2020年06月26日

ホタルの夕べ 〜地域の子どもたちと一緒に〜


みなさまこんばんは、ナベシです。

昨晩に行われた「ホタルの夕べ」についてお話しようと思います。
毎年行われている「ホタルの夕べ」、これはヘルシー美里の所在地である三里地区にお住まいの皆様にお集まりいただき、野鳥公園のオシドリ池でホタルを観て楽しむという催しです。
昨今の情勢を鑑み、規模を縮小して開催しました。参加者は主に早川北小学校の子どもたちとその親御さんです。
IMG_2576.JPG
私ナベシが、拙いながらメインガイドを務めさせていただきました。

IMG_2578.JPG
みんなで火をともした提灯を持ってホタルの観られる池へと向かいます。
明かりのほとんどない空間を、いくつもの提灯が並んで進んでいく様はとても幻想的で、どこか妖しげな雰囲気さえ醸し出していました。

オシドリ池では、例年のようにホタルがたくさん舞っているところを観察しました。
オシドリ池に生息している光るホタルの名はヘイケボタル。小さな体で、真っ暗な森の中を懸命に光りながら飛んでいます。
日没直後には数個体しか光っていませんでしたが、時間を追うごとにだんだん増えていき、ピーク時には数十個体のホタルが乱舞していました。
僕たちはオシドリ池のホタルがいつごろ飛び始めて、何時ごろに最も数が多くなるのかを調べています。
そんな生物調査のお話も交えながら、みんなで楽しくホタルを見守りました。
hayakawa_hotaru3.jpg


この「ホタルの夕べ」を通して、子どもたちも早川町の豊かな自然をホタルを通して体感することができました。
自然や郷土を好きでいてくれる人たちがいれば、こんな素敵な環境や催しも残していけることができると信じています。
また来年も、この光景が観られますように。


ナベシ
posted by 生態邑スタッフ at 20:22| 山梨 ☁| Comment(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]