2006年12月01日

サムサニモマケズ

気が付けばもう12月、いよいよ早川にも冬がやってきたようです。

先日まで赤や黄色に紅葉していた山の木々も一日ごとに葉を落とし、茶色一色の山へと変化してます。
道の落ち葉も、掃いてもすぐに元通り、きりがありません。

今日も落ち葉を掃いていたら、落ち葉の中に小さな紫の花が・・・

2006.12.01 kiransou001.jpg

春に咲くはずのキランソウが、季節を間違えて咲いてしまったようです。
野鳥公園のつり橋も凍るほど寒いというのに・・・。
それでも落ち葉のベットに抱かれて咲いている姿に、私も「寒さに負けずにがんばれ!」と言われている気がしました。
posted by 生態邑スタッフ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

マンサク

先週末は野鳥公園を臨時休園にさせていただきました。親類に不幸があり、急の出来事だったために前触れもなく休んでしまい、大変ご迷惑をおかけいたしました。
このブログも、ちょっとばかり間が開いてしまいましたが、今日からまたどんどん?書いていきますのでよろしくお願いします!!

ところで、今年の冬はほんとに暖かいですね。
休みの間もエサをまきに着ていたのですが、1月20日の「大寒」の日には、オシドリ池の氷が全て解けて、カルガモが5羽、泳いでました。
今朝はまた冷え込んだので池は全面凍っていましたが、休憩棟前のはらっぱの脇で、マンサクの花が満開になっていました。
2007.01.25 mansaku001.jpg

そうはいってもまだまだ寒い日が続くと思いますが、暦の上ではあと10日あまりで立春、今年はこのまま春が来てしまうのでしょうか?
posted by 生態邑スタッフ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

大きなわたぼうし

今日はお昼頃から風が強くなってきましたね。
風が強くてやだな〜、なんて思いながら事務所の外を見ていると、白いものがふわふわと舞ってきました。
2007.02.01 teikakazuraoo1.jpg

鳥の羽かと思って外に出てみると、とってもきれいなわたぼうしでした。しかも、エンピツと比べてもらうとわかると思うのですが、とっても大きい!

それにしてもこのわたぼうしはどこから飛んできたのでしょう?しかもこんな季節に!
そう思って周りを見回したら、ありました!!
テイカカズラというつる性の木の実がはぜて、そこからわたぼうしが飛んでいきます。
2007.02.01 teikakazuraoo2.jpg

毎年、秋頃にインゲン豆のような実をつけるのは知っていましたが、その時に中を割ってみても白い汁がたくさん出てくるだけだったので、まさか冬にこんなわたぼうしを飛ばすと思わずとってもビックリ。
ま〜、そんな発見が沢山できるからこそ、野鳥公園にいるのですけどね。
posted by 生態邑スタッフ at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

テイカカズラの受難

昨日書いたテイカカズラがどんな木か、写真にとって見ました。

2007.02.02 teikakazura 003.jpg

この写真のテイカカズラは野鳥公園にある中でも一番大きな木です。
10数メートルあるアカマツの木に巻きついているのですが、幹は太い所で7〜8センチ近くあり、高さは10メートルはあると思います。
花の季節には上から下まで真っ白な花をつけるのでとても見ごたえがあります。

ところで、このテイカカズラの木、今年は野山のエサ不足の影響で、ちょっとした災難にあっています。それがこの写真。

2007.02.02 teikakazura 004.jpg

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、下のほうにぶら下がっている枝に葉っぱがほとんど付いていないのがわかりますでしょうか?
野山にエサが見つからなくなったシカが、首の届くところだけすべて食べてしまったのです。首の届くところまでしか食べることが出来ないので、きれいに境が出来ているのです。
ほかにあった背の低いテイカカズラは丸坊主になってしまいました。

ちなみに、このテイカカズラのように下のほうの葉っぱだけきれいに食べられている木は他にもあります。
ピラカンサやイチイ、ベニカナメモチなどなど。どの木も常緑で葉っぱも厚くて硬いものばかり、よくこんな硬いものを食べるな〜ッと感心してしまいます。(テイカカズラには毒があるとどこかで読んだ気もするのですが・・・)
それでも、一番困っているのは、こんな物しか食べ物の無いシカたちでしょうが・・・。
posted by 生態邑スタッフ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

立春

一日過ぎてしまいましたが、暦のうえでは立春、「春の気初めて立つ」日だそうです。
そんなことを言われても、今朝の気温、朝8時でマイナス2度。まだまだ春が着たとは思えませんが・・・
でも確かに、午後の日もだんだん長くなってきました。少しずつ春は近づいているはずです!

ということで、私も春の気配を探して見ました。
そして見つけたのがこれ!

2007.02.05 kibushi001.jpg

早春に淡い黄色い花をつけるキブシの花穂が、こんなにも大きくなっています。
やっぱり春の気配は少しずつ近づいているのですね!
posted by 生態邑スタッフ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

アブラチャン

昨日は野鳥公園にやまなし野鳥の会の方々が探鳥会に来てくれました。
残念ながらあまり鳥の種類は多くありませんでしたが、ミヤマホオジロやオシドリが出てきてくれました。

途中、皆さんと一緒に観察路を回わりました。
このところデータのまとめなどをしていて事務所に引きこもりぎみだったので観察路を回るのも2週間ぶり、そうしたら前回咲いていたダンコウバイが終わりかけて、今度はアブラチャンが咲き始めていました。

2007.03.19 aburacyan001.jpg

《アブラチャン》
ダンコウバイの花によく似た黄色の小さな花をつけるのですが、こちらのほうがダンコウバイよりもさらに花が小さいです。
ただ、遠目に見るとほとんど同じに見えるので、早川町内の方は一まとめに「ズサ」と呼んでいます。

どちらも、とても控えめに咲いていますが、まだ冬枯れの一面茶色の山肌に黄色い花がとても映えます。
posted by 生態邑スタッフ at 15:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

アケビの花

ヤブを切り開いていたところ・・・・

2007.04.14akebi01.jpg

かわいい花が咲いていました。


・・・ちょっとおいしそう?
posted by 生態邑スタッフ at 16:38| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

“山”桜前線

今、早川町内は山桜が見ごろです。
一昨日の日は、役場から町民広場のあたりまでが満開、新緑のやわらかい緑の中にピンクの桜が彩りをそえていました。野鳥公園周辺も木によってはもう満開、新緑とあわせていかがですか?

07.04.18yamazakura01.jpg

《ヤマザクラ》
山桜と言ってもいろいろな種類がありますが、上の写真はいわゆる「ヤマザクラ」。種類によって咲く時期や色の濃さなどが皆違うので、ソメイヨシノとはまた違った楽しみ方が出来ると思います。

今朝は今年初めてオオルリの声を聞きました。ほんとに小さな声でまだ発声練習中のようですが、うまくすると桜の中のオオルリが・・・などと考え中です。たぶん無理だとは思いますが(笑)



・・・余談ですが、この記事、昨日アップ直前に停電があり、今日書き直し・・・  同じ事を二度書くのは疲れますね(笑)
posted by 生態邑スタッフ at 12:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

ネムの花

今日も暑かったですね!今年は今までおかしな天気が続いていたので、やっと夏本番という感じがします!
・・・でも、暦のうえでは今日は「立秋」、もう秋の始まりだったりします。
そんな気はまったくしませんが、普段の年なら暑さも峠を越えて、吹く風にも秋の気配が少しずつ感じられるようになる頃・・・のはずなのですが・・・。

今年のおかしな気候のせいか、早川では今頃になって、ネムの花がきれいに咲いています。

07.08.08nemu01.jpg

普段の年は7月上旬から中旬にかけて咲くはずなのですが・・・・

7月に一番発生するはずのオオムラサキも、この頃になってよく見るようになって来ました・・・。
やっぱり今年の気候は・・・・変、ですね。。。
posted by 生態邑スタッフ at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

うららー☆

春、うらら ♪〜

そんな言葉がぴったり合うような、とっても穏やかな天気がここ数日、続いていますね!

ミソサザイはさえずりの練習を始め、あんなにたくさんいたカヤクグリやルリビタキの姿も、だいぶまばらになってきました。
いよいよ春の渡りも始まったのでしょうか?

08.03.07hukinotou01.jpg

陽だまりにはフキノトウも顔を出しています!

と、写真を撮っているすぐ横で虫の羽音が・・・・

08.03.07nihonmitubachi01.jpg

私が撮影していた横で、ニホンミツバチが一生懸命、フキノトウの蜜を集めていました!
よく見ると、あっちにもこっちにも・・・・

いよいよ「春」、ですね!
posted by 生態邑スタッフ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

アブラチャン☆

気温はだいぶ上がってきましたが、まだまだ寒々しい姿をした冬枯れの早川の山々。
しかし、よく見ると日当たりのいい斜面にはあちらこちらに黄色い花が・・・・

08.03.13aburacyan01.jpg

《アブラチャン》
いよいよ今年もアブラチャンの花が咲き始めました!

冬の終わりにまず咲く花といえばマンサクですが、マンサクの咲き始める頃はまだまだ寒い日も多く、いまいち春が近いという気になりません。
なので、個人的にはアブラチャンの花のほうが、いよいよ春がやってくる!という気がします。
ちょうど同じ頃、ウグイスも歌の練習を始めるのも、春を感じる理由のひとつかな????
posted by 生態邑スタッフ at 11:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

さ・く・ら

東京などではもうすでに見ごろを向かえているようですが、野鳥公園内でも、サクラが咲き始めました!

・・・といっても、ソメイヨシノではありません。。。

一般にサクラといえば、ソメイヨシノ(人間が作り出した品種です)を思い浮かべる方も多いかと思いますが、山の中には、いろいろな種類のサクラがあります。

それぞれ咲く時期や花の形などもバラバラで、中にはこれがサクラ??と思うような花を咲かせるものもあります。

たとえばこんなサクラ・・・

08.03.25cyouzizakura.jpg

《チョウジザクラ》
花の形が「丁」という字に似ているので、この名前がついたそうです。

サクラでは野鳥公園周辺で一番最初に咲くこの花。
一般的なサクラの華やかなイメージとはちょっと違う感じですが、この花のように、気をつけていなければ気付くことのないようなひっそりと咲く花々も、私的には大好きだったりします。
皆さんはいかがですか???
posted by 生態邑スタッフ at 12:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

☆カタクリ☆

早川の入り口ではサクラ(ソメイヨシノ)も満期ですが、野鳥公園では今日やっと、数輪花が開き始めたところです。
南北に長く標高差のある早川では、これからまだしばらくは、サクラの花が楽しめるシーズンが続きます!

ところで、野鳥公園のサクラが開き始める頃、ちょうど時を同じくして見ごろを迎える花があります。

08.04.03katakuri01.jpg

《カタクリ》
園内の自然観察路の中に、春のほんのひと時だけ、その可憐な姿を見せてくれます。

今年はちょっと花の数も少なめですが、気をつけて歩くと道の真ん中に顔を出しているものも・・・・
散策する時は、足元に注意して歩いてくださいね!
posted by 生態邑スタッフ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

新緑に・・・

いつもここに立ち寄ってくださる皆様、ご無沙汰しておりますm(__)m

ゴールデンウィーク直前からこのパソコンが機嫌を悪くして??、まったくネットにつなげることが出来ず・・・・(汗)
っということで、久しぶりの更新になってしまいましたが、皆様、連休はいかがでしたか?

連休中は天気にも恵まれ、野鳥公園も大勢の方でにぎわっていたこともあり、なんだかあっという間に過ぎ去ってしまったような感じです。

気が付けば、早川の山々を彩る新緑の色もだいぶ濃さを増し、夏鳥たちのさえずりに耳を澄ませば、季節はいよいよ「初夏」!
毎年あわただしく過ぎさってしまうこの季節、なかなかじっくり自然に目を向けることがないのですが・・・

08.05.07kiri.jpg

《キリ》
新緑の中に、キリの花の紫色がとても鮮やかです。

今年はきちんとカメラに残そうと周りの景色に目を向けると、だいぶ濃さを増してきた緑色の山に、キリとフジの花の紫色がとてもキレイなことに気が付きました。
って、今頃気付くのでは遅すぎですね!
posted by 生態邑スタッフ at 15:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

☆ネムの花☆

時のたつのは本当に早いもので・・・・(汗)

つい先日、昨年のネムの花の写真をここで載せたと思っていたのに・・・
今年ももうすでに花が咲く季節になってしまいましたね!

ということで、今年もネムの花を一枚!

08.07.14nemunoki01.jpg

《ネムノキの花》
淡いピンク色の花が、緑の山に色を添えます。
写真の木は他のものに比べてピンク色が濃いような??
posted by 生態邑スタッフ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

待ちに待った…。

初めまして。初ブログの実習生『どん』です。私は、5月から週1回のペースで開花フェノロジーという調査(今、どんな花が咲いているかという調査)を行なっています。

この調査を始めたときから、園内のとある場所に、トリカブトらしき葉を見つけ、いつ花が咲くかと心待ちにしていました。夏の間、葉の大部分が枯れ、花をつけないのでは・・・とハラハラしましたが、10月に入りやっと無事に薄紫色の美しい花を咲かせました。
2008.10.16torikabuto.jpg

いわずと知れた毒草のトリカブトですが、森の中で秋風を感じながら眺めると、感慨深いものがありますね〜。

さて、一口にトリカブトと言っても、実は30種類ほどあって、これを特定するのが、一仕事です。

数種類の図鑑を睨みつけ(真剣勝負なんです!)特徴をチェックした結果・・・「イヌハコネトリカブト」ではないかという結論に至りました。

もう5ヶ月もこの調査を続けているのに、この作業には、いまだに自信が持てません。(特にキクの仲間とか似ているのが多くて…汗)

紅葉にはまだ少し早いですが、秋風を感じながらの静かなお花見もなかなか乙なものです。皆さんも休日に、秋を感じにお出かけしてみてはいかがでしょうか?
            『どん』
posted by 生態邑スタッフ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

ゆ〜きやこんこ♪

 今日の野鳥公園は天気予報どおりの雪模様となっています。
皆様の周りも雪が積もっているでしょうか?

 よく、「早川町は雪が多い?」とお客様に質問されるのですが、
こちらは、ほとんど積もりません。
山梨自体もそれほど雪が積もらないので(富士五湖と清里を除く)
雪だなぁとしみじみしています。

 これから自動車で帰ることを思うと冷や汗ダラダラですが・・・。

 さて、昨年の10月16日のブログでも書いたとおり、私は
開花フェノロジーと言う、花の調査を行なっています。
こんなに寒い中、花なんて咲いていないだろう
と思っていたのですが、なんと気の早い花がもう咲いていました。


『雪とマンサク』

マンサク.JPG

 「まず咲く」からこの「マンサク」になった
とよく言われていますが本当に1番最初に咲きましたね。

 黄色い花色は昆虫に受粉してもらっている花に多いようです。
しかし、こんなに早く咲いて受粉してくれる昆虫が
いるのでしょうか?まだ冬眠中の昆虫しか
見ていないのですが・・・。

 何はともあれ雪に負けずに咲いていてほしいものです。                                                           (by どん)
posted by 生態邑スタッフ at 16:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

春近し

こんにちは。

暖かな日が続いていますね。
最近の野鳥公園では「小さい春」があちこちで
発見できます。

090318aburachan.jpg
<アブラチャン>
枝先にほんのりとした黄色の花を咲かせています。

090318niwatoko.jpg
<ニワトコ>
中央のブロッコリーみたいな塊が花になります。
葉っぱは独特なニオイがします。

残念ながらサクラやカタクリはもう少し時間がかかりそうですが、
日を追うごとに公園内に春があふれてきました。
私たちと一緒に小さい春探しに出かけてみませんか?

今週末は野鳥公園を飛び出して、早川町の入り口にある
【道の駅 富士川ふるさと工芸館】へおじゃまします。
ガイドはもちろん、バードコール作りの体験コーナーも
ご用意しています。
お近くにお寄りの際はぜひ、お立ち寄りください。

↓↓詳しくはこちら
http://www.fujikawa.comlink.ne.jp/

もちろん、野鳥公園は開園してます。
BYきく
posted by 生態邑スタッフ at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

久しぶりの開花情報〜

久々のブログ顔出しになってしまいました。「どん」です。
恒例の、10日ごとに行なっている開花フェノロジー調査ですが、
野鳥公園の気温が、朝夕20℃を下回るようになったためか、
植物も、タデやススキなどが咲き始めだいぶ秋めいてきました。

19日の調査では、72種の植物が開花しているのを確認できました。
(タデの識別が難しく、図鑑を見ながらう〜んう〜んと
言っていたら、きくちゃんに唸りすぎと笑われましたが・・・)

そんな中でも、私が咲くのを楽しみにしていた2種をご紹介します。

2009.08.20medohagi.jpg

メドハギ(マメ科)
おしどり池横の芝地に生えています。
普段は、枝分かれした茎にびっしり葉が生えたもじゃもじゃ君です。
花が咲いても葉に隠れてあまり目立ちません。
そんなひっそり具合が、私のお気に入りなところです。

もう一つは少し珍しい花です。

2009.08.21メハジキ.jpg

メハジキ(シソ科)
昔は普通に見られた植物のようですが、
この植物が野原や道端を好むためでしょうか
最近は宅地造成などで姿を消しつつあるようです。
シソ科らしく段々で花が咲くところと、葉っぱの形が
可愛いんです〜。(個人的にはですが・・・)
去年は咲いているのが見られなかったので、嬉しさ倍増です。

この他にも、色々な花が咲いていますので、
野鳥公園にいらした際は、ぜひぜひ、
秋の花を楽しんでくださいね!!お待ちしています。

by どん
posted by 生態邑スタッフ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

まだ2月ですが…

本日は、月3回のペースで行なっている開花植物の調査に行ってきました。

1時間ほどかけて園内をぐるっと周って開花している植物を探します。
前回はサザンカとマンサクの2種類でしたが、今回の調査では1種、開花植物が増えました。

それは、早春の花として皆さんにも馴染み深い「ウメ」です。

ウメ.jpg
〈ウメ〉 ブレ写真で申し訳ありません(汗)

高い所に3輪ほどしか咲いていなかったので、香りを楽しむことはできませんでしたが、
来週には、香りも楽しめるようになるかと思います。

これから咲きそうな植物も何種かありました。
ダンコウバイ、ベニコブシ、ケヤマハンノキ、そしてスギです。
花粉症の私としては、つらい季節の到来がすぐそこまで迫ってきているなぁ
と実感した本日の調査でした。

野鳥公園の顔、野鳥たちはと言うと…
春の陽気に誘われてか、カワラヒワは、もうさえずり始めていました。

とは言え、まだ冬鳥達が旅立つには早い時期です。餌台周辺には相変わらず
ミヤマホオジロ、カシラダカの群れが来ていますし、園内ではベニマシコの姿も
確認できます。
冬鳥ではありませんが、ここ数日は、オオタカの姿を見かける回数が増えました。
(本日の調査中は、私の上を通り過ぎていきました。)

哺乳類の痕跡も、園内の色々なところで見つけられます。

ご来園の際に、スタッフに自然情報をお尋ねいただければ、見やすい場所など
お伝えできますので、ぜひ野鳥公園に遊びに来てください。

〈byどん〉


posted by 生態邑スタッフ at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする