2018年02月26日

森の正露丸

こんにちは!よっしーです

今日は天気もよく、野鳥公園は暖房がなくても大丈夫なくらい暖かい一日でした。
朗らかな陽気のためか、久しぶりにムササビも顔を出してくれましたよ。
RIMG3802.JPG
巣箱に頭を乗せてこっちを見ていますね。
鼻の上が黒っぽいので、去年の7月に生まれたどろぼうちゃん(あだ名)だと思います。

そしてムササビを観察しながら地面に目をやると、こんなものを見つけました。
(黄色い矢印)
1519626172456.jpg
正露丸?
いえいえこれはムササビのウンチです。
RIMG3806.jpg
約6mmほどのウンチがアカマツの根元にコロコロと落ちていました。

木屑が固まったようなウンチで崩してみると写真のように細かくパラパラになります。1519626170985.jpg

ウンチの中身はおそらくコチラ
1519626165758.jpg
アカマツの新芽です。

ウンチの近くにムササビが食べたと思われる食痕が落ちていました。
1519626169115 (2).jpg
右の新芽は先端部分がスパッと綺麗に切れているので、ムササビが前歯で食べた痕だと思われます。

ちなみに、管理棟前のアカマツにはムササビのたくさんのウンチが落ちています。
皆さんもぜひ探してみてください。
RIMG3812.JPG
何個あるかわかるかな?

答えはコチラRIMG3812.jpg

posted by 生態邑スタッフ at 16:49| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]