2015年12月07日

田んぼの虫の、いま

こんにちは。
ふくちゃんです。

早いもので、今年もあと1ヶ月をきりましたね!

だんだん冬らしくなってきて、昆虫たちを目にする機会が減ってきました。
この時期、昆虫たちはどこに潜んでいるのでしょうか。

そこで、田んぼで虫を探してみました。

R0147480.JPG
みんなで稲刈りをした後、田んぼは水が抜かれ、今はこのような状況です。
水の中を泳ぎ回っていた水生昆虫たちは、どこにいったのでしょう。

田んぼの中においてある、ワラや石をどかしてみると・・・
R0146857.JPG
いました!
隙間に隠れてじっとしている、この虫はなんだか分かりますか?

R0146867.JPG
コオイムシです。
5月ごろになるとオスが背中に卵を背負って、幼虫が孵るまで世話をする水性のカメムシの仲間です。

田んぼに水がない時期は、こんなところで冬越しをしているんですね。
コオイムシの他にもアメンボの仲間が隠れているところを見つけました。

春になり、また田んぼに水がはられれば、元気よく泳ぎ回るコオイムシたちが見られますね。
それまでは、冬ならではの自然観察を楽しみたいと思います。
posted by 生態邑スタッフ at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック