2017年09月28日

秋のキノコと野鳥たち

こんにちは、おがちゃんです。

秋の気配が感じられる園内では、いろいろなキノコが見つかります。その一部を紹介します。
170928_2.jpg
雨を受けて名前の通りヌメヌメしているヌメリイグチ。
さわるとべたべたしています。

170928_3.jpg
一見キノコには見えませんが、ホウキタケのなかま。

170928_1.jpg
アカマツから生えた栗まんじゅう…ではなく、ヒトクチタケのなかま。

最近は町内でも食べられるキノコが店先に登場しています。
野鳥公園入り口の「おばあちゃんたちのお店」(土日開店)にも珍しいキノコが並ぶことがありますので、ぜひチェックしてみてください!

さて、観察ルームでは、ヒマワリの種を入れるとヤマガラがひっきりなしにやってくるようになりました。
時々コガラやヒガラが混じっていることも…。

170928_5.jpg
どの種にしようか迷うヤマガラ

170928_4.jpg
種を選ぶとすぐ飛び去ります!

もう少しすると、ここにゴジュウカラもやってきます。
来週は10月、冬鳥の到来が待ち遠しいですね。
posted by 生態邑スタッフ at 16:41| Comment(1) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おがちゃん、こんにちは!

先日もおがちゃんの追加給餌でヤマガラさんたち、とても喜んでいましたね♪冬前の貯蓄時期、自然に深入りしない程度に”お助け”できたらいいですね。

きっと、ヤマガラ母さんは、『おがちゃんっていう優しい人が、あそこにはいるから、食べるものに困ったらおがちゃんを訪ねていきなさいね。』って次の世代の子にも伝えるかもしれませんね(笑)
Posted by かえるのエルタ at 2017年09月29日 16:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]