2018年06月07日

雨上がりの新発見!

わくわくちゃんです!
雨が上がり、今日は気持ちがいいくらいの快晴です!
image2 (8).jpeg

地面が湿り、森の足下には・・・。
image1 (16).jpeg
小さなキノコがたくさん!
雨で一気に出てきたのでしょう。
image4 (2).jpeg
また、キノコの他にもこんな花が。
可愛らしい白い花を付けているのは、イチヤクソウといい、薬になる植物。
下を向いている花を触ると、花粉が飛んでいきました!
一体どんな生きものに花粉を運んでもらっているのでしょう?

気になり少しの間観察をしましたが、花に生きものはやって来ませんでした。
白い花は夜でも目立ちます。もしかしたら、ガなどの夜行性の生きものが訪れているのかもしれません。
夜に再び観察をしてみたいと思います!

雨上がりは新たな発見のチャンスです。
是非おうちの周りでも自然観察してみてください♪


P.S.イチヤクソウと書きましたが、正しくは、同じイチヤクソウ科のウメガサソウでした。失礼しました。
梅のような花が笠のように下を向いているので「梅笠草」という名前だそうです。
園路内にいくつも花をつけているのが見られますよ!
posted by 生態邑スタッフ at 12:49| Comment(2) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わくわくちゃ〜ん、こんにちは!

『どんないきものが花粉を運んでいるのか?』私も気になります・・・ヒントは『花が下を向いている』でしょうか・・・

庭木や植物に詳しいのはテツさんでしたよね。
わくわくちゃんが観察で見つけられなかったら
「テツさん、ヘルプ!」です。だt
Posted by かえるのエルタ at 2018年06月09日 16:33
かえるのエルタさん

植物はまだまだ知らないことばかりです!
自分自身で解決できるように頑張りますが、もしかしたらテツにヒントを求めることになるかもしれませんね・・・。
答えを聞くのは悔しいので!笑
Posted by わくわくちゃん at 2018年06月13日 13:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]