2020年05月15日

ムネアカオオアリの結婚前夜(?)


みなさま、いかがお過ごしでしょうか。ナベシです。
今日は僕の好きな昆虫についてお話しようと思います。


野鳥公園にある管理棟、その壁をよく見てみると・・・
20200515_134505.jpg
真ん中より少し上の所に穴が開いているのが見えますか?これはおそらくアオゲラが突いてできた穴ですね。餌を探したのか、ここを寝床にしようとしたのか・・・どちらにせよ、勝手に穴を開けられては困りますねえ。
この穴を覗いてみると
20200515_134340.jpg
黒と赤の虫がうごめいています。
摘まんでみるとこんな感じです。
20200515_134323.jpg
そう、みなさまご存知かと思いますが、アリという昆虫です。このアリはムネアカオオアリといいます。


この管理棟の壁に勝手に巣くっているムネアカオオアリは本来朽木に巣を造ります・・・って、管理棟は朽木じゃないよ!
写真にはうまく撮れませんでしたが、この穴の中には翅の生えたアリが複数確認できました。これらは去年羽化したオスアリと新女王アリで、雨上がりの日中に飛び立ち、空中で交尾をします。これを「結婚飛行」といい、アリの仲間ではよくみられる習性です。交尾を終えた新女王バチは地面に降り翅を自ら落とします。その後巣を造る場所を探し、巣造りや子育てをしばらくの間単独で行います。
「結婚飛行」なんて、ロマンチックな名前ですね。これからの季節、天気のいい日に森や林の中の開けた空間をぼーっと眺めていると、翅の生えたアリたちが飛び回っているのが観察できるかもしれません。
20200515_134443.jpg
・・・写真を撮ったり覗いたりし過ぎたせいか、ムネアカオオアリたちがざわついてきましたね。今日はもうお暇しましょう。


さて、天気予報では明日は雨が降りそうです。
もしかしたら、明日雨が止んだ後の16日か17日かに、このムネアカオオアリたちのハネムーンが見られるかもしれません。



ナベシ



posted by 生態邑スタッフ at 19:22| 山梨 | Comment(2) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
穴の感じや建材の状態からクマバチのお古の巣穴にも見えますね。そこにムネアカオオアリが営巣したのかもしれませんね。
結婚飛行たのしみですね。
Posted by 通りすがり at 2020年05月16日 12:47
>>通りすがりさん

コメントありがとうございます。
確かに、アオゲラにしては綺麗に空きすぎている気がしますね。自分もクマバチは大好きなのですが、枝などの長い棒に営巣するところばかり見ていたのですが、こういった壁にも営巣するのですね。
結婚飛行については、続報を読んでいただければと思います!
Posted by ナベシ at 2020年05月22日 12:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]