2006年11月24日

冬に巣箱を使う鳥?

鳥の巣箱というと、春から夏にかけて子育てのために使うものというイメージが強いかもしれません。
でも、種類によっては繁殖期以外にも、ねぐらとして巣箱を使っている野鳥もいます。

たとえば、都会にもよくいるシジュウカラは、夜、寝るのに巣箱を利用するそうです。
ですから、春になってから巣箱を木に掛けるよりも、冬のうちに巣箱を掛けてあげたほうが子育てのために巣箱を使う確立が上がるそうです。

野鳥公園にも、夜のねぐらとして巣箱を使っている野鳥がいます。それが、下の写真の鳥。
野鳥公園に何回か来られている方なら誰かわかるでしょうか?

2006.11.16aogera002.jpg


ほっぺたに赤が入っていて、背中が緑色のこの鳥。
正解は・・・また今度のブログで書きます。(笑)

ヒントは、二つ開いている穴、ひとつはこの鳥が自分であけてしまいました。もうわかったかな?




posted by 生態邑スタッフ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28186406
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック