2013年06月07日

ツアー報告「早川バードウォッチングツアー 憧れの夏鳥に出逢う」

こんにちは、テツです!

先日開催しましたエコツアーのご報告です。
5月31日〜6月2日で行われたのは、「早川バードウォッチングツアー 憧れの夏鳥に出逢う」
2泊3日の探鳥ツアーです。


1日目
当初は雨予報でしたが、開催日が近づくにつれて晴れ予報となり、当日もバッチリ青空が広がりました。
初日はウォーミングアップもかねて野鳥公園での観察です。

道中の畑でホオジロやカワラヒワ、イワツバメなど開放地を好む鳥たちを観察。
その後、野鳥公園の森の中では様々な鳥たちの声を聞くことができました。キビタキやイカル、コサメビタキなど森の中に棲む鳥を観察しました。

イカル.jpg
(つがいで行動していたイカルEophona personata 田村様提供)

夕食の後は夜の鳥探しに出発。
畑では残念ながらお目当ての鳥ヨタカには出逢えませんでしたが、
森では闇夜に響くフクロウの声に耳を傾けることができました。
※ちなみに翌日スタッフだけヨタカの声を確認してしまいました(笑)


2日目
「鳥たちの朝は早い」ということで日の出前から集合して、
トラツグミやジュウイチの声に見送られながら観察に出発。

月.jpg
(まだ月が輝いていました)

ヘルシー美里裏の沢沿いの林を進んでいくと、幻の赤い鳥アカショウビンの声が!
あちこち移動していたようですが、私たちの前には現れてくれませんでした、残念。


続いては一気に山を登り標高1000m以上の森へ。
実は同じ時期でも標高によって棲む鳥が変わるのです。子育て場所や食べ物を巡る競争の結果ですね。

そして、そこではゴジュウカラやルリビタキ、コガラなどに出逢うことができました。
ヒガラの子育ての様子も観察することが出来ましたよ。
このヒガラのペアは相当の子育て熱心のようで共に羽がボロボロになっていました。

ヒガラ.jpg
(ヒガラPeriparus ater 痩せていて羽もボロボロです。お父さんお母さんお疲れ様。 田村様提供)

ブナ林ではコルリもよく鳴いていて、お互いになわばりを主張しあう「鳴き合い」も確認できましたが、姿は最後まで見ることは叶いませんでした。

十谷峠・観察風景.jpg
(ブナ林の中での観察風景)

さて、夜は懇親会。野鳥談義や写真観賞で盛り上がりました。

スライド観賞.jpg
(参加者の方が撮影された写真を観賞中)

最終日はどんな野鳥に出逢えるでしょうか?


3日目
この日はアカショウビンが好む沢が流れる密で暗い林のある林道へ。
到着して間もなく彼らの声が聞こえてきました。その声を頼りに近づいていくと、ちょうど鳴き合いが始まりました!
「キョロロロロ」「キョロロロロ」と沢を挟んで盛んに主張しあっていました。
その後、片方が僕たちに気づいたのか急に鳴き止み、次にはかなり離れたところで鳴き始めると、
もう片方も鳴き止み、辺りには余韻が残るだけとなりました。

他にもオオルリや水浴びするキビタキ、キセキレイ、アオバトなどに出逢い、クロツグミのキレイな歌声を聴くことも出来ました。

オオルリ.jpg
(何度もソングポストに来て鳴いていたオオルリCyanoptila cyanomelana 田村様提供)


その後は再び野鳥公園に行き各々自由に観察を行いました。
水浴びをするセンダイムシクイやイモ虫をせっせと運ぶキビタキなどを観察していると・・・


DSCN2495キビタキ.jpg
(この日撮影したものではありませんが キビタキFicedula narcissina )


ゆっくりと空を舞うクマタカが出現!
森や畑、沢沿いの林、河原、林縁、高緯度の森、夜の森など様々な環境で観察を行いましたが、
最後に早川町の自然環境(急峻な山間部)を象徴するとも言えるクマタカに出逢う事ができました。

クマタカ観察風景.jpg
(クマタカ発見!)

そんな予期せぬ大物の登場で今回のツアーは終了となりました。


参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。
また早川町でお会いできる日を心待ちにしています。

乾杯.jpg
(乾杯!)


今回のツアーで確認した種
キジバト、アオバト、※ジュウイチ、※ホトトギス、※ツツドリ、※ヨタカ、※イカルチドリ、トビ、クマタカ、※フクロウ、※アカショウビン、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、※ウグイス、※ヤブサメ、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、※トラツグミ、※クロツグミ、※コルリ、ルリビタキ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ
※は声のみ
posted by 生態邑スタッフ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック