2021年02月14日

ファミリーキャンプ メープルシロップ採集ツアー

こんにちは たぬきです。
最近気温が高く最高気温が10℃以上の日が続いています。
日中活動するときに上着が要らないくらいです!

そんな中、ファミリーキャンプ「森からメープルシロップを採集しよう」を行いました。
コロナ対策を行いながら、最少人数での開催です。

暖かいとはいえ、葉もない森の中は静かです。
木に穴を開けると樹液がぽたぽた!
RIMG8315.jpg
冬から春に向けて木が活動始めた証拠です。

早川町の特産品でもあるイタヤカエデの樹液です。
今回はイタヤカエデとウリハダカエデ、クルミから貴重な樹液を採集しました。

2リットルペットボトルいっぱい!
気持ちの良い青空の中、森から樹液を採集できました。

ただしこの樹液はまだまだ甘くありません・・・・
そもそも「なぜメープルシロップが甘いか?」ということを簡単に説明すると、
まず、木が体が完全に凍ってしまうのを防ぐために、体の中で糖をつくります。
暖かくなって、凍る心配がなくなってくると、
今度はその糖を葉を開くエネルギーにするため、
根っこから水分を吸い上げ、その水分に糖を溶かして全身にいきわたらせるのです。
その時に幹に穴を開けると、糖分が含まれた樹液が採集できるのです!

なので、採集した後はちゃんと木を消毒。
それから木の負担になり過ぎない量を取ります。

さて、この糖分が含まれた樹液。メープルウォーターをメープルシロップにするためには、
煮詰めて煮詰めて煮詰めないといけません!

P21403612.jpg
羽釜でぐつぐつ

ぐつぐつしている横でパンを焼いて・・・
P21403651.jpg

P2140369.JPG
焼いたパンにメープルシロップを掛けて完成!


7リットルくらい採集できた樹液は120ccくらいに!
とっても貴重な樹液をくれた木々がまた芽を出す頃、また遊びに来てね!



posted by 生態邑スタッフ at 19:38| 山梨 | Comment(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]