2020年05月21日

野鳥調査報告5月

こんにちは、テツです。

野鳥調査の5月期のご報告です。
夏鳥たちが揃ってきましたよ!

野鳥公園では、夏鳥たちの繁殖も始まったようで、さえずりが早朝のみになってきていました。
しかし、渡来が遅いグループは昼でもさえずり真っ盛りです!
特にジュウイチは複数個体いるようで、盛んに鳴き合いを繰り広げていました。
他、オオルリ、キビタキ、センダイムシクイ、コサメビタキ、サンショウクイ、カラ類など

P5201129.JPG
(さえずったり、エサを運んだりと忙しそうだったコサメビタキMuscicapa dauurica)


河原では、オオルリの声がよく響いていました。
メジロやキセキレイたちは子育てに忙しいようで、虫を捕らえて運んでいく様子を確認しました。
他、セグロセキレイ、ハクセキレイ、イカル、イカルチドリ、カワラヒワなど

P5181075.JPG
(川の音とオオルリCyanoptila cyanomelanaの声がよく合います)


林道では、キビタキやオオルリが良く鳴いていました。
幼鳥を連れたエナガの家族群れや
バチバチと音を立ててケンカしているセンダイムシクイなどもいました。
他、ヤブサメ、ツツドリ、コガラ、サンショウクイなど

P5141069.JPG
(時折、鳴き合いをしながらさえずっていたキビタキFicedula narcissina)


畑では、ホトトギスやジュウイチなどの杜鵑類がよく鳴いています。
なわばりが確定すると、あまり鳴かなくなるので、聞けるのはもう少しの間でしょうか。
また、畑の近くの針葉樹林でサンコウチョウを確認しました!
とても小さい林だったのでおそらく通過してしまうと思いますが、うれしい出会いでした♪
また、野鳥公園の駐車場近くでシジュウカラが子育てに勤しんでいます。
オスもメスも一生懸命エサを運んでいるので、お越しになった際には是非探してみてください!

P5211195.JPG
(野鳥公園駐車場のそばで子育てしているシジュウカラ♂イモムシを捕まてきました)


鳥たちそれぞれの子育てが進んでいます。
運よく見つけられると、とっても心が和やかになりますよね♪
ただ、観察するときは子育てに影響のないようにくれぐれもご注意を!


今回、確認した種
キジバト、アオサギ、ジュウイチ、ホトトギス、ツツドリ、イカルチドリ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、サンショウクイ、サンコウチョウ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、クロツグミ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ


posted by 生態邑スタッフ at 18:02| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]