2011年12月25日

☆メリークリスマス☆

こんにちは! フサです

今日はクリスマスですね☆
野鳥公園の管理棟の玄関口に、クリスマスリースを飾りました!

クリスマスリース3.JPG

これで野鳥公園もちょっとだけクリスマス仕様になりました☆笑
posted by 生態邑スタッフ at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

恒例行事です

こんにちは、きくです。

寒い日が続いていますね。
風邪などひいていませんか?

1月14日といえば、
こちら早川町では毎年恒例の小正月の行事【どんど焼き】が
開かれました。
お正月のお飾りを燃やし、その火を使ってお団子(まゆ玉)を焼き、
焼いたお団子を食べることで一年の無病息災を祈念する
年中行事の一つです。

今年もヘルシー美里に一番近い集落の皆さんに
合流しました。

20120114kosyougatu03.JPG
たき火の周りで暖まりながら

20120114kosyoguatu04.JPG
お団子を焼いていきます。焦げるぐらいがおいしいですね。

20120114kosyougatu01.JPG
今年は獅子舞も登場!獅子舞にかじられると縁起がよいので、
わたしもがじがじとかじられました。
小さい子はちょっと怖かったようでしたが・・・

20120114kosyougatu02.JPG
小正月の飾りは町内の集落ごとで形が変わります。
飾りは輪っかにして、それぞれのお家の屋根へ。
こちらも家内安全、無病息災の意味がこめられています。

今回はシェアリングアース協会さんと共催しているツアーの
方たちと一緒に合流させていただきました。

古きよき習慣に触れる楽しい一時になりました。

追記:
どんど焼きには書初めもくべると、願いがかなうといわれています。
どんちゃんの書初めもたき火の中にはいりました。
さて、願いは届くかな?
20120114kosyougatu05.JPG
posted by 生態邑スタッフ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

管理棟から・・・。

おはようございます。昨日に引き続きのどんです。

3月19日のこと、来園されたお客様を管理棟内で案内していると、外から
エナガの声が聞こえてきました。

「コナラの上の方にいますね〜」と指をさしていたら、
「ん?…。エナガが枝のまたに座った??」

そこにあったのは何と建設途中の巣!!思いがけない発見にお客様と
しばし盛り上がりました。

その巣がこちら

巣.JPG
〈エナガの巣〉

地衣植物のウメノキゴケを回りにつけるので、うまく樹皮に溶け込んでいますね。

野鳥公園の管理棟内にはエナガの古巣が展示してあり、真近で巣がご覧いただけます。
写真の巣はまだお椀状ですが、完成品は見事な球形になるんですよ!

さらにこの日はもう1つ発見が・・・、エナガの巣から程近いことり池に
ヤマアカガエルの卵塊がありました。

卵塊.JPG
〈ヤマアカガエル卵塊)

オシドリ池は広いので、オタマジャクシから幼生になって上陸するところが、
なかなか観察しにくいですが、ことり池なら観察できそうです♪

果たしてエナガの巣は無事完成し、子育てしてくれるのか!
ヤマアカガエルの卵は無事孵るのか!

今年の春は、管理棟周りから目が離せなくなる予感です!
情報は追って更新していきますので、お楽しみに!!

by どん
posted by 生態邑スタッフ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

はじめまして! & 管理棟から・・・。-続編-

風が冷たい反面、
陽射しがポカポカと気持ちがいい今日この頃。
続々と季節の便りが届く野鳥公園です。

今回は2つ時季のお知らせがあります。

まず1つ目。
先日、きくちゃんが触れていましたが、
この4月から新たに2人、仲間が加わりました。

ぼくがその1人、
「ほっしゃん」こと星屋明孝と申します。
シカの研究、川のガイドを経て、ここに辿り着きました。
よろしくお願いします!

もう1人はまた後日、紹介があると思います。


続いて、もう1つお知らせ。

3月21日にどんちゃんが見つけた
ことり池のヤマアカガエルの卵塊。
卵から孵ってオタマジャクシの塊ができていました!
IMGP7473_20120408blog.jpg

ゼリー状の膜が外側から崩れ、自由に動き回るものもいれば、
まだ身動きのとれないものもいるという状態です。

写真、手前のオタマジャクシのつぶらな眼に惹かれるのは
ぼくだけでしょうか。

さて、そんなオタマジャクシたちは無事、陸に上がることはできるのでしょうか。
陸に上がるのはいつになるのでしょうか。

続報をお楽しみに!!

by ほっしゃん
posted by 生態邑スタッフ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

GW!大盛況!

こんにちは、ほっしゃんです。

皆様、GWはいかがお過ごしですか?
一時は雨でどうなることかと思いましたが、
昨日今日と晴れが続き、外出してのんびりした方も多いことと思います。

さて、野鳥公園はというと、
バンガローやテントでの宿泊、クラフト体験、
野鳥観察と、お客様で大賑わい♪
P5040962.JPG
(5月4日のネイチャーガイドの様子)

今日はこどもの日ということで、中学生以下は無料入園。
そんなこともあって、たくさんのクラフト体験がありました♪


一方、野鳥たちはというと、
のんびりした人間をよそに、
囀ったり子育てしたりと大忙しの様子です。

野鳥公園では現在、
オオルリやキビタキ、センダイムシクイの囀りが響いています。

そして、これまでブログでもお知らせしてきた、
野鳥公園の巣箱のシジュウカラも子育て真っ最中!
あっちへ行ったり、こっちへ来たりと大忙しの親シジュウカラが観られます。
P5030954.JPG
(子育て真っ最中の親シジュウカラ)

シジュウカラのこどもたちはすくすくと成長して、
近頃、背中に黒い線が入ってきました!
先ほど、目が開いている子も確認できました!

そんなシジュウカラ一家には、
モニターで、こどもたちの食事の様子や親が巣の掃除をする様子を観たり、
スコープで、入ったり出たりする親シジュウカラを観たりして、
大いにお世話になっています。ありがとう!シジュウカラ一家。

皆様も、こんなシジュウカラ一家を観に、
野鳥公園にぜひ、来てください!!
お待ちしてます。

byほっしゃん
posted by 生態邑スタッフ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

シジュウカラ一家

こんにちは、ほっしゃんです。

4月からずっとお世話になっていたシジュウカラ一家ですが、
11日、とても残念な事件が発生しました。

午前10時45分頃、外でバタつく親シジュウカラを観て、
何かが起こっている!と、モニターを確認すると、
外に出ようとする子どもたちの姿がありました。

巣立ちにしては早いと思い、よく観ると、アオダイショウが入っていく最中でした。
きっと親はアオダイショウを追い払うか、
こどもたちに危険を呼びかけるかしていたのでしょう。

やっとのことで最も大きく主張も強かった、1羽の子シジュウカラが外に出ると、
その後は、あっという間のことで、
巣箱に入ったアオダイショウはこどもたちを押さえつけて
動かなくしてから、ゆっくりと食事を始めました。

ちょうど来られていたお客様とその現場に遭遇し、一緒に一部始終を見守りました。

外でバタつく親シジュウカラをよそに、
アオダイショウは、巣箱に残った最後の1羽を食べ終えると、
巣箱の中で少しゆっくりとしてから、外に出てアカマツを降りていきました。
12.05.11アオダイショウ 星屋 s.jpg
(食事が済んだアオダイショウ)


そして、外に避難した子シジュウカラも、安全とはいえません!
まだ飛び立つことはできませんし、
自分で食べ物を探す力もありません。
外にはヘビ以外の天敵もたくさんいます。

さて、この子はどうなるのでしょうか。
親鳥たちはどうするのでしょうか。
12.05.11シジュウカラ雛 星屋 s.jpg
(外に避難し親を呼ぶ子シジュウカラ)

あれから、シジュウカラの親は子に付き添って移動していました。
今日もシジュウカラの声が聞こえていましたが、
ヒナが無事、夜を乗り越えられたかは不明です。
もう少し、見守っていきます。
また、親子の姿が見られることを願って。


と!今日はもう少し続きます。

今回の事件。
もうちょっと大きな視野でみてみると、
また少し違って見えてきます。

シジュウカラ一家がよく食べていたものは?
そう。アオムシなどの生きもの。
そして、シジュウカラのヒナが食べられたアオダイショウも、生きもの。
そして、そのアオダイショウも、いつかは食べられます。
その相手は、鳥だったり、動物だったり、
もしくは、とっても小さな生きものだったりします。

自然のなかでは、みんな食べたり食べられたり。
グルリと回っているんですね。
私たち人間もその中で生きている、いろんな生きものに生かされているんですよね。


そんなことを考えた一日でした。

皆様も、アオダイショウを責めないで下さいね。
みんな一生懸命に生きている、それだけなんです。

byほっしゃん
posted by 生態邑スタッフ at 17:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

コナラとチョッキリ

こんにちは。ほっしゃんです。

今日は久しぶりに雨が降りました。
行楽にはあいにくの雨ですが、
実りにはめぐみの雨かもしれませんね。

そして現在、野鳥公園内で地面に目を向けると、葉っぱがたくさん落ちています。
もっと詳しく見ると、コナラの葉っぱが多いことに気がつきます。
コナラの葉っぱを観察すると、枝から落ちていて、
必ず、まだ青く未熟なドングリも付いています。
P9171773小.jpg

これ、実は雨が降る以前から落ちていたもので、ある虫の仕業です。
今回はこの虫とコナラの関係について紹介します。

青いドングリごと葉っぱを落とした犯人は、チョッキリという種類の虫で、姿はゾウムシによく似ています。
落とされた葉がコナラであることや、葉の落とし方から、ハイイロチョッキリだと思われます。
姿が確認できていないのがとても残念です...。

彼らは、未成熟でやわらかいコナラのドングリに、小さな穴を開けて卵を産みつけた後、
枝から切込みを入れて、卵を入れたドングリごと枝を落とします。
コナラは枝先に複数のドングリを付けているため、枝から切れば、
一つずつドングリを落とすより、落とす手間が省けます。実に合理的。
卵はドングリの中で孵り、幼虫はドングリを食べて育ちます。
P9171774小aka.jpg
(赤い丸の中の黒い点は、チョッキリが産卵のために開けた穴)

チョッキリが、産卵したドングリを落とす理由としては...
 コナラにとってはドングリは子孫を残すための大切なものなので、
 ドングリに穴を開けられ卵を産み付けられると、ドングリ内の生きものに対して、
 有毒な物質をつくり、生育を阻害しようとする。
 チョッキリは、この毒から卵や幼虫を逃がすため、コナラに毒をつくられる前に、
 卵入りのドングリを枝から落としてしまう。
といったことが言われています。

生き残りのために毒をつくる植物、毒からうまく逃げて子孫を残す動物。
自然の中ではこんな関係がたくさんあります。知れば知るほど面白いですね。

byほっしゃん
posted by 生態邑スタッフ at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

森のエビフライ?

こんにちは。ほっしゃんです。

野鳥公園は、昼間も涼しくなり、朝・夕は肌寒くなってきました。
そんななか、地面に落ちているエビフライのようなものが目に付くようになりました。
それがこちらです。
PA111983s.jpg
製作者はリスやムササビです。
そして、その原材料となるのがマツボックリであり、
今回は、アカマツのものを使用しています。

リスやムササビは、マツの実を好んで食べます。
そのとき、マツの麟片を剥いで、中の実を食べるので、
食事をした後には、こんなエビフライが残るというわけです。
そして、エビフライの周りには、剥がされた麟片も落ちています。
PA111984sp.JPG
(赤い○で囲ったのが麟片)

今回みつけたものは、場所やエビフライの形からリスのもののようです。
このすぐ上の樹上で食事をし、エビフライを落としていったのでしょう。
その姿を想像するのも、野鳥公園の楽しみ方のひとつかもしれません。

現在、アカマツのマツボックリがたくさんできており、エビフライもたくさん落ちています。
野鳥公園にお越しの際は、ぜひ、エビフライを探して、彼らの行動を想像してみてください。
新たな発見があるかもしれません。

byほっしゃん
posted by 生態邑スタッフ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月09日

紅葉がみごろです!

こんにちは、きくです。

早川町の紅葉が見頃をむかえました!!20121108kouyou.jpg

早川の紅葉は黄色やだいだい色が目立ちます。

野鳥公園周辺もよいですが、
早川町の一番北、奈良田周辺もとても鮮やかですよ。

さて、11月11日(日)はいよいよ「はやかわ紅葉とそばまつり」が開催されます。
(詳しくはこちら khttp://www.town.hayakawa.yamanashi.jp/sobafes.pdf

準備も着々と進んでおります。20121109sobafes.jpg

今、ちょうど地元の早川中学校の生徒さんが披露する白鳳太鼓のリハーサル中。

子どもたちの勇ましい太鼓の音がお祭りに華を添えてくれます。

ぜひ、紅葉見物とそばまつりへお出かけください。

byきく



posted by 生態邑スタッフ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

お正月の野鳥公園

こんにちは。ほっしゃんです。

みなさま、三が日いかがお過ごしでしょうか。

野鳥公園はというと、お正月モードで開園しています!
まず、来園された方(先着50名様限定)におしるこサービス、
さらに、羽子板や福笑いなどのお正月遊びもご用意しています。

そして、
ヘルシー美里の「ゆく年くる年プラン」で配布される無料入園チケットの利用もあって、
たくさんの方が来てくださっています♪

そんな方々には、おしるこやお正月遊びも魅力的ですが、
もっとも皆さまを惹きつけているのは彼らです。
P1010145s.jpg
(コガラ Parus montanus)

P1010148s.jpg
(シジュウカラ Parus minor)

現在、観察ルームではたくさんの野鳥が観察できるだけあって、
来園された皆さま、まずは観察ルームに釘付けです。
さらに、そんな観察ルームで野鳥を観察しながらのおしるこが大人気です!
暖かい部屋で、あま〜いおしるこをいただきながらの野鳥観察。
とっても乙で、ちょっぴり贅沢なひとときです。

外に出て観察路を歩くと、ジョウビタキやルリビタキ、ミソサザイ、ツグミ、アカゲラ、
また、ニホンザルやニホンジカと出会うこともあり、こちらも好評です!

野鳥や野生動物たちと迎える新年も、
いつものお正月と一味違って、面白いかもしれませんね。


本日(1月3日)観察ルームで観察できた野鳥
コゲラ、ジョウビタキ、ルリビタキ、コガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、ゴジュウカラ、
キジバト、メジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、カワラヒワ、カケス

byほっしゃん
posted by 生態邑スタッフ at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

今年も。

こんにちは、きくです。

連日、寒い日が続いておりますが、
そろそろあの花が咲いているのではといつもの場所へ出かけてみると、

20130116mansaku.JPG
<咲き始めのマンサク>
やっぱりありました。マンサク。
どの花よりも「まんず(まず)咲く」からマンサクという名がついたとされますが、
今日のところは1分咲きといったところでしょうか。
野鳥公園では例年、年明けとともに咲き始めます。
今年はゆっくりめのスタートのようですね。
春の訪れがまちどおしい今日このごろです。

<<早川町道路状況>>
先日の雪で一面の銀世界になった早川町ですが、
車道は除雪され通行可能です。
ただし、一部の日陰ですべりやい場所がありますので
お越しの際には冬用タイヤの装着をおすすめします。




posted by 生態邑スタッフ at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

ちいさい春みつけた

こんにちは、きくです。
まだまだ寒い日が続いていますね。
こよみの上ではすでに春をむかえていますが、
いつ春がくるのかしらと思える今日この頃。

でも、足元に目を向けると・・・
20130221fukinotou.jpg
フキノトウが顔を出し始めていました。

生きものたちの春は確実に始まっているんですね。
フキノトウは野鳥公園に春の訪れを知らせてくれる植物のひとつ。
これから続く芽吹きが楽しみです。
posted by 生態邑スタッフ at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

新年あけましておめでとうございます。

新年、あけましておめでとうございます。

皆様、元旦どのようにお過ごしでしょうか?

現在、南アルプス生態邑では、ゆく年くる年プラン開催中です!
本日はおもちつきと初詣をおこないました。

DSCF2236.JPG

また、本日から1月3日まで、ヘルシー美里と野鳥公園ともに
1日につき50食限定でおしるこの無料提供サービスをおこなっています。
ヘルシー美里の温泉あがり、
野鳥公園で野鳥を観ながらなどなど、
いかがでしょうか?
皆様、お誘い合わせのうえお越しください!

2014年もブログとともに南アルプス生態邑を
どうぞよろしくお願いいたします。

byほっしゃん
 
posted by 生態邑スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

冬空にカラフルな飾り

こんにちは、きくです。
お正月はいかがおすごしでしたか?

さて、今早川町ではあちらこちらの集落にカラフルなお飾りが・・
yanagi.JPG

14日にひかえているどんど焼き、旧正月(小正月)のお祭のお飾りです。

yanagi02.JPG
黄色にピンクなど色とりどりな飾りです。
早川町では柳(やなぎ)と呼びます。

1月14日の当日にはお正月のお飾りを燃やし、
その燃やした火でお団子を焼き、そのお団子を食べると
今年一年健康に過ごせるといわれています。
書初めを燃やすと、字が上手になるとか・・・
柳の飾りは輪飾りにして家の屋根に上げ、家内安全を祈ります。

皆さんもお正月飾りを持参して参加してみませんか?
1日限定の「旧正月のどんど焼き体験プラン」にてご案内しています。
http://www.hayakawa-eco.com/tour/plan16/index.html

ちなみに、こちらの柳は各集落ごとで形が違います。
14日までの限定ですが、早川町の集落をめぐり、違いを見比べるのも楽しいですよ。

posted by 生態邑スタッフ at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

春一番?!

こんにちは! グランパです。
ここ数日、早川ではこの時期に似合わないくらい暖かい日が多く続いています。
今日もあいかわらず温かく、「春一番」のような風が野鳥公園を吹き抜けています。
本来「春一番」とは、立春から春分の間に吹く風なのですが、
今年の立春はもう少し先。今日はちょっとフライング気味のようです(苦笑)。

ただ、園内の観察路を歩くにはちょうど良い気候で、
心地よく散策することができます。
そんな陽気の中、今日は園内で春を感じるこんなものを見つけました。


mansaku1.jpg
枝や枯葉の茶色、針葉樹の緑色が多い冬の野鳥公園で、ひときわ目立つ黄色い小さな花。
これは「マンサク」の花。糸のような花びらがきれいです。

mansaku2.jpg
園路から少し外れたところにひっそりと咲いていました。
まだ「満開」ではなく、3部咲きといったところ。
ちょうど開き始めた小さな蕾もありました。

まだ寒さの厳しい中、他の花よりも「まんず(まず)咲く」ことからこの名が付いた「マンサク」。
少しずつですが、小さな春が野鳥公園にもやってきています。


posted by 生態邑スタッフ at 14:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

宿場町に咲く春の妖精

こんにちは!みきおです。

先日、早川町内の山間の集落、赤沢宿に行ってきました!
赤沢宿は、古くは日蓮宗の霊山・七面山への参詣の宿場町として栄えた集落で、
重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

akasawa.jpg



集落の中の日当たりのよい斜面には、もう福寿草の姿が。

ふくじゅそう.jpg


赤沢宿の町の花でもある福寿草。
ニホンミツバチたちも、花粉を集めにやってきていました。

はち.jpg



福寿草は、早春に開花し、2〜3か月の短期間で地上での生活を終え、来年まで地中で春を待ちます。
このような植物を総称して早春植物「Spring Ephemeral:春の妖精、春のはかない命」などと呼びます。

夕方前に訪れたので、福寿草はちょうどおやすみの時間だった様子。
ゆっくりと花を閉じていく様子が観察できました。


私たちと一緒に、近世の面影残る宿場町・宿を散策しながら、
春の妖精に会いに行きませんか?
2月3日(月)〜14日(金)の期間で、ガイドがご案内します。
↓↓詳しくはこちら↓↓
puran.jpg
http://www.hayakawa-eco.com/tour/plan20/index.html
ご参加お待ちしております(^^)
posted by 生態邑スタッフ at 14:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月28日

小さな春のあたたかみ


こんにちは!みきおです。
ここ数日の暖かさのおかげで、野鳥公園の雪もかなり溶けてきました。
日当たりのよい管理棟前は、自然に地面が見えるまで溶けてくれましたよ。

buroguDSCF2997.jpg




そんな今日は、小さな春の紹介です。

buroguDSCF2993.jpg

銀色の毛が、ふわふわしていて可愛いですね。
私は小さい頃、このあまりの可愛さに、これをホタテの貝殻に入れて、ペットにしたつもりで持ち歩いていたことがあります(笑)

これは、バッコヤナギというヤナギの木の花芽。
春になると、この銀色の毛先に小さな黄色い花をたくさんつけるのです。
雪残る景色の中でも、春の気配を感じると気持ちが暖かくなりますね。

小鳥たちのさえずりも、たくさん聞こえるようになってきました。
春はもうすぐかもしれません。

posted by 生態邑スタッフ at 12:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

森の中からオシドリ池へ

こんにちは!みきおです。
今日は春のお知らせ第2弾です♪


おしどり池の氷が解けてきたので、池の様子を見に行ってきました。
おや、水の中になんだか黒っぽい塊が…。

DSCF3009.jpg


そぉーっとすくいあげて見てみました。
たくさんの小さな黒い粒が、ゼリー状の物質に包まれています。

DSCF3005.jpg

もうみなさんお分かりでしょうか?
そう、これはヤマアカガエルというカエルの卵。
毎年、この時期になると森の中からオシドリ池まで産卵にやってくるのです。

ちなみに池の水温は4℃。水は痛いくらいに冷たかったです。
こんなに冷たい水だと、オタマジャクシたちも体を動かすのが大変かもしれませんが、
捕食者の少ない寒い間に大きくなれたほうが安全なのかもしれませんね。
彼らが大人になって、またオシドリ池に帰ってきてくれますように。



おまけ。
DSCF3013.jpg

池のほとりにあった足あとです。
13センチもあったので、アオサギのものでしょう。
どうやら池から歩いて上がってきて、うろうろしてから飛んでいった様子。
池で魚が捕れないから、地上で食べ物を探していたのでしょうか?

posted by 生態邑スタッフ at 22:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

お目覚めにはまだ早いかな?


こんにちは!みきおです。

夕方、野鳥公園内をうろうろしていると、雪の上に黄色い粒を発見。

DSCF3061.jpg


近づいてみると…

DSCF3064.jpg
小さなチョウ!
キチョウという、シロチョウ科のチョウです。


キチョウは、成虫の姿で草の下などで越冬し、
早春になると姿を現し、飛び始めます。

でも、今日はちょっと早すぎたかな?
夕方だったこともあってか、雪の上でじっと固まって
近づいてもピクリとも動きませんでした。

寒さはもちろんのことですが、
まだ雪だらけで花があまり見られないけど、食べ物は大丈夫かな…。
このキチョウのためにも、野鳥公園の雪解けが待ち遠しいです。
posted by 生態邑スタッフ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

小さい春みっけ

こんにちは、テツです。

最近はポカポカと暖かい陽気が増えてきています。
おかげで若干残っていた雪もほとんど解けましたよ!

野鳥公園も日に日に春らしくなってきていて、
朝はカラ類のさえずりに溢れるようになり、つがいでの行動も目立ってきました。

虫や草の緑、花なども増えてきていますよ。
こちらはサンシュユの花。

DSC_1175-2.jpg


ヘルシー美里でも梅がキレイに咲いていました。
DSC_1137-2.jpg


早川町へいらした際には春探しなんていかがですか?


ただ、寒がりの僕としては暖かくなるのは嬉しいですが、
春と共に北へ渡ってしまう冬鳥たちはもうすぐ見納めですね・・・

野鳥公園ではまだミヤマホオジロ、アトリ、カシラダカ、ジョウビタキ、ルリビタキが見られますよ! 昨日はクマタカも飛んでいたそうです。
駐車場周辺ではツグミやシロハラも確認されています。

ヤマセミは今日は確認できませんでしたが、
最近はよく来てくれていますので、このままオシドリ池を狩場にしてくれるといいですね♪


DSC_1122-2.jpg
(さえずるホオジロEmberiza cioides)
posted by 生態邑スタッフ at 21:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする