2020年04月09日

最近の野鳥

こんにちは!はぎさんです。
今日の野鳥公園はとても快晴です!!
yatixyo.jpg
最近の野鳥公園はこんな野鳥がみられています!
川沿いではミソサザイがさえずっている姿が見られたり、
DSCF2406-2.jpg
頭上を見上げると、夏に見られるイワツバメが飛んできたり、
CSC_1415.JPG
地面ではガサゴソと虫をさがすツグミがみられることも!
ツグミは冬鳥で、日本には越冬しにきています。
もうすぐでシベリアへ繁殖に行きます。
IMGP6415.JPG
その他、ツバメなどもみられています。
皆さんの町にも夏の風物詩、ツバメが来ているかも?
よろしければ、空を見上げて探してみてください♪
posted by 生態邑スタッフ at 13:52| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

桜とキジバト

こんにちは!わくわくちゃんです。
ヘルシー美里では桜が満開です!
92023749_1386974558160820_7865848267475517440_o.jpg
外にいると温かく、ついお昼寝してしまいそう・・・。

ヘルシー美里のグラウンドには人以外の生きものもやってきていました。
IMG_2026.JPG
地面を動く姿が・・・。
IMG_2033.JPG
キジバトです。
公園やお寺で群れているドバトとは違い、
その名の通り、キジのような茶色い羽根と、青い首元の模様が特徴です。
田舎に行くと「デデーポポー、デデーポポー」というキジバトの声を聞いたことある方も多いのではないでしょうか。

このキジバト、朝に見かけたと思ったら、またお昼にも、夕方にも・・・。
いったいこの場所で何をしているのでしょう?

じっと見ていると。
IMG_2044.JPG
なにやら顔を地面に向けて食べているようです。
地面の落ちているものと言うよりかは、葉っぱの先っぽの方をつまんでいます。

少しづづ近寄り、彼らのいた場所を拝見。
IMG_2051.JPG
どれを食べていたんだろう?
寝転がって探してみると。
IMG_2049.JPG
どうやらこれかな?
シバの穂のようなものが地面のあちこちから、たくさん生えてきていました!

暖かくなり桜だけでなく、植物もどんどんと成長しているようです。
キジバトに春を教えてもらいました♪
posted by 生態邑スタッフ at 17:37| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

森の掃除屋さん

みなさんこんにちは、インターンでお世話になっております橋本 和馬です。
ここには環境教育の勉強のために来ていて勉強中です。
hasi.jpg
学生時代は田んぼのプランクトンについて調べており、
来る日も来る日も顕微鏡とにらめっこしていました。
そんな私が今回紹介したい昆虫がこの虫です!
オオセンチ.jpg
とても綺麗ですよね、この昆虫はオオセンチコガネといいます。
どんな昆虫かというと一言でいうと掃除屋さんです。
主に動物のフンを食べる昆虫です。
森の中が動物のフンだらけにならないのは彼らが食べてくれているからなのです。
hunn.jpg
野鳥公園にはシカのフンが落ちているので、食べに来たオオセンチコガネを
観察する機会もあるかもしれませんね。
2オオセンチ.jpg
みなさん是非、野鳥公園に来たら探してみてください!
posted by 生態邑スタッフ at 14:29| 山梨 ☁| Comment(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

ご挨拶

こんにちは、よっしーです。

この度、吉田(よっしー)と水野(みずっち)が
南アルプス生態邑を離れることとなりました。
この場をお借りして、ご挨拶させていただきます。

3月31日を持ちまして、南アルプス邑野鳥公園、ヘルシー美里を
退職させていただくこととなりました。
3年間という短い間ではありましたが、皆様どうもありがとうございました。
またどこか違う場所でお会いすることもあるかもしれませんが、
その際はみずっちーとお声がけいただけると嬉しいです。
                    水野(みずっち)
RIMG6054.JPG


3年間早川町で過ごし、さまざまな出会いがあり、多くのことを
学ぶ機会をいただくことができました。
また、一日いちにちがとても濃密な時間でしたが、沢山のお客様に
支えていただいたおかげで、いつも暖かい気持ちで、
笑顔でいることができました。今まで、本当にありがとうございます。
直接お会いしてご挨拶できなかった皆様には、本当に申し訳ありません。

今後は、早川町に来る前に働いていました東京都の葛西臨海公園 鳥類園と
水元公園 水元かわせみの里という場所でガイドをすることになりました。
もしお会いすることがありましたら、「よっしー」っとお声掛けください。
また皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
                    吉田(よっしー)
RIMG0098.JPG
posted by 生態邑スタッフ at 08:00| 山梨 ☔| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

カタクリが咲きました!

みなさん、こんにちは。
はぎさんです。今日は皆さんに紹介したい花があります!
カタクリ.jpg
それは、カタクリといいます。実は、ちょっと面白い生活をしています。
春先に花を咲かせて、実をつけます。
6月ごろには葉や茎が枯れてしまい、また次の春まで球根のみとなります。

なんでそんなに急ぐの?そこには理由があります。それは顔を見上げると・・・
樹木.jpg
高い樹木に葉が生えていないので、太陽の光が地面まで届きます。
この時期に合わせて、エネルギーを吸収しているのですね。
短期間で戦略のカタクリ。みなさんも是非近くでも探してみてください♪



posted by 生態邑スタッフ at 13:39| 山梨 🌁| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月29日

桜と雪のコラボ

こんにちは!よっしーです。

先日までの麗らかな陽気から一変。
早川町は白銀の世界に変わっています!
IMG_20200329_111052.jpg

IMG_20200329_111110.jpg
目覚めた桜や昆虫たちを想うと可哀そうですが、風情のある景色には感動を覚えざるを得ません。
1585466980253.jpg

1585466847783.jpg
午後には天気も良くなり、ほとんど雪は溶けてしました。

季節の変わり目のこの時期。
カタクリが咲き、ウグイスがさえずる一方で冬鳥たちも野鳥公園では観察されています。
観察ルームの雪がないところには、食べ物を求めてカケス、ミヤマホオジロ、カヤクグリなどが来ていましたよ!
posted by 生態邑スタッフ at 11:38| 山梨 ☁| Comment(2) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

サルとシカの集まる場所

こんにちは!
わくわくちゃんです。
快晴の日が続き、暖かい早川町。
IMG_1981.JPG
写真が映えますね♪

朝9時。河原をふとのぞくと・・・。
ニホンザルの群れが、日の当る場所で毛づくろい中。
IMG_1989.JPG
日中の暖かい時間帯になると、このように日の当る場所で毛づくろいをしたり昼寝をしたりすることが良くあります。
子供のサルは、子供同士で取っ組み合いをしたり走り回ったり。

1日のサルの活動の中で、群れ全体がほんわかとするような時間です。
こっちまでうたた寝をしてしまいそう・・・。

まわりを見渡してみると。
IMG_2010.JPG
ニホンジカがやって来ていました!
すぐ間近にはサルが。
お互いに時折顔をむけて気にはしてはいるものの、ほとんど知らん顔。
シカは地面に顔を寄せて、何かを食べている様子。

サル、シカ、それぞれ20頭以上が集まっていました。
恐らくこの場所は日当たりも良く、シカやサルの食べ物が多くあるのではないかと思われます。

また、サルの食べ跡を狙ってシカがやってきている可能性も?
木の上ではサルが登って採食していました。
IMG_2013.JPG
ヤナギの花芽を食べている?
このようにサルが木に登って食べる際に、枝を折ることが良くあります。
シカはその落ちた枝を狙って食べに来ることがあります。
そのような行動を、ミレーの名画になぞらえて「落穂拾い」と呼ばれています。

最近、よくこのようにサルとシカが同じ場所にいる様子が見られています。
お越しの際は辺りをよく気にして見てみてください。
ちょっと変わった様子が見られるチャンスですよ!

このときの動画を、フェイスブックとインスタグラムにアップしました!
こちらからご覧ください↓
フェイスブックhttps://www.facebook.com/herusiimisato/videos/520982955460599/?modal=admin_todo_tour
インスタグラムhttps://www.instagram.com/p/B-JBTa8pPcX/
posted by 生態邑スタッフ at 11:36| 山梨 ☁| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

カエル道

こんにちは!はぎさんです。
野鳥公園はあたたかく、Yシャツ1枚でも大丈夫な気候です。
IMG_1252.jpeg
園路にこんな生き物が!
azu.jpg
アズマヒキガエルです。
園路あちらこちらでみられています。
みんな一斉に池に集まり、繁殖をします。
だいたい数日から1週間の間に見られる期間限定の光景です!

3月20日からみられています!
今年は何日間みられるでしょうか。
乞うご期待です!!

posted by 生態邑スタッフ at 21:51| 山梨 ☔| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

春を探しに

こんにちは、たぬきです。
ウグイスが「ホーホケキョ」とさえずり、
キジバトの「デーデーポポー」も聞こえ始めました。
日に日に春がやってきていますね。

そんなわけで今日は野鳥公園の「春の花探し」をしてみました。
木々は少し芽吹き始めましたが、まだ視界を覆ってしまうほどではありません。
どんな花が咲き始めているでしょうか?

sansyuyu.jpg
満開のサンシュユ。小さなポンポンのような黄色い花をいっぱいつけていました。

tyouzizakura.jpg
薄いピンクのチョウジザクラが咲き始めていました。ソメイヨシノはまだ咲くまで時間がかかりそうですが、コチラの桜は一足先に。

dankoubai.jpg
ダンコウバイの黄色い花も。小さいですが、葉のない今の季節は目立ちます。

mokuren.jpg
モクレンの花。ふわふわの冬芽を脱いで大輪の存在感のある紅色の花が、この陽気で咲き始めたようです。

hanamomo.jpg
コチラはあと少し!なピンクのハナモモのつぼみ。(お昼には花が2輪ほど咲いていました)

aburatyan.jpg
アブラチャンもぽつぽつ黄色い花を咲かせています。
野鳥公園でネイチャーガイドツアーやナイトハイクに参加したことがある方は聞いたことがあるかも?

kibusi.jpg
垂れ下がる姿が特徴的な薄黄色のキブシの花。藤の花みたいですね。


ぐるりと野鳥公園を一周してみて、見つかった花は7種類。
なぜか「黄色」の花が多いような・・?7種類の内、4種類が黄色の花です。

実はこの「黄色(白)」の花の色は春一番に動き出すハエなどの昆虫たちにとって、
とても目立つ色。なので、早春に咲く花は黄色なことが多いです。
今回見つけた花もピンクや紅色の花は咲き始めでしたが、黄色の花はほぼ満開。
ちょうど早春から春本番へ季節が移り替わるタイミングだったんですね。


春の花探し中に出会った生きもの
enaga.jpg
ちょうど野鳥たちの恋の季節も始まるころ、種類によってはもう巣作り中。
エナガが自分より大きな鳥の羽根をくわえて運んでいきました。
これも春にしか見られない光景ですね♪

tengutyou.jpg
テングチョウ。成虫のまま、落ち葉の下などで越冬するタイプの蝶です。
暖かくなってきたので、出てきたのですね。

その他にもいろんな生き物たちが活動開始しています!
今度の三連休、ぜひ春を探しに野鳥公園へ遊びに来てくださいね。
posted by 生態邑スタッフ at 13:21| 山梨 ☀| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

野鳥調査報告3月

こんにちは、テツです。

野鳥調査3月期のご報告です。
留鳥たちが子育てに向けて動き始めていましたよ!

野鳥公園では、シジュウカラなどのカラ類やエナガがつがいで行動しているのが目立つようになってきました。
それに伴い、さえずりも増えてきましたよ!
カラ類たちは巣穴探しで樹洞や巣箱をのぞく行動も確認しました。
冬鳥では、ウソやカシラダカ、マヒワ、カヤクグリなどを確認。

DSC_0187.JPG
(花芽をついばんでいたウソPyrrhula pyrrhula)


河原では、セキレイ類やカワラヒワのさえずりが聞こえていました。
しかし、まだ群れで行動しているものも多く、マヒワとカワラヒワは混群で活動していました。
他、カヤクグリ、ジョウビタキ、カワガラスなど。

P3170667.JPG
(マヒワCarduelis spinus 群れの個体数がだいぶ少なくなっていました)


林道でも、カラ類が盛んにさずっていました。
他にもトラツグミの「フィーホー」、アオゲラの「ピョーピョーピョー」というさえずりも聞こえていましたよ!
カラ類はオス同士のケンカも確認しました。
他、ルリビタキ、ジョウビタキ、ウソ、マヒワ、ゴジュウカラなど。

DSC_0969.JPG
(トラツグミZoothera dauma)


畑では、ホオジロやウグイスのさえずりがあちこちから聞こえるようになっていました。
他にもモズのサブソングやジョウビタキのなわばり宣言なども。
カシラダカやツグミはだいぶ数が減っていたので、渡りが順調に進んでいるのだと思います。
他、イワツバメ、カワラヒワ、マヒワなど。

PB203437.JPG
(カシラダカEmberiza rustica)


次々と花がほころび始め、虫たちが活動するようになってきました。
それに伴って鳥たちの繁殖も続々と始まっています。
いよいよ春本番が近いようです、楽しみにな季節になってきましたね!
冬鳥たちも今期はそろそろ見納めですので是非あいさつしに来てあげてください。


今回、確認した種
キジバト、イカルチドリ、トビ、カワセミ、コゲラ、オオアカゲラ、アカゲラ、アオゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ゴジュウカラ、※ミソサザイ、カワガラス、トラツグミ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、カヤクグリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、ホオジロ、カシラダカ
※は声のみの確認
posted by 生態邑スタッフ at 19:14| 山梨 ☀| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする