2018年01月20日

イベント報告!早川バードウォッチングツアー 憧れの冬鳥に出会う(2回目)

こんにちは、よっしーです。
第1回目に引き続き1/15〜17で開催された第2回目の「早川バードウォッチングツアー憧れの冬鳥に出会う」のご報告です。
今回も多くの方にご参加いただき、大盛況となりました。
さて、ツアーの方は様々な冬鳥たちに出会うべく、早川町内を色々と巡りました。

1日目、ツアーが始まってすぐにヘルシー美里の裏の山ではクマタカが飛びました!
RIMG3264.jpg
いきなりのクマタカに皆さん大賑わい。畑ではホオジロやカシラダカがいましたよ!
また、野鳥公園では珍しくムササビが巣箱から顔を出してくれました。
DSCN6113-001.JPG
(参加者の方撮影。ありがとうございます)
予想外のサプライズに皆さん大興奮でした!

2日目の午前中は林道へ
林道ではカラ類の混群やキクイタダキ、クマタカを観察し、奥の広場ではエナガの群れやカワガラス、ジョウビタキ、ルリビタキなどをじっくり観察できました。
RIMG3287.jpg
広場でまったり休憩中。この後、写真の左側のハゼノキで実を食べるルリビタキを観察しました。
午後は「早川」という名前の集落へ行きました。
ここではノスリ、ジョウビタキ、ホオジロ、カシラダカなどが観察できました。
RIMG3305.jpg
そして、そろそろヘルシー美里に戻ろうとしたところで、なんとベニマシコを発見!
中々藪から出てきてくれませんでしたが、皆さん観察することができました。

いよいよ最終日!
この日は雨でなかなか鳥たちが動かず観察しにくかったですが、野鳥公園管理棟周りではルリビタキやミソサザイ、カヤクグリなどが見れました。
また、園内ではカラ類の混群やアカゲラ、そして50羽ほどのマヒワの群れとも出会えました。
RIMG3325.jpg
(参加者の方のカメラ越しに撮影。ありがとうございます)
特にカヤクグリは長い間すぐそばで地面をついばむ姿を見せてくれました。

最終日は雨でしたが、森から畑、林道と色々な環境で野鳥が観察できたツアーとなりました。
ご参加いただいた皆様本当にありがとうございました。
RIMG3309.jpg
また夏鳥の季節にお待ちしてまーす!
posted by 生態邑スタッフ at 12:12| Comment(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]