2021年05月07日

シジュウカラ親子とムササビ親子


こんにちは、今日も元気なナベシです。

ゴールデンウィークが終わり、いつも通りの日常が始まりましたね。
ナベシ達はゴールデンウィークは大忙しでしたが、無事乗り越えることができてほっと一息です。
皆様の中には、ナベシ達のようにゴールデンウィークにお仕事があった方もいらっしゃるかなと思います。
なかなか休めなかったという方は、今週末は早川町でのんびり過ごされてみてはいかがでしょうか。

そんな皆様に、ささやかな癒しをお届けします。


以前からご報告していたシジュウカラ(♂かんくん、♀りんちゃん)が産んだ4つの卵が、5月4日に無事孵りました。

DSCN4826.JPG
ちょっとわかりにくいですが、まだ羽毛すら生えていないヒナが4羽重なり合っています。

こうなるとお父さんお母さんは大忙し。休む暇なく、我が子にご飯をとって来ては与えています。

DSCN4824.JPG
ヒナの餌となる虫を咥えているかんくん。何を咥えているんだい?
DSCN4821.JPG
うーんちょっと画像が不鮮明で難しいですね・・・ヘビトンボの幼虫のように見えますが、シジュウカラが水中の昆虫をとれるとは思えないしなぁ・・・。


また、最近は昼間にムササビの子どもがときたま顔を出しています。
DSCN4815.JPG
外の様子が気になるのでしょうか。可愛いですね。
DSCN4817.JPG

外に顔を出している時の巣箱内の様子。巣箱に残った子がこっちを見ています。運よくカメラ目線を頂きました。


このように、生きものたちの生活も大きな変化が訪れています。
そろそろムササビの子どもたちも夜になると巣箱から出てくるようになりそうですし、野鳥のヒナたちはあっという間に大きくなります。
今しか見れない生きものたちの姿を、ぜひ見に来てくださいね。


ナベシ
posted by 生態邑スタッフ at 21:06| 山梨 ☔| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]