2019年05月18日

野鳥公園に忍者現る!!

こんにちは!はぎさんです。
今日、管理棟の前にある生き物をみつけましたよ!
どこにいるかわかりますか?
unnamed.jpg

ちょっと近づいて横からみてみましょう。
ga.jpg
これは、蛾のウンモンスズメです!
翅の模様をみてみると・・・
Inkedha_LI.jpg
深緑や薄緑をしていています。周りのシバと同じ色合いをしていますね!

他にもこんな柄の蛾も!
DSCF4742.JPG
スズメガの翅は木の模様に似ています!
これらは「擬態」と言って、周りの葉や木に化けて
天敵に見つからないようにしているんです!すごい!!

野鳥公園や皆さんのお家の周りにも、忍者がいるかもしれません。
探してみてくださいね♪
posted by 生態邑スタッフ at 23:09| 山梨 ☁| Comment(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

野鳥調査報告5月

こんにちは、テツです。
5月期の野鳥調査のご報告です。

野鳥公園では、オオルリ、キビタキなど夏鳥たちのさえずりがよく響いていました。
その他、園内ではセンダイムシクイやエゾムシクイ、クロツグミ、ジュウイチ、コサメビタキなどの夏鳥を確認しています。
また、シジュウカラやコサメビタキが子育てに勤しんでいる様子も観察できましよ!

P5131537.JPG
(巣材となる地衣類を運ぶコサメビタキMuscicapa dauurica)

他にも、幼鳥を連れたエナガの家族群れも多く見られるようになってきました。


河原でも、虫を咥えてどこかへ飛んでいくキセキレイなど鳥たちの子育ての様子が確認できました。
川沿いのヤナギの木では、雛に与えるためでしょうか様々な鳥たちが集まって虫を探していましたよ。

P5131517-2.jpg
(エナガの親鳥と幼鳥Aegithalos caudatus:上が親鳥、下が幼鳥)


林道でも、オオルリやセンダイムシクイなど夏鳥たちの声が山や谷に響いていました。
こちらではツツドリを初認しました。杜鵑類が増えてきたので、まもなく夏鳥たちも全員集合となるでしょうか。

P5141619.JPG
(よくさえずっていたオオルリCyanoptila cyanomelana)

畑では、ホオジロやウグイスのさえずりがまだ聞こえていました。
しかし、以前に比べると減ってきているので、子育てが忙しくなっていると思われます。
ただ、イワツバメはまだ巣作り中のペアもいました。近くの田んぼの水が少ない時などには、泥を集めている様子も観察できますよ!
他、イワツバメやツバメに混じって、ヒメアマツバメやアマツバメが飛んでいることがあります。注意してみてください。

P5141629.JPG
(泥を巣にくっつけているイワツバメDelichon dasypus)
動画はこちらhttps://www.facebook.com/herusiimisato/videos/356429258317934/?t=20


求愛や縄張り確保のためのさえずり、巣作り、雛やメスのために食べ物を運ぶオス、巣立った幼鳥など
野鳥の繁殖の色んなシーンが見れて面白い調査でした!

今回、確認した種
キジバト、アオサギ、ジュウイチ、ツツドリ、アマツバメ、ヒメアマツバメ、トビ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、サンショウクイ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、エナガ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、メジロ、トラツグミ、クロツグミ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、ガビチョウ
posted by 生態邑スタッフ at 12:44| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

温泉貸切のご案内

お世話になっております。

団体様のご利用により、以下の時間ヘルシー美里の温泉を貸切とさせていただきます。
皆様にはご迷惑おかけいたしますが、ご理解ご協力の程をよろしくお願い申し上げます。

●ヘルシー美里温泉貸切時間
2019年5月16日(木) 17:15〜温泉営業終了まで
posted by 生態邑スタッフ at 16:27| 山梨 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

蜜どろぼう!

こんにちは!わくわくちゃんです。
暖かい日差しの中、チョウが飛んでいるのがよく見られています。
今日は生きものの死体にやって来ていた、スミナガシを発見!
image2 (47).jpeg
赤いストロー状の口を伸ばしていました。

そして、今日もクマバチ観察!
image5 (8).jpeg
昨日もやっていました。どんな観察だったのか、詳しくはこちら↓
http://salpsyacho.seesaa.net/article/465635244.html

今日は管理棟の前で飛んでいる、クマバチのオスを発見!
見ていると、昨日よりも頻繁に虫や他のクマバチを追いかけていました。
クマバチ、忙しそう・・・

実は今日のクマバチの近くには花が咲いていました!
image6 (4).jpeg
フジの花です。
この花に寄せられて来る昆虫がたくさん!
(その昆虫を狙ってきたのか、ヤマガラもやって来ていました。クマバチはヤマガラも追いかけていましたよ!)

もちろん、他のクマバチも花の蜜を目当てに集まっていました。
image4 (19).jpeg
花をひとつひとつまわって、蜜を吸います。

よーく見ると、花の横に口を伸ばしています。
いったいどこから蜜を吸っているのだろう?
吸い終わった花をよく見ると。
image3 (29).jpeg
花の右側、がくと呼ばれる根元の部分に穴が空いています!
実はこの穴、クマバチが開けた穴なんです。

この行動「盗蜜(とうみつ)」といい、本来花の入り口から吸うところを、直接蜜のたまっている部分に穴を開けて吸う行動。
花と長い口の昆虫の詳しい話はこちら↓
http://salpsyacho.seesaa.net/article/465088313.html

穴を開けることの出来る口を持っていれば、どんなに長ーい花でも、蜜が吸えてしまいますね!
花にとっては花粉を運んでくれないので、作戦失敗ですが・・・。

クマバチとフジ、それぞれの作戦が垣間見えました。
posted by 生態邑スタッフ at 15:36| 山梨 ☁| Comment(2) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

橋でお出迎え!

こんにちは!わくわくちゃんです。
暖かい日が続いていますね。
公園内ではキビタキやセンダイムシクイ、コサメビタキ、カワセミなどが見られています!
image2 (46).jpeg
お客様と枝先に止まるコサメビタキを観察!
image1 (60).jpeg

そして最近、野鳥公園へと続く橋を渡ると、お出迎えしてくれている生きものが・・・。
image2 (45).jpeg
飛んでいる生きものがいるの、分りますか?

捕まえてみると・・・。
image1 (59).jpeg
ずんぐりむっくりとしたハチ、クマバチです。
しっかり手で捕まえてしまっていますが、心配ご無用。
このクマバチ、よく見ると顔に白い三角形があります。これがオスの特徴です。
そして、オスには針が無く、刺すことが出来ません。

橋のたもとで一体何をしていたのでしょう?

このクマバチのオスをじっと観察していると、同じ場所でホバリングするようにずっと飛び続けていました。
そして、近くにチョウやハエなどの虫がやってくると・・・
すごい勢いで追いかけていきます!

実はこのオス、メスを探して飛んでいるようです!
メスがなわばりの中にやってくると追いかけていきますが、
別の動く生きものがやってきても、メスだ!と追いかけてしまうようです。
しかし、間違った生きものを追いかけると、諦めてすぐに戻ってきました。

人も追いかけてしまうことがあるそうです!
毎日のように橋のたもとでお出迎えしているので、そっと見守っていてあげてくださいね♪
image3 (28).jpeg
posted by 生態邑スタッフ at 15:40| 山梨 ☁| Comment(4) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

野鳥見られてます!

こんにちは!はぎさんです。
オニグルミやコナラなどの葉が開いて、管理棟奥の山が濃い緑になっています。
unnamed.jpg
エナガの幼鳥は巣から出て親鳥と一緒に行動している姿が園路で見られています♪
IMG_5954 (1).jpeg
まだ、ふわふわした羽根(幼羽)が残っています。可愛い。

また、観察ルームでは、コサメビタキやセンダイムシクイが木の上にいる
幼虫を捕えている姿が確認出来ました!
2017.06.18センダイムシクイ01.JPG
そしてオシドリ池では、カワセミが魚を捕える姿が目撃されていますよ!
DSCN4072.JPG
他にも、キビタキ、オオルリ、エゾムシクイ、クロツグミ、サンショウクイなどの
夏鳥が囀っていますよ。
詳しい野鳥情報は、是非野鳥公園のスタッフに聞いてみてください♪

posted by 生態邑スタッフ at 20:43| 山梨 | Comment(4) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

山菜まつり行ってきました!

こんにちは!はぎさんです。
昨日は早川町の大きなお祭り「南アルプス早川山菜祭り」が町民スポーツ広場にて
開催されました!
今が食べごろの山菜や早川町の食べ物、民芸品がたくさん並んでいましたよ♪

さらに、演歌歌手の方々や
品川区青稜中学・高等学校の方々に盛大に盛り上げていただきました!
IMG_6030 (1).jpeg
そんな中、出展ブースのひとつとして、野鳥公園も参加しました。
野鳥と友達になれる道具の「バードコール」や
IMG_6033.jpeg
クラフト体験も行いました。
IMG_6039.jpeg

IMG_6040.jpeg
お天気にも恵まれ、お祭りは大盛況でした。
野鳥公園ブース日は家族を始め、多くの方々に立ち寄っていただきました!
ありがとうございました!!!

今日出店したバードコールを始めとする野鳥グッズやクラフトは
野鳥公園でいつでも見られますので、お越しになった際は是非チェックしてみてください♪

posted by 生態邑スタッフ at 20:17| 山梨 ☀| Comment(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キバネツノトンボ、今年も発見!

こんにちは、たぬきです。

今日は午前中、晴天!
気温もかなり上がって気持ちの良い陽気。

野鳥公園にはテントでのご宿泊のお客様もたくさん。
DSC_0056.JPG
青空の下、折り畳みのチェアでゆったり。

そんな野鳥公園の様子を撮影していると、
芝生広場に黄色い羽をもつ虫が横切りました。
あの虫はまさか!去年わくわくちゃんが追いかけ続けたあの虫では!?

DSC_0066.jpg
地域によっては絶滅危惧種に指定されているキバネツノトンボです。

去年産み付けられた卵を孵化まで観察しましたが、
あの時期どこか近くで同じように生まれた1匹かもしれませんね。

今年も同じように卵や幼虫を見ることができることでしょう。
野鳥公園に来たら、ぜひ探してみてくださいね。

〇去年の様子〇
その@産卵
http://salpsyacho.seesaa.net/article/459564334.html
そのA卵壊れる・・
http://salpsyacho.seesaa.net/article/459740359.html
そのB生まれる!!
http://salpsyacho.seesaa.net/article/460112317.html
そのC最終号
http://salpsyacho.seesaa.net/article/460212473.html


posted by 生態邑スタッフ at 13:49| 山梨 ☁| Comment(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

山梨放送「ててて!TV」の撮影がありました!

こんにちは、テツです。

先日、野鳥公園がテレビの取材を受けました!
山梨放送の「ててて!TV」という夕方の情報番組です。
新緑の森でバードウォッチングをしたいということで、
私テツがフリープロデューサーの馬場憲一さんをご案内させていただきましたー

撮影では、オオルリやキビタキなどたくさんの夏鳥や野鳥が観察できましたよ!
馬場さんもとっても面白い方で楽しく撮影させていただきました。

この様子は5月6日(月・祝)の夕方に放送される予定です!
山梨県限定の放送となりますが、ご視聴できる地域の方は是非ご覧ください。
 「ててて!TV」毎週月〜金 15:50〜16:50
  http://www2.ybs.jp/tetete/


夏鳥たちのさえずりも増えてきて森がとても賑やかで楽しくなっています。
皆様も新緑がまぶしい森で涼みながら、野鳥の声に耳を澄ませてみてはいかがでしょうか?

恒例のバードウォッチングツアーも好評受付中です。
現在のところ5月24日からの回はキャンセル待ちとなりますが、
29日からの回はまだ空きがございます。

2019_h12.jpg


他にも野鳥の声に耳を傾けるプランも開催予定です。
2019_h10.jpg


ふるってご参加ください!
お待ちしてまーす。
posted by 生態邑スタッフ at 12:22| 山梨 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

ムササビが・・・。

こんにちは!わくわくちゃんです。

子育てしていたムササビが、なんと、1頭もいなくなっていました。
そして別の巣箱にはテンが!
02.jpg
カメラ目線!画面左下には黒っぽいものが。
実はこれ、おそらくムササビの子ども。

夜のうちに何があったのでしょう?
録画を見返したところ・・・。
0.jpg
こちらは夜間の映像。
映っているのはムササビの双子。
そのうち、画面右上の1頭が全く動いていませんでした。

映像をさかのぼると、どうやら4月30日午前頃から動きが鈍くなりはじめ、
ムササビのお母さんが頻繁に毛づくろいをしていましたが、その後全く動かなくなってしまいました。

そして5月1日11時頃、お母さんが生きている子どもと巣から出てい様子が映っていました。
Inkedimage1_LI.jpg
右下、黒っぽいのが子ども。口でくわえています。
05.jpg
画面下側が穴の入り口。
巣の入り口からなかなか出にくいのか、足で踏ん張るようにして出ていきました。

そのあと夜間3時ごろ、ホンドテンが入ってきて、
動かなくなったムササビの子どもを加えて巣から出ていきました。
おそらく最初に確認した巣箱へと移動して、ゆっくりとムササビを食べていたようです。

動かなくなったムササビにはハエがたかっていたので、おそらく死んでしまっていたのでしょう。
どうして死んでしまったのかは分かりません。
元気に巣から出て行く様子が見れずに残念です。


泊りに来ていた子どもたちと一緒に、そんなムササビとテンの様子を一生懸命観察していると、
あ!顔出した!!
IMG_8430.JPG
テンが顔を出しました。
40.jpg
写真もばっちり取れました!
一人1枚づつ、合計3枚のテンの写真をいただきました。
DSCN7572.JPG

IMG_0574.JPG
同じ瞬間を3人の目線でとらえています!
ステキな写真をありがとう!

巣を出て行った子どもは無事に生き残って、また管理棟周辺で見られると良いですね。
posted by 生態邑スタッフ at 18:00| 山梨 ☀| Comment(4) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする