2013年01月31日

湯めぐりとみそづくりツアーのご報告!

こんにちは、きくです。

先日開催した「湯めぐりとみそづくりツアー」のご報告を。
寒い日だからこそのみそづくり。
2日間ともよい天気に恵まれての開催になりました。

1日目はもちろんみそづくり!
みその材料、大豆は朝から釜をつかってことことと煮ます
20130127miso012.jpg
<煮えたかな?>

20130127miso001.jpg
<煮えたかどうかは食べてみよ♪>

このつまみ食いがたまらない。(笑)
食べずに確認するには、指でつぶしてみます。
芯までしっかり火が通っていれば、いざ、みそづくりへ!

20130127miso002.jpg
大豆を煮た汁も大事な材料のひとつ。これを「あめ」と呼んで、昔はシャンプーとして使われたとか。
大豆の煮える甘いにおいが立ちこめます。

今回は昔ながらの作り方にこだわって大豆は臼にうつし、杵で丁寧につぶしていきます。
これが結構な重労働。ほっしゃんもがんばります。
20130127miso014.jpg

その間に塩と麹をよく混ぜ合わせます。
今回は麦と米と両方の麹を半分ずつ用意しました。
20130127miso003.jpg

つぶした豆と塩・麹を入れる際、水分の調整に先ほどの「あめ」を入れます。
20130127miso007.jpg
ムラがないように混ぜこみます。
20130127miso008.jpg

混ぜこんだみそのもとを容器のなかへ。
20130127miso009.jpg

空気が入らないようにしっかり詰め込みます。
20130127miso005.jpg
およそ半年から1年後に完成。
今は色白のみそ。食べごろには茶色に。
完成がまちどおしいです。

20130127miso010.jpg
今回、みそづくりの先生をお願いした望月昭枝さん。

昭枝さんを囲んでお茶タイム。
20130127miso011.jpg
おもったより早くできたので、ゆっくりとお話を楽しみました。

20130127miso015.jpg
夕食では昨年の6月に仕込んだ梅酒で乾杯。
その後、夜のシカウォッチングに出かけました。
寒さを忘れて、食事に夢中なオスジカをじっくり観察してきました。
(私、写真も忘れてました・・・。)

2日目は西山温泉へ
早川町にある断層の見学をしながら、ヘルシー美里を北上します。
ヘルシー美里の温泉は化石海水を由来とする温泉といわれています。
断層がそうした化石海水を閉じ込めやすいそうです。
地球の大きな動きを感じながら、温泉にゆっくりつかります。

20130127miso016.jpg
途中、野鳥の声が。ルリビタキやウソがお出迎えをしてくれました。
持っていた双眼鏡で思わずバードウォッチングです。
20130127miso017.jpg
<写真はルリビタキ。ほんの数メートルの場所まで近づいてきました。>

今回の温泉は【慶雲館】さんにおじゃましました。
20130127miso018.jpg
<玄関先にある源泉を試飲。癖のない味です>
普段、日帰り温泉はできないのですが、ご好意で特別に入らせていただきました。
さらりとした肌触りですがしっかりあたたまるいいお湯です。

温泉とおばあちゃんに教わるみそづくりをテーマにした今回のツアー。
由来がわかれば温泉の入り方も作り方がわかればみその味も、
ひと味違った楽しみが広がります。

次は皆さんもひと味違う早川町体験にご参加ください。

次回は「こんにゃくづくり」に挑戦しますよ。
こちらもよろしくお願いします。

最後に、
ご参加いただいたみなさん、昭枝さん、慶雲館さん
ご協力いただきありがとうございました。













posted by 生態邑スタッフ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/317083014
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック