2017年09月14日

ムササビ赤ちゃん、外を見る

こんにちは、おがちゃんです。

170914_3.jpg
芝生広場のナナカマドも、だんだん赤くなってきました。
モズも高鳴きをしています。
一日ごとに秋が深まっていく気配を感じますが、今日は朝こそ秋の涼しさですが、日中は暑い1日でした。
お越しの際は、薄手の上着をお持ちください。


さて、今日のムササビ赤ちゃんですが、朝からお母さんのおなかの上で跳んだりはねたり大騒ぎ!
壁に向かってよく飛び跳ねていましたが…

170914_1.jpg
※画面上部に巣箱の出入り口があります。
ん!?このポーズは?!外から巣箱を見てみると…

170914_4.jpg
「まぶしいなぁ」
 
子ムササビが巣箱から顔を出していました!確認したのはこれが初めてです。このあとも何回か顔を出していましたよ。
ついに外が見られるくらいの大きさになったんですね。
人間の赤ちゃんのように、大騒ぎしたり、お母さんのおなかの上でおっぱいをのんだり、ぐうぐう寝たり…
次々にいろんな姿を見せてくれて飽きません。




ムササビの昼の姿は野鳥公園開園中にいつでも見ることができますが、夜行性の彼らが本領を発揮する夜の姿を観察するプランがあります。
昼間は寝ているムササビが、夜の森へ出かける姿をガイドと一緒に見てみませんか?
おまちしてま〜す。

 
posted by 生態邑スタッフ at 15:01| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]