にもお客さんが!
image1 (84).jpeg
少し分かりづらいですが、巣の中にシジュウカラがやって来ました!
巣の中で移動してみたり、辺りを見回したり。
1分ほどで外へ出ていってしまいました。

おそらく巣作りの内見にきたご様子。
このようにしてあちこちの巣候補を見て回り、気に行った場所で巣作りを行います。
今年も使ってくれるかな?


先日スタッフのテツが、イワツバメを初認しました!
87877895_679558909481776_853898854892830720_n.jpg
今年も海を越えてやってきてくれました。
去年より8日早い初認となります。
暖冬の影響でしょうか?

さらにウグイスの初鳴きも聞こえてきましたよー
いよいよ野鳥たちの春の渡りが始まってきました。

日に日に春の便りが届くのが楽しみですね♪
posted by 生態邑スタッフ at 11:38| 山梨 | Comment(2) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

アニマルウォッチングツアー

こんにちは!
わくわくちゃんです。
先日アニマルウォッチングツアーが開催されました。
83E0568D-CADE-4D5B-B67C-484221B4FBCB.jpeg
野生動物が生活している森の中へと入っていき、
足跡や食べ跡、フンなどの痕跡をみんなで読み解きながら
生き物に出会いに行きます。

1泊2日でいったいどんな発見があったのか、ちょっとだけご紹介。

まずは生き物の痕跡観察。
FC270588-6471-46D9-B7B3-336BC117CC3A.jpeg
ここだけへこんでいるのはなぜ?
周りを良く観察し、サイズを測ったり、落ちている毛を観察したり。
この場所にはどうやらニホンジカが座っていたよう。
見晴らしかいいので、周りを注意しながら休憩するのに良い場所の様です。

歩いていると、林の中を走っている生き物を発見!
ニホンリスです。(写真は以前お客様が撮影した物です)
よーくみると、口に何かを咥えています。
巣材を運ぶニホンリス(佐久間様提供).JPG
そのまま木の上へと上がっていきました。
見上げるとリスの巣があり、どうやら巣の材料になるスギの皮を運んでいた様子。
周辺の木をよく観察すると、皮を剥がした跡がいくつもありました!

「クゥ」という声と共に出会ったのは、ニホンザルの群れ。
C3C70B56-1D09-4A86-8505-3E8A98480F20.jpeg
木に登って枝の一部を選ぶようにして少しずつかじっています。
どうやら木の冬芽を食べている様子。
道にはフンや食べた跡がいくつもあり、帰る頃には「これはサルのフン!」と識別できるほどに。

暗くなり始め、今度は夜の生きものに出会いに行きます。
IMG_4369.JPG
姿を現す時間に合わせて、巣箱の近くでじっと待ちます。
だんだんと暗くなり、真っ暗になるころ
巣から顔を出したのは、空飛ぶ哺乳類ムササビです。
2015.10.08ムササビ01.JPG
今回の写真ではありませんが、こんな風に巣から顔を出し、辺りをきょろきょろと警戒。
親子のムササビが巣を登って滑空していく様子がみられました。

他にも、ナイトサファリではニホンジカやホンドテンとの出会いも!
IMG_4403.JPG

移動中。
あ!斜面になにかいる!!
92343538-6671-49E3-B7A4-C263B0A5E21E.jpeg
尾根の上に座っているカモシカを発見。
50063279-962F-486A-ADD6-8221ECEA3C9C.jpeg
こちらを気にしてはいますが、距離があるので逃げる様子はなく、じっくりと観察。
「カモシカって目にいぼの様な物が付いているんだね。」
「首を振ってる!」
「左を向いて、何みてるんだろう?」

様々な生き物に出会いながら、じっくり痕跡や行動を観察出来たツアーとなりました!
また一緒に観察に行きましょう♪
posted by 生態邑スタッフ at 18:16| 山梨 ☁| Comment(3) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

森の中に黄色い水玉模様

こんにちは!
わくわくちゃんです。
ヘルシー美里・野鳥公園に、学生がインターンに来てくれています!
お越しになった方で、会われた方もいたのでは?
森で面白い発見をした様なのでご紹介!


みなさんこんにちは、インターンでお世話になっている愛瀬詩乃です!
私は今、東京の専門学校で野生動物について学んでいます。
IMG_1529.JPG

私の好きな生き物は虫です!
特に蛾と蝶が好きなので、山にはいると動物そっちのけで虫探しなんてことは日常茶飯事。

ですが・・・、この時期虫よりも目に付くのはなんと言っても花粉です。
細かすぎて見えないので私たちが避けられるはずもなく、アレルギー症状が出る人が沢山います。
私もその一人です。でも、目がかゆくてくしゃみと鼻水が止まらないなんて言ってられません…

森を歩くと、そんな細かい花粉を目にすることがあります。
これはスギではないですが・・・
IMG_1649.JPG
葉っぱ一部が黄色くなっていています。これはハンノキの花粉です。
道のあちこちに落ちていると、水玉模様みたいになっていてかわいいんですよ。
この粉で絵が描ける!なんて遊んだこともあります。

IMG_1650.JPG
花粉の周りを見てみるとこんなものが落ちていました! 
これがハンノキの雄花、花粉がでる源なんですね。
雄花から出た花粉が風で飛ばされ、雌花に受粉する仕組みになっています。

受粉のために花粉は風にのって移動します。
私たちにとってやっかいではありますが、そう考えると植物も頑張っているんだと思えませんか?

負けていられないですね!

これから春に向けて暖かくなり新しいスタートを迎えるためにも
花粉や風邪に負けないよう万全な体制で張り切っていきましょう!
posted by 生態邑スタッフ at 14:55| 山梨 ☁| Comment(2) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする