2018年01月31日

使っていない巣箱も使っていた!

こんにちは、わくわくちゃんです。
今日は驚きの出会いが!

使っていない巣箱を掃除しようと、ふたを開けると。

RIMG3427.JPG


中には紙や枯葉がいーっぱい!
布や紙なども巣材にする、ネズミの巣によく似ているな。と思っていたら・・・。

IMG_20180131_153752.jpg



中からヤマネが顔を出しました!
すぐに巣の中へと戻ってしまったので写真は撮れませんでしたが、こんな小さな生きものです。

IMG_0105.jpg
冬眠中のヤマネ。巣箱の中ではこんな様子だったのでしょう。


ヤマネは8p程の夜行性の哺乳類で、寒いところでは半年間冬眠し、
樹洞にコケや樹皮を集めて巣を作ります。

今日の巣箱の中には紙や枯葉ばかりが入っていました。
もしかしたらネズミの作った古巣を利用していたのかも知れませんね。
以前は、ヤマネがムササビの巣箱を使っていることもあったようです。


お休みのところを起こしてしまったので、ヤマネには申し訳ないことをしてしまいました。

気温が12℃以上になると冬眠が終わり、活動を始めるそうです。
暖かくなるまでは動かさずに、そっとしておこうと思います。


ヤマネも暮らす野鳥公園。この自然を守りながら、お客様に常に発信していきたいと思います。
様々な生き物の住む森に遊びに来て下さい♪
posted by 生態邑スタッフ at 20:14| Comment(4) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、ヤマネの生息調査をしています杉山と申します。
ヤマネ発見事例は大変に貴重です。
是非、環境省の「いきものログ」に報告しませんか?
(アドレス張れませんでした)
目撃事例の集積でヤマネの新たな生息状況が判明しヤマネの保護・保全につながる事と思います。
ご検討の方よろしくお願いします。
Posted by 杉山昌典 at 2018年02月02日 19:37
杉山様
コメント、そして貴重なご意見ありがとうございます。遅くなりましたが、先程いきものログに登録いたしました。早川町は南アルプスエコパークに登録されている地域でもあり、私どもも人と自然の共生を目的に活動しております。いくつかの大学の研究フィールドにも使っていただいておりますので、今後も登録し保全に役立てていきたいと思います。今後とも何かありましたらご意見いただけたら幸いです。ありがとうございました。
Posted by 大西信正 at 2018年02月04日 16:26
早速に「いきものログ」へのご報告を真にありがとうございます。
ヤマネを昔から林業に携わる人々は守り神として大切にしてきたと聞きますが、その守り神とされているヤマネは普通に見たくても簡単に見られない「正に珍獣」であり、夜行性のヤマネを見かけることは、一部の選ばれた人のみ見ることが出来る幸運かもしれません。

この度は貴重な写真を拝見させて頂きましてありがとうございました。
Posted by 杉山昌典 at 2018年02月08日 12:36
杉山様
返信ありがとうございます。野鳥公園ではムササビの子育てを麻布大学と共同研究をしたり、早川町全域のコウモリ利用種と分布を調べたりなどしています。これを機会にヤマネの保全に向けて少しずつですがアクションを起こそうかとスタッフで話しています。幸い山梨には湊さんもいらっしゃるし、杉山様からご意見いただけたことも何かの縁かと思っております。私自身はシカの研究をしていたのですが、このところ動物の基礎科学的な研究・調査が少ないので野鳥公園ではそこは大事にしていきたいと思っております。また今後ともこれを機会によろしくお願い致します。
Posted by 大西信正 at 2018年02月10日 02:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]