2018年06月22日

インターンのご紹介!

こんにちは!わくわくちゃんです。
今日はネイチャーガイドツアーの様子
image4.jpeg
どんな生きものがいるのかな?
まだ成長途中のバッタや、動物の食べたクルミを観察しました!

ヘルシー美里・野鳥公園に来ているインターンのご紹介です♪
はじめまして。
東京から来ました、「あめさん」こと、雨宮といいます!
大学ではツメクサという植物を50株以上も栽培し、どんな成長をするか研究していました。
image2.jpeg
今日はいいお天気だったので、芝生の上で寝転んでみると・・・こんなものを見つけました!
image7.jpeg
ピンクの綺麗な花が付いたこの植物。
東京の住宅街にも生えているので見た事ある方も多いかと思います。

よーくみると、小さな花が茎にらせん状についています。
この形から「ネジバナ」という名前がついています。
image5.jpeg
実はこのくるくると巻いている花、巻いている方向には2パターンあるんです!
image1 (1).jpeg
右の株が右巻き、左の株が左巻きです。
この右巻きと左巻きの個体は、1:1の割合で存在するといわれています。
今、野鳥公園の芝生に生えているネジバナをランダムに30株数えたところ、右巻きが10、左巻き20でした!

左巻きの方が多かったのには何か理由があるのでしょうか?
30株しか数えませんでしたが、もしかしたら生えている物すべて数えたら同じ数になるのかもしれませんね。
他の場所でも数えてみたいと思います!
結果は是非あめさんに聞いてみてください♪
posted by 生態邑スタッフ at 16:41| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あめさん、そもそもなんで ”ねじれる必要があるのか?” 教えてください。お願いします。
Posted by かえるのエルタ at 2018年06月27日 21:27
あめさんのインターン期間が終わってしまったので、私が代わりにお答えします!

植物の花は、元は「葉」が変形したもの。
植物の互生している葉は、よく見ると螺旋状に付いています。上から見ると分かりやすいですよ!
それが元で、ネジバナの花もねじれているのだそうです。
Posted by わくわくちゃん at 2018年07月02日 11:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]