2019年06月07日

今日からホタル見ナイト始まります!

こんにちは。よっしーです!

今日は朝から雨でしたが、コサメビタキは食べ物を運びながら、巣を行ったり来たりしていました。
しかし、雨が強くなってくると、フジの下で雨宿りしている姿も・・・。
IMG_7382.JPG
子育ては多難です。


さて、今日から南アルプス生態邑では毎年恒例となっているホタル見ナイトプランが始まりました!
先週から野鳥公園のオシドリ池で見られていたヘイケボタルの飛ぶ数も日に日に増えてきています♪
今の時期ならではの、池や周辺を飛び交うヘイケボタルを一緒にゆっくり観てみませんか。

ホタルの見れるオシドリ池までみんなでちょうちんを持って出発!
DSCF0704.JPG
ゆらりゆらりと、たくさんの優しい灯りが遠くまで続く光景を見ると、
ほっとするような息を飲むような、不思議な感覚に包まれます


IMGP0095-thumbnail2.jpg
ゆったり座ってホタルの乱舞を眺めます

hayakawa_hotaru.jpg
静かな池の上を、ホタルたちが飛び交う姿は何とも幻想的です。

このホタル見ナイトプラン、土日は混雑しておりますが、平日は空きがございます。日によっては日帰り参加もできますので、お問い合わせください。
詳しくはコチラから
posted by 生態邑スタッフ at 14:38| 山梨 ☔| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

コサメビタキのヒナ誕生!

こんにちは!わくわくちゃんです。
今日も暖かく、ニホントカゲによく出会いました♪
image3 (33).jpeg
葉っぱの下のミミズや、飛び回るバッタを追いかけて捕まえては、美味しそうに食べていました。

そして、ついにコサメビタキのヒナが卵から孵りました!
image1 (69).jpeg
写真だと分りづらいのですが、親鳥の横でくちばしだけが見えています。
水色の丸が親、赤い丸がヒナです。
Inkedimage1 (69)_LI.jpg
無事に産まれて良かった!

親鳥はまだ巣でじっとしており、恐らくまだ孵っていない卵がある様子。
転卵(てんらん)という、卵を巣の中で転がすような行動も見られました。

コサメビタキは約3〜5個の卵を産みます。
この巣ではいったい何羽生まれるのでしょうか?
これからが楽しみですね!

また、孵ってから巣立ちまでは約2週間ほど。
影響がないよう、遠くからこっそり見守りたいと思います♪
posted by 生態邑スタッフ at 15:23| 山梨 ☀| Comment(4) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

バードウォッチングツアー「憧れの夏鳥を探そう」2回目の報告♪

こんにちは!はぎさんです。
先日、2泊3日のバードウォッチングツアー「憧れの夏鳥を探そう」2回目
が開催されましたので様子を報告させていただきます!

このツアーの面白い所は朝の4時から活動します。
なぜなら、鳥の囀りが多い時間に合わせることで鳥との出会えるチャンスを増やします。
DSCF0082.JPG
日が昇る前の森ではキビタキやセンダイムシクイやアカショウビンなどの
囀りが聞こえました。

森の中で鳥の声を聴きながらゆったり朝食を食べた後は再び、行動開始!
DSCF0088.JPG
近くで、オオルリの声が聞こえたので待ってみると・・・
IMGP5524.JPG
電線の上にオオルリが飛んできて、囀り始めました。
実はこの電線、オオルリがよく囀っているところなのです。
囀りは自分の縄張りを守ったり、メスにアピールするものですが、
この電線の高さや位置が声が響くのにちょうど良いのかもしれません。

あれ?またオオルリの声が?声の方をみると・・・
IMGP5454.JPG
オオルリのメスが!実は、メスもさえずります。
しかしこれは、巣が近くて警戒している声です。
あまり、刺激しないようそそくさと退散しました。

そして、コサメビタキがハナバチを捕まえいる様子がみられ
IMGP5436.JPG
少し離れてこっそり観察していると、巣を発見!
InkedDSCF0068_LI.jpg
ヒナに食べ物を運んでいる様子が観察できました。
無事に巣立ちますように!

その他にはクマタカ、サシバ、サンショウクイ、アオバト、ゴジュウカラ、
カケス、ウグイスなどの野鳥が観察されました。
今回は野鳥が囀るお気に入りの場所や子育ての様子など
野鳥の生活を少しのぞき込むことができました。

皆さんもお家の周りで野鳥が囀っているところをよく見てみてください♪
もしかしたら、その野鳥のお気に入りの場所がわかるかもしれません。
posted by 生態邑スタッフ at 17:22| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

コサメビタキ抱卵中

こんにちは!わくわくちゃんです。
コサメビタキが、抱卵(ほうらん)といって卵を温める時期に入りました!
image1 (66).jpeg
巣の中でじっとするコサメビタキ。

時に「チー、チー」と、か細いような声で鳴くと、
どこからともなくオスがやって来て、メスへエサを渡す様子が見られました。
image1 (68).jpeg
メスへ食べ物を渡し終え、少し離れた場所で羽繕い中のオス。

コサメビタキの抱卵期間は約2週間ほど。
この期間はメスが巣の中で卵を温め、オスがメスへと食べ物を持ってきます。
オスも行ったり来たり、一苦労ですね・・・。

少し前から温めるような行動が目撃されていたので
順調にいけば、6月中旬までにはヒナが産まれる可能性があります。

今後どうなっていくのか楽しみですね♪
そして無事に巣立つことを祈って、遠くからこっそりと見守りたいと思います。
posted by 生態邑スタッフ at 16:09| 山梨 ☁| Comment(2) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

ヤマガラの巣材集め

こんにちは!わくわくちゃんです。
朝からキビタキやセンダイムシクイ、コサメビタキ、サンショウクイ、イカルなどの囀りが聞こえていましたよ♪

そして、今日のムササビの巣箱はというと・・・?
ムササビの巣箱に入っていた幼獣の毛が、以前よりも無くなっていました!
5月22日の巣箱。
image1 (64).jpeg
今日の巣箱。
0FD9E904-DF8B-4436-AA19-B2132174D814.jpeg
黒く見えるのが毛。
以前に比べて減ってきているのが分るでしょうか?
やはりヤマガラが巣材として持ち運んでいる模様。
一体どんな巣になっているのか気になりますね!

前回の観察内容はこちら!↓
http://salpsyacho.seesaa.net/article/465857864.html

まだ少し毛が残っているので、もしかしたら取りに来る野鳥がいるかもしれません。
是非遊びに来た際は注目ですよ!
posted by 生態邑スタッフ at 20:45| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

今年も産卵が始まりました!

こんにちは!わくわくちゃんです。
日差しが強く、夏のよう!
森の緑も深い色になってきました。
image3 (31).jpeg

さて、今年もそろそろかな・・・。
草地へと足を運んでみると。

発見!
やっぱりありました、キバネツノトンボの卵です!!
image2 (49).jpeg
この枝に綺麗に並んでいるのが全て卵。

実は5月4日、スタッフのたぬきがキバネツノトンボを見つけてから、
いつ卵を産むのかなぁと、気になっていました。
成虫を発見した時のブログがこちら↓(去年の観察の様子も載っています!)
http://salpsyacho.seesaa.net/article/465502304.html

そして近くには休憩中?のキバネツノトンボも。
ながーい触角に黄色い羽、目の周りには毛が生えています。
image3 (32).jpeg
何とも宇宙人のような不思議な生きものです。

お次はこちらの子。
今度はおしりの先にご注目!
image2 (50).jpeg
輪っかのように見える、ハサミが付いているのが分りますか?

実は1枚目の写真はメス。2枚目はオスの個体の写真です。
このように、おしりを見るとオスかメスか、すぐに分ります。

このハサミのような突起は、交尾の際にメスを掴むのに使用しているようです。
(この写真のオス、警戒心が強いのかなかなか撮らせてくれず。汗だくになりながら追いかけました・・・。)

草地にはメスの個体が多く、お腹のふくれた産卵前?なのかもしれない個体も。
運がいいと産卵の様子が見れますよ♪
去年撮影した産卵中の映像をアップしたので、是非ご覧下さい!
フェイスブック:https://www.facebook.com/herusiimisato/videos/2313135758928712/?modal=admin_todo_tour
インスタグラム:https://www.instagram.com/p/Bx8vGylFA7B/

このあと卵がどうなっていくのか、楽しみですね!
今年も観察を続けていきたいと思います♪
posted by 生態邑スタッフ at 13:05| 山梨 ☁| Comment(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バードウォッチングツアー 憧れの夏鳥を探そう

こんにちは。わくわくちゃんです!

2泊3日の「早川バードウォッチングツアー 憧れの夏鳥を探そう」が開催されました!
多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました♪
P5261664.jpg

朝はまだ暗い内に出発です。
野鳥の囀りが多くなる時間に合わせて観察ポイントに向かいます。
P5250871.JPG
薄暗い森にはクロツグミやキビタキ、アカショウビンの囀りが響いていました。

声を聞きながら、森で座ってゆっくり朝食を食べていると・・・。
あ!キビタキ!
ツアー参加者中川様から、使用可 (1).JPG
P5250903.JPG
声の主が真上までやって来ました!
どうやらこのキビタキのオス、なわばりを守っている様子。
空中で昆虫を捕獲しながらも、枝先で頻繁に囀っていました。

他にも、地面を歩くヤブサメが!
ツアー参加者中川様から、使用可 (22).JPG
よーく見ると蛾や芋虫などの昆虫を口にいっぱい咥えています。
少し離れて観察していると、巣へと昆虫を運ぶ様子が見られました!
P5250930.JPG
その横ではアナグマが地面に鼻を近づけて何かを探してウロウロ。
どっちを観察しようか迷ってしまうほど・・・。
ツアー参加者中川様から、使用可 (10).JPG
嬉しい迷いですね^^

その他にも、開けた谷間では綺麗な声でさえずるオオルリを観察したり。
ツアー参加者中川様から、使用可 (5).JPG

「ツキヒーホシ ホイホイホイ」という声を聞きながら待っていると・・・。
目の前を通過するサンコウチョウが!
ツアー参加者中川様から、使用可 (37).JPG
尾の長いオスの個体に出会いました!

他にも、カケスやキセキレイ、アオバト、クマタカ、サシバ、コサメビタキ、サンショウクイなどの野鳥が観察されました。
夏鳥の一生懸命囀る姿から、なかなか見ることの出来ないヤブサメの行動など、今回も様々な出会いがありました。

明日からは、夏鳥ツアーの2回目が開催されます!
今度はどんな出会いがあるのか、楽しみですね♪


生き物の写真は、ツアー参加者様からご提供いただきました。
素敵な写真をありがとうございます!
posted by 生態邑スタッフ at 09:39| 山梨 ☁| Comment(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

梅をもいで、梅酒や梅シロップを作ろう!

こんにちは!よっしーです。

今日は夏のように暑いですね。沖縄ではもう梅雨入りしたそうです。
野鳥たちのさえずりも日に日に控えめになってきましたが、センダイムシクイは管理棟周りで頻繁にさえずっています。
2017.06.18EFBDBEEFBE9DEFBE80EFBE9EEFBDB2EFBE91EFBDBCEFBDB8EFBDB201-thumbnail2.jpg

さて、これからのこの季節の雨は、実をつけている植物にとって恵みの雨。
雨が降ることで、植物たちの実は大きく膨らんでいきます。

梅もその一つです
野鳥公園の吊り橋の麓にある、おばあちゃんたちのお店の生きものいっぱい農園では、梅がたわわに実ってきています!
梅もぎ加工.jpg
6月上旬頃には完熟してあま〜い香りの梅になることでしょう。

そんな、梅を使ったプランが今月の31日から6月14日まで開催されます。
「もぎたての香りを楽しもう!梅もぎもぎプラン」

もぎたての爽やかなかおりを楽しみながら、梅酒や梅シロップにする加工体験ができるプランです。
ume4-thumbnail2.jpg
つくった梅酒や梅シロップはもちろん、収穫した梅もお土産にどうぞ。
道具はすべてご用意があるので、手ぶらでご参加いただけます。
日帰りの参加も受付中です!

自分だけの梅酒&梅シロップを作っちゃいましょう♪
ume.jpg

詳しくはからこちらをチェック

また、この収穫体験は今後も新じゃが掘りや、さつまいも掘りなどが予定されています。
2019_h16.jpg
新じゃが掘りとたき火で焼きじゃがプラン
2018_n8.jpg
さつまいも掘りとたき火で焼きいもプラン
早川町の山々を見ながら、収穫体験をしてみませんか?
お待ちしています!
posted by 生態邑スタッフ at 15:42| 山梨 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

お知らせ

5月25日(日)、13:00〜16:00の間、野鳥公園の観察ルームにて、ムササビの巣箱内の調査を大学機関と行います。 その間、観察ルームへの立ち入りが発生します。 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
posted by 生態邑スタッフ at 19:23| 山梨 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

ムササビ巣箱に鳥影が・・・。

こんにちは!わくわくちゃんです。
日差しが暖かく、お昼寝が気持ちよさそうですね。
ニホントカゲも陽向に出てきていましたよ♪
image4 (20).jpeg

そして今朝、ムササビの巣箱に入り込んでいる生きものがいました!
これが、その時の巣箱の中の写真です。
image1 (64).jpeg
写真の真ん中に、左側を向いている鳥がいるのが判りますか?
頭がしましま模様のこの野鳥、実は・・・。
2015.04.06EFBE94EFBE8FEFBDB6EFBE9EEFBE9720EFBDB5EFBDBD-thumbnail2.jpg
山に住む小さな野鳥、ヤマガラです。

巣箱をヤマガラの巣に使うには大きすぎるし・・・。
一体何をしに来たのでしょう?

よーく見ていると、黒っぽい物体をつついています。
image2 (48).jpeg
実はこの物体、以前ご紹介したムササビの幼獣の死体の一部!
その時のブログがこちら↓
http://salpsyacho.seesaa.net/article/465476117.html

くちばしで何度も引っ張っていました。
image3 (30).jpeg
そして口には、いっぱいのムササビの毛が咥えられています!!

恐らく、巣の材料を集めに来ていたようです。
2014.04E383A4E3839EE382ACE383A920E69D91E794B0E38195E38293E692AEE5BDB1-thumbnail2.jpg
この写真はシカの毛を沢山咥えていますが、ヤマガラは巣に動物の毛を使うことがあります。
こんな風に集めて、自分の巣へと運んでいきます。

その後も何度も毛を集めに来ていました。
巣材のあるいい場所を見つけたヤマガラ、お見事ですね!

このムササビは死んでしまったけれど、肉はテンに食べられ、毛はヤマガラの巣の材料として利用されていくことが分りました。
命がつきてからも、他の生きものとのつながりがあるのだと感じさせられました。


ヤマガラが毛を集めているシーンの動画もアップしました!
良ければご覧下さい♪
インスタグラム:https://www.instagram.com/p/Bxv7NK0lcYa/
フェイスブック:https://www.facebook.com/herusiimisato/videos/2705782582825636/?modal=admin_todo_tour

P.S.ムササビ家族はどこへ?ヤマガラはなぜ入れたの?という質問がありましたので、こちらでお答えさせていただきます。
ムササビは巣をいくつか持っており、巣を引っ越すことがあります。
もちろん、また戻ってくることもあります。
この日はムササビが別の巣を利用しており、ちょうど使っていなかった巣箱にヤマガラがやって来ていました。
なのでヤマガラが堂々と巣材を集められているのです。
posted by 生態邑スタッフ at 12:03| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする