2018年03月23日

カエル合戦始まりました

こんにちは!よっしーです。

今日は研修棟の近くで、久しぶりにこんな生きものに出逢いました!
RIMG3966.jpg
そう、アズマヒキガエルです。
メスのアズマヒキガエルに、オスのアズマヒキガエルが覆いかぶさっています。
アズマヒキガエルは初春に皆で申し合わせたかのように集合し、メスを奪い合う「カエル合戦」と呼ばれる産卵を行います。何十匹、時には何百匹ものカエルが一つの水場に集まるのです。

ちなみに、アズマヒキガエルたちは嗅覚を頼りに池へ向かっています。
池や池の周辺の匂いを覚えている、もしくは一度通った道の匂い覚えているなどの説があるそうです。
このアズマヒキガエルが向かっている方向も、野鳥公園の「オシドリ池」の方角でした。
・・・オシドリ池まであともう少し。
RIMG3984.jpg
新しい命を繋ぐため、のそのそと歩くアズマヒキガエルの姿が何とも頼もしく感じられます。

また、写真を撮っていると近くの斜面から「クッ、クッ、クッ」とアズマヒキガエルの声が聞こえてきました。
斜面を探してみると・・
RIMG3981.jpg
1匹のメスに3匹のオスが抱きついていました。
RIMG3981 - コピー.jpg
AがメスでB、C、Dはオス。
先ほどの鳴き声は、Dに抱きつかれたCが「オレはオスだから放せ」と鳴いていたようです。

メスを独り占めできるかどうかをめぐって、オス同士が争う「カエル合戦」がもう始まっていました。
去年は4月8日に池へ集まりだしたので、今年は去年より早くにオシドリ池にアズマヒキガエルたちが集合しにぎわうと思います!
今後もアズマヒキガエルの産卵の経過を観察していきます。

posted by 生態邑スタッフ at 15:56| Comment(2) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よっしーさん、こんにちは!

ヒッキーの季節がきました♪

あ〜んっ、こんなに重なってきたら女の子が圧死しちゃいます・・・・・

でもそれだけ遺伝子を残すことに最大の意味があるのですね。

がんばれっ、ヒッキー!エルタは同じかえるとして応援してます。

追記:でももうちょっと水辺に近いところで頑張ればいいのに・・・・
Posted by かえるのエルタ at 2018年03月27日 10:52
かえるのエルタさんコメントありがとうございます。

オスもメスも産卵のシーズンは活発的に動いていますね。
観察しているとその必死さが伝わります!

また、大きくなったらオシドリ池に卵を産みに来て欲しいですね。
Posted by よっしー at 2018年04月07日 18:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]