2006年11月15日

ヌメリイグチ

皆さんは「ヌメリイグチ」って何のことか分かりますか?
ちょっと聞きなれない名前かもしれませんが、キノコの一種の名前です。
↓↓↓
2006.11.15 numeriiguchi 001.jpg

昼食後に何かいいもの無いかな〜って探していたら、小さな林の中に、と〜っても大きな、このキノコがありました。
どれくらい大きいか、これだけではよく分からないと思うので、近くにいたバッタ君に協力してもらいました(笑)
↓↓↓
2006.11.15 numeriiguchi 002.jpg

どれくらい大きいか、分かりましたでしょうか?

このキノコは、地元の人にも「じこぼう」という名で親しまれているキノコで、ほうとうなどの汁物によく合う「食用きのこ」です。
イグチの仲間は、裏がスポンジ状になっているので、すぐに見分けが付きます。そのなかでも、ヌメリイグチは名前のとおり、ぬれているとかさがヌメヌメしています。

早川ではタイミングさえ合えば、割と明るいアカマツの林に沢山でていて、私のような素人でもカンタンに採れてしまいます。
山菜の頃から秋まで出るようですが、秋に一番数が増えるようです。
そうはいっても、季節は11月中旬、霜も降りたので、今年はキノコの話題は無理だと思っていたのですが・・・
本当は違うことを書こうと思っていたのですが、うれしくて書いちゃいました。
そうでした、キノコは絶対に自分の判断だけでは食べないでくださいね。かならずよく知っている方に見てもらって、絶対に食べられると分かるものだけにしてくださいね。

ちなみに、私が林の中でこの写真を撮っていたときに地元の方が鳥のエサを持ってきてくれたのですが、私は気付かずにガサガサしていたため、熊がいるのかとドキッとしたそうです。
今日から早川も猟期に入りました。これから山に入るときは熊と間違われないようにしなくてはいけませんね。

posted by 生態邑スタッフ at 14:12| Comment(2) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

キノコに・・・

こんにちは! フサです

今日の野鳥公園は、いい天気で日中は暖かかったです!

F1000006.JPG
何か野鳥はいないかと空を眺めました。

ふと、足元を見ると、こんな物が・・・
F1000009.JPG

F1000008.JPG

管理棟の前に、キノコが生えていました。
そのキノコを良く見ると、何かがキノコを齧った痕が!
おそらく、夜に野鳥公園にやってきた小動物(?)が食べたのだろうと思います。

普段、鳥を探して木の上や空を見る機会が多い僕ですが、
今日は足元でこんな発見がありました☆

みなさんも、いつもはあまり気にしないところを見てみたら、
案外、思いもよらない発見があるかも知れませんね♪

そんな新しい発見を探してみるのも楽しいですよ!
posted by 生態邑スタッフ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする