2007年03月05日

シメが来ました

昨日は本当に暖かかったですね。
私は法要で野鳥公園をお休みしたのですが、地元のお寺にいる間中ミソサザイがさえずっていました。
明日、6日は啓蟄(けいちつ)、落ち葉の下などで越冬していた虫たちが目を覚ます頃ですが、今年はもうすでにかなりの虫が目覚めてしまってるのではないでしょうか?

野鳥公園でも、あまりの暖かさで鳥の移動が始まっているようで、カヤクグリやミソサザイの姿がほとんど見えなくなってきました。
冬鳥よりも漂鳥(国内を季節で移動する鳥)のほうが先に移動を開始するようで、冬鳥は今のところ大きな変化は見えません。

いなくなった鳥はいませんが、今朝、シメがこの冬初めてエサ台に着ました。
毎年冬の終わりから4月いっぱいくらいまでエサ台に来るので、今年もしばらくはいてくれると思います。

posted by 生態邑スタッフ at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35258052
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック