2018年05月25日

今日はもりもりキッズ

こんにちは!よっしーです。

今日は「もりもりキッズ」の日。早川南保育所から4名のこどもたちが野鳥公園に来て、自然体験をしました。

今日のテーマは、野鳥のお父さんお母さんはヒナにどんな食べものをあげているか?
RIMG4108.jpg
先月見た時は卵だったけど、その後どうなったかな?
みんな真剣な眼差しでモニターを観察しています。
すると、
RIMG4110.jpg
「この卵にヒビがある!」と卵の変化に気が付きました。
そして、孵化の瞬間をみんなで観察しました。
RIMG4122.jpg
その後は親がヒナに食べ物を運ぶ様子も観察。どんなのを運んでいたかな?

親鳥の子育ての様子を観察した後は外に出て、野鳥が鳴いている近くにはどんな昆虫たちがいるかを調べます。

RIMG4124.jpg
これはビーティングという採取方法
葉っぱや枝などの下にネットを置き、棒などで木を揺らすと、いろいろな生きものがポロポロと落ちてきます。
この方法では木にいる肉眼だけではなかなか見つけられないような小型の生きものなども採集できたりします。

今回は傘を使って、落ちてきた生きものをこどもたちにキャッチしてもらいました。
RIMG4128.jpg
さー何か捕まったかな?


捕まえた昆虫たちの表にシールを貼ってカウントします。
RIMG4136.jpg
色んな生きものたちがいたね。

ここで、シジュウカラの親が運んでいた生きものをカウントした表と見比べ。
RIMG4137.jpg
どんな生きものが多いかな?
「幼虫!!」
そう!外にはたくさんの生きものが棲んでいるけど、親鳥たちがヒナに運んでくるのはチョウやガの幼虫たち。
親鳥たちはちゃんとヒナが食べやすいように柔らかい幼虫を選んで運んでいるんだね。

そして、もう一つ質問。
1日に親鳥たちがヒナにご飯を運ぶ回数はどのくらいかな?

これはわくわくちゃんが録画映像を見てカウントしてくれました。
答えはこちら
RIMG4143.jpg
なんと135匹もの生きものを運んでしました。

ちなみにこれはヒナに運んだ分なので、自分が食べる分を合わせるともっと数は多くなるでしょう。
みんなヒナが食べやすい生きものや自分が食べる生きものを探す大変さを自然体験を通して学びました!

次はどんな自然のふしぎに出会えるかな?また野鳥公園で会いましょう!



posted by 生態邑スタッフ at 15:32| Comment(3) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よっしーさん、わくちゃん、みきおさ〜ん、『モリモリキッズ』私も参加したいです!!
だって、すごく楽しそう♪幼いながらビーティングという研究者のみなさんも使う手法で自然観察しているなんて!!

きっと、この子達の中には将来、素敵な学者さんや研究員さんが誕生するのではないかと歓心しています。幼子だからと言って観察の手法を幼稚にしていないのがみなみアルプス野鳥公園スタッフの素晴らしいところだな・・・とも感じています。

自分以外のいきものが何を食べているのかな・・・?って、すごくよい調査ですよね!

食べることの重要性と、食べ物を無駄にしないこと。生き物が大人になるまで、どれだけの食べ物が必要で、そこにはいつも母さん&父さんの存在と苦労、愛情があることを子供たちには知って欲しいですね♪

私が子供のころの日課と言えば、幼稚園に行く前に早朝、必ずアメリカザリガニをバケツ一杯取りに行くことでした。今に思えばザリガニさんたちに申し訳ないことをしたな・・・・と反省しています。

でもなんだか、幼い時は、いっぱい採りたくなっちゃうんですよね〜。
Posted by かえるのエルタ at 2018年05月26日 10:00
かえるのエルタ様

コメントありがとうございます!
そうですね♪
この町で育った子ども達が、研究者になってくれたらとっても嬉しいです♪
そうでなかったとしても、今回の体験から
「芋虫、畑のお野菜食べてしまうのは困るけど、鳥の赤ちゃんの大事なごはんになるかもしれないから、つぶさないでおこう」
なんて気持ちになってくれたら嬉しいな、と思っています♪
Posted by みきお at 2018年05月31日 18:29
みきおさん、こんにちは。

長野の化石が沢山出る地域から、(女性なんですが)良い研究者が生まれて、街の誇りだと言われている場所にお邪魔したことがありますが
早川町からも鹿や野鳥に詳しい研究者が出てくれたら、本当にうれしいですね!

専門家も受け入れる・・・自然やいきものが大好きな普通の人も受け入れる・・・そんな早川であってほしいです!(ごめんなさい・・・既になっていますよね・・偉そうにごめんなさい)

『鳥の赤ちゃんの大事なごはんになるかもしれないからつぶさないでおこう」のコメントは、研究者もいきものが好きなだけの私にも共通する願いです♪
Posted by かえるのエルタ at 2018年06月05日 09:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]