2017年11月10日

クマタカと紅葉と写真展

こんにちは!よっしーです。

今日も野鳥公園で観察された野鳥を紹介していきます!
今回は野鳥公園の北西にある山の上空をクマタカが飛んでいました。
DSC_0071.JPG
2羽で旋回しながら飛んだり、山の中腹まで下りてきてくれたりと長い時間姿を見せてくれました。
DSC_0078.JPG
野鳥公園周辺の山々も色づき見ごろ迎え、紅葉を楽しみつつお客様達とゆっくり観察もできました。紅葉を撮影に来られる方も多かったですね。
1510328000985.jpg
ちなみに、写真奥の山の上空をクマタカが飛んでいましたよ。
また、お客様の情報では6日にヤマセミが観察されています。
野鳥公園内を流れる黒柱河内いう川を上流に向かって飛んでいったようです。
季節の移り替わりこの時期、観察できる鳥たちも日に日に変わってきますので、目が離せませんね!

それから、今回はもう一つ。
今年に清水屋とCOCOROTOの2か所で開催した山翡翠クラブ写真展の作品たちが、巡業を終え野鳥公園に戻ってきました。
山翡翠クラブの皆様、ご協力いただきありがとうございます。
山翡翠クラブ 写真用-ポスター 11月.jpg
この作品たちは今月の11日から野鳥公園の管理棟内で展示をいたしますので、週末野鳥公園にお越しの際ぜひのご覧になってください。
皆様のお越しをお待ちしております!
posted by 生態邑スタッフ at 18:29| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

ムササビプラン開催中!


こんにちは、たぬきです!

只今ムササビウォッチングプランを絶賛開催中です。
中でも注目は・・・・

子ムササビ@.jpg
今年7月20日(推定)生まれの子ムササビ!
お客様にばっちり巣穴から顔を出している瞬間を激写していただきました!

10月9日に初!滑空を確認されて早一ヵ月。
お母さんムササビと夜の森を毎日お出かけしています。

お母さんムササビの豪胆で華麗な滑空と
まだ滑空1か月目初心者ムササビの滑空、見比べられるのは今だけです!

ムササビの一日の始まりを一緒に観察してみませんか?
ムササビは巣穴を変えることもあるので、気になる方は是非野鳥公園までご連絡を。

子ムササビのお食事光景が見られるかも・・・?
子ムササビ.jpg
(お客様より提供)

2017_f11a.jpg
詳細は画像をクリックしてください!
posted by 生態邑スタッフ at 00:09| Comment(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

野鳥公園でキバシリ発見!

こんにちは!よっしーです。

さて、今日は野鳥公園を流れる川からさえずり広場に向かう園路でキバシリが観察されました。
DSCF7301.JPG
※写真は昔撮影されたものです
身近なところでよく見かける鳥は電線や木の枝などに平行にとまりますが、なんとキバシリは木の幹を走り回りながら昆虫など食べています。
名前はその行動に由来していますよ。

留鳥ですが、野鳥公園では冬に観察されることが多く観察ルームにも来たこともあります!
今後の観察ルームに期待ですね。
また、ベニマシコは本日もやませみ橋の袂周辺で観察されています。

来週末頃には紅葉も見ごろとなりますので、紅葉を楽しみながらバードウオッチングなどいかがでしょうか。
12日に開催のはやかわ紅葉と食まつりではヘルシー美里と野鳥公園も出店いたしますので、ぜひお越しください。

posted by 生態邑スタッフ at 19:12| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

「奥山梨はやかわ紅葉と食まつり」出展します!

こんにちは、おがちゃんです。
最近、日中は暑いですが、朝晩は冷え込むようになってきましたね。
ヘルシー美里周辺の紅葉もどんどん進んでいますよ。

2017-1017-0959.jpg
紅葉といえば、この時期おなじみの「紅葉と食まつり」に、ヘルシー美里・野鳥公園・おばあちゃんたちのお店がそれぞれ出店します。
昨年までは「そば祭り」という名前でしたが、今年からは名前も新たに食まつりとして開催いたします。
場所も昨年までと異なり、「町民スポーツ広場」になります。お間違えのないようお越しください!

ヘルシー美里ブースでは、「なめこおろしそば」をはじめとする、お蕎麦をお出しします。
早川町森林組合のなめこと、黒桂集落で採れた大根おろしがたっぷり乗った新そばです!

DSC_0874.jpg
▲ネズミが一生懸命開けた穴を活用したクルミクラフト!
DSC_0872.jpg
▲左からアオゲラ、カワセミ、カケス。
野鳥公園ブースではいつも人気のバードコール作りだけでなく、鳥の羽を使ったクラフトや、クルミのクラフトが初お目見え!
野鳥公園スタッフがコツコツ集めてきた本物の鳥の羽の、オシャレなアクセサリー作りができますよ!
完成品の販売も行うので、どうぞ覗きに来てみてくださ〜い。

他にも早川の名物が勢揃い!ヒーローショーやお笑いショー、地元の中学生の合唱祭もあります。
大人はもちろん、親子で来ても楽しめますよ!
12日はぜひ早川にお越しください♪

 
posted by 生態邑スタッフ at 15:39| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

早川最奥の秘境 「奈良田」案内してきました

こんにちは!よっしーです。

昨日は全国的にも温かく、いい散策日和でしたね。
そんな絶好の行楽日和に、お客様を早川町の最奥に位置する
秘境・奈良田集落にご案内してきました。
2017_f3.jpg

奈良田地区のトネンネルをくぐりぬけると、
紅葉した山々が私たちを出迎えてくれました。
RIMG1459.JPG
切り立った山に囲まれた所にポツンとある集落は、まさに秘境です。
そんな奈良田集落の紅葉は今が見ごろ!

RIMG1453.JPG
お客様も紅葉を楽しまれていました。

そして今回は紅葉を楽しみながら奈良田集落を散策し、集落に秘められた七不思議伝説を見て回りました。

RIMG1468.JPG
こちらは奈良田の七不思議の一つ、「御符水」。
万病に効くとされる御利益のある湧き水に興味津々です。

RIMG1454.JPG
お客様と一緒に紅葉や奈良田の里を散策しながら、ゆったりとした時間を過ごしました。

ちなみにヘルシー美里の紅葉は、今週末あたりが良さそうですよ。
ぜひ、紅葉見物にいらしてください。
 
よっしー
posted by 生態邑スタッフ at 09:00| Comment(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

バードコールのすすめ!

こんにちは、たぬきです。
10月終わりから「ヒッヒッヒ!」というなかなか耳に残る声が、
野鳥公園内やヘルシー美里近辺で響いています。

鳥と似た音が出る「バードコール」をもって
声がした芝生広場で鳴らしてみると・・・?
なんだなんだ?といわんばかりに声の主が木陰から姿を現してくれました。

鮮やかなオレンジ色のお腹と翼の白い斑が目立つジョウビタキです!

DSCF9793.JPG
写真は撮れなかったので他の方が撮影したものを参考までに。

冬でも自分の食料のため縄張りを作る小鳥です。
バードコールの音をライバルと勘違いして反応した様子。

バードコールのコツは今鳴いている鳥の声と似たリズムで鳴らすこと!
そのためによーく耳を澄ませて鳥たちの声を聴いてみてください。
ジョウビタキだけではなく色々な小鳥たちが応えてくれますよ♪

ただし、鳴らしすぎると彼らの時間を奪ってしまうので、
観察ができたらバードコールをやめてあげましょう。

野鳥公園では開園時間いつでもオリジナルのバードコール作りを
受け付けているので是非自分のバードコールを作って野鳥公園を歩いてみてくださいね!

↓↓↓ オリジナルバードコールの作品たち ↓↓↓
DSC_0861.JPG
posted by 生態邑スタッフ at 14:36| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

紅葉と野鳥情報

こんにちは、テツです。

ここのところ急に冷え込んできましたね。
でも、そのおかげで生態邑周辺の紅葉もだいぶ進んできました。
来週あたりが一番の見頃になりそうです。

紅葉 mini.jpg
今日の野鳥公園の様子

また、本日ベニマシコを初認しました!
やませみ橋の袂周辺でオスが盛んに鳴いていました。
まだ渡り途中だと思いますが、このまま定着してくれるといいですね。

ベニマシコ2.jpg
(日陰にいたのでピント合わずシルエットですが・・・)

他にも管理棟周辺でゴジュウカラが見やすくなってきました。
ツィツィツィという独特な声で鳴いているので、声がしたら木の幹を中心に探してみてくださいね。
早く観察ルームにも来てくれないかなー
posted by 生態邑スタッフ at 12:43| Comment(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

野鳥調査報告10月 冬鳥渡来!

こんにちは、テツです。
野鳥調査10月期のご報告です。

すでに他の記事でも上がっていますが、冬鳥たちがやってきてくれましたよ!

森が色付き始めた野鳥公園では、カラ類の混群やエナガの群れがあちこちで確認できました。
ゴジュウカラやコガラなどの留鳥も見やすくなってきましたよ♪

DSCF2370-2.jpg
(エナガUrosphena squameiceps)


畑では、渡ってきたばかりのジョウビタキたちが縄張りをめぐってよくケンカをしていました。
盛んに鳴いている個体がいたらしばらく観察してみてくださいね。
他にもカシラダカやアオジは、ホオジロの群れに混じっていることが多いです。

PA262944-2.jpg
(こちらに興味津々だったジョウビタキ♂Phoenicurus auroreus)


林道でも、ジョウビタキがよく鳴いていました。
まだルリビタキは確認できませんでしたが、まもなくジョウビタキたちとバトルを繰り広げるようになるでしょう。
アカゲラやアオゲラなどのキツツキ類もよく確認できました。

PA262962-2.jpg
(林道でもカシラダカを確認しました)


河原では、まだ台風による増水の影響が残っていましたが、
セキレイ類やカワガラス、ミソサザイなどが確認できました。
イカルの40羽ほどの群れも確認しましたが、おそらく渡り群れだと思われるのでこれから移動してしまうと思われます。

また、調査後に野鳥公園の南の山の上空を飛ぶクマタカを確認しました!
これから徐々に見やすくなっていくのが楽しみです♪
ちなみにクマタカの飛翔頻度が高くなるのは、例年12月〜1月ですよー

P9202629-2.jpg
(クマタカNisaetus nipalensis)


本館的な冬に向けてわくわくする出会いがあった調査となりました。

今回、確認した種
キジバト、トビ、クマタカ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、カワガラス、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、ガビチョウ

posted by 生態邑スタッフ at 20:13| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BEANS 自然科学者になろう! 

こんにちは!よっしーです。

昨日は台風一過で心地のいい秋晴れの一日でしたね。
さて昨日はBEANS「自然科学者になろう!」の1回目の調査日でした。
BEANSは科学的思考での課題解決能力とコミュニケーション能力の育成、
そして郷土の自然に愛着を!を目的に早川北小学校と野鳥公園共同の活動です。

SKM_C25817103113260.jpg

3年生から6年生までの生徒さん1人1人が疑問に思うテーマを決めて、自分で仮説をたてながら調査をしていきます。
DSC_0812.JPG
まずはみきおからデータの取り方や記録の書き方など調査の方法を教えてもらいます。
準備ができたら調査に出発です!

まずは獣道班。
DSC_0824.JPG
わくわくちゃんにヒントをもらいながら獣道を探します

DSC_0822.JPG
動物と同じ目線になればわかるかも?

見つけた木の実のデータをとる木のみ班
RIMG2464.JPG
さて、見つけた木の実は何の種類かな?

こちらの生徒さんは昆虫の越冬の方法を調査しています。DSC_0817.JPG
どこに、どんな昆虫がいたか記録をとります。

さて、実はこの調査今日だけでは終わりません!
約半年間かけてデータを集めていきます。
今日の調査でも様々な発見を見つけたようで、興味を深めるとともに新たな疑問も出てきたようです。
次回の活動時にもまた報告しますね

ではでは
posted by 生態邑スタッフ at 09:00| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

冬鳥たちがチラホラと

こんにちは! よっしーです。

日に日に寒くなってきましたね。10月も終盤です。
さて、早川町では冬鳥たちの渡来を確認できましたよ!

DSCF9793.JPG
薬袋という集落で鳴いていたジョウビタキのオス。
お腹がオレンジの綺麗な鳥です。

DSCF8541.JPG
こちらはジョウビタキのメス。
翼にある白い斑点模様はオスとお揃いです!

DSCF1921.JPG
こちらはカシラダカ。
奈良田という早川町の一番奥の集落で姿を見ました。

さて、この2種類の鳥たちはナント冬を越すために遥々大陸から日本に渡ってくる鳥たちなのです!
15cmくらいの体なのに、海を越えて来るなんて凄いなぁ。
これから冬鳥たちもどんどん渡ってきて、野鳥公園も賑やかになってくる季節です。
また、冬鳥を見つけたらブログにて紹介しましね!お楽しみに
ではでは
※写真は過去に撮影したものです。

posted by 生態邑スタッフ at 20:18| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする