2006年12月23日

鳥見日和

今朝は朝からいい天気、放射冷却でとても寒かったのですが、太陽が出てからは風も無く、家の中にいるよりも外に出て日向ぼっこしているほうがいいくらい。
朝一番からウォッチャーの方もいらしたので、一緒にバードウォッチングしてしまいました。

まず朝一番、エサ台にエサをまいたのに鳥の数が少ないと思っていたらオオタカが出現、すぐ飛んで行ってしまいましたが、朝から猛禽類!

しばらく経って、コガラの声に誘われてカメラを担いでいくと、アカマツの高いところにキクイタダキが4〜5羽、シャッターも押せず、一緒にいた方も飛ぶ姿しか見てもらえませんでしたが、久しぶりにまとまった数のキクイタダキに出会えました。

キクイタダキの飛んだ方にカラの混群がいたので観察していたら、小鳥たちの警戒音と共にハイタカが現れ、そしてまたすぐに茂みの中に消え去ってしまいました。これで今日の猛禽類2種類目。

ハイタカが飛び去ってからしばらくたち、鳥たちも警戒を解き活動を始めたので再びエナガやコガラを見ていて、なんとなく空を見上げたら、“クマタカ”バンガローの上の辺りを帆翔中! しかもかなり低いところ!!

2006.12.23 kumataka??????.jpg

《クマタカ》
私もこんな低いところを飛ぶのを写せたのは初めて(だいたいカメラを持ってません、泣)、そして今日3種類目の猛禽! 今日はとってもいい感じ!

今日はまだまだいい事あるかもっ! ってことで、先ほどから赤い鳥たちの声がしていた休憩棟の方へいくと、やっぱりいましたベニマシコ、♂2メス1若1の4羽の群、今日はなぜかとっても警戒心が薄くてゆっくり観察&ブログ用の写真も撮れました。
2006.12.23 benimashiko.jpg

《ベニマシコ♂》

一緒に観察された方にも喜んでいただき、私も楽しんでしまいました。鳥さんたちからの、一足早いクリスマスプレゼントだったかな?


今日確認した鳥(※声のみ)
クマタカ、オオタカ、ハイタカ、アオゲラ、アカゲラ、コゲラ※、キジバト、キセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、カワガラス、ミソサザイ、カヤクグリ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、キクイタダキ、エナガ、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヤマガラ、ゴジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、カワラヒワ、ベニマシコ、ウソ※、スズメ、カケス、ハシボソガラス
水鳥 カルガモ、コガモ     その他 ガビチョウ(外来種)
番外 ホンドリス、ホンドタヌキ
posted by 生態邑スタッフ at 16:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
23日にお世話になったkassimisaです。
本当にありがとうございました。
ベニマシコ!クマタカ!!今年最後の早川訪問で最高の贈り物を頂きました。
なにより、管理人さんと一緒に観察をさせて頂いた事が、私たちにとって最高のクリスマスプレゼントとなりました。
オオタカの接近で餌場の鳥達がいなくなったり、モズの鳴き声でベニマシコたちが警戒をしたり…と、ただ鳥たちの姿を見るだけでなく、生活の一部を垣間見ることができて、今までとはひと味もふた味も違った経験をする事が出来ました。
当日のコンディションも良く、早朝3時起きをしたかいがありました。
また来年、伺いたいと思います。
よいお年をお迎え下さい。
Posted by kassimisa at 2006年12月25日 01:33
kassimisaさん、先日はありがとうございました。
あの日は本当に鳥の密度が濃かったですね。
私もなるべく来園者の方々と一緒に観察をしていきたいとおもっていますので、いつでも気軽に声をかけていただきたいと思います。
Posted by masa at 2006年12月25日 07:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック