2009年01月28日

冬の食事事情

こんにちは

先日までに積もっていた雪はすっかり解けて、歩きやすくなりました。
暖かな日差しに誘われて、園内の調査をかねて散策へ。

090128mansaku.jpg

前回は寒そうな雪景色の中のマンサクでしたが、
青空の下で撮影すると「春はすぐそこ」らしさがでてきますね。

ですが、ふと、あたりを見回すと・・・
090128genba.jpg

竹の葉がおよそ1メートルぐらいの高さできれいに
なくなっていました。
「もしや?」と足元には、
090128hannin.jpg

黒い豆・・いや、シカのフンが。
(お食事中の方、ゴメンナサイ)
犯人の物的証拠です。これがあちこちに散らばっています。
どうやらこのあたりは、彼らの食堂のような場所のようです。
食べるものが少なくなる冬は竹の葉は貴重な食べ物。
1メートルから1.5メートルの高さの葉はほとんど食べつくされていました。
他にも木の皮なども食べます。こちらは歯形までしっかりついてます。
090128genba02.jpg

春は近いな〜と思っても、森の動物たちには
まだまだ厳しい冬の食事事情。
花や植物の芽吹きでにぎやかになる春の訪れを待ちわびているのは
人間も動物たちも同じですね。

byきく
posted by 生態邑スタッフ at 12:40| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。初めてのバードウォッチングに参加させていただいた中山です。家のまわりでもいろいろな野鳥に出会えます。ジョウビタキ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、キセキレイ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ホオジロ、ルリビタキ、スズメまでは確認できました。双眼鏡で切り取った小鳥の映像のとりこになり始めています。近いうち皆さんに会いに家内とお邪魔します。
Posted by 中山治己 at 2009年02月04日 21:44
中山治己さま、コメントありがとうございます。
あれからお二人で色々な野鳥を観察されているようですね!双眼鏡を使ってじっくり観察すると小鳥達は本当にかわいいですよね♪
どんな出会いがあったのか、ぜひまた聞かせてください。一緒に鳥を探しにいきましょう。
Posted by masa at 2009年02月05日 13:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック