2018年05月06日

シジュウカラ新聞G号目!ヒナの体

みなさんこんにちは!
はぎさんです。

昨日ですべてのヒナが孵りましたね!!
今日はヒナをよく、観察したいと思います。
ヒナの目を見てみると・・・
Inkedunnamed (2)_LI.jpg
(丸で囲んであるのがヒナの横顔で、
矢印の黒い丸が目です。)

まだ、開いていません。
ふつう、生後10日目ぐらいに開くと言われているので、
15日前後には目が開きそうです!!

また、ヒナの羽根が生えそろっていません。
そのため、このようにお母さんが上に乗って、
ヒナの体温が低下しないよう温めています。
unnamed.jpg
早川町は、昨日も夜になると気温が13度ぐらいに下がるので、
ヒナたちだけでは凍えて死んでしまいます。
お母さんが集めた巣材のシカの毛と
お母さんのお腹がヒナたちの布団代わりになっているのですね。

また面白い発見をしましたら、随時シジュウカラ新聞で報告していきたいと思います。

posted by 生態邑スタッフ at 20:36| Comment(2) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はぎさん、こんにちは!

どのいきものも、両親の苦労は同じですね。改めて親に感謝です。

お首もふらふら・・・目も見えないうちは心配ですが、やっぱ、可愛いですね♪

次は巣立ちの瞬間がみれたらラッキーです!

Posted by かえるのエルタ at 2018年05月07日 11:17
かえるのエルタ様

こんばんは!!
本当に親に感謝ですね。
頭に少し毛が生えてかわいいです笑

巣立ちの瞬間、ほんとうに見たいです!
Posted by はぎさん at 2018年05月07日 20:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]