2009年01月23日

冬鳥に出逢う旅のご報告♪

遅くなりましたが、今日は1月16日〜18日に実施した「早川で冬鳥に出逢う旅」のご報告をさせていただきます。

まず1日目、早川の河原に行きました。
鳥を見ながら歩いていると野鳥公園の上空に黒い影・・・なんと早速のクマタカの歓迎です。この日は午後からの開始でしたが、ベニマシコやカワガラスなど24種類の野鳥を観察できました。

夜は月も雲もない絶好の星見日和!星座早見盤を片手に外に出てみたのですが、星が見え過ぎて星座がわからない(汗)。あれがこの位置だから・・・と首が痛くなるほど見上げ続けた結果、オリオン・カシオペア・牡牛・冬の大三角・天の川は何とか自信も持って言えるくらいになりました。
そのまま今度は野鳥公園へ。つり橋の上からライトを照らして、ホンドギツネとニホンジカ(立派な角のある雄ジカ)を観察しました。

yozorakansatu.jpg

デジカメが3枚の撮影で電池切れ表示になるほどの寒さでしたが、時間を忘れるくらい熱中していただき、このナイトツアーはお客様にはなかなか楽しんでいただけたようでした。

2日目の午前は野鳥公園に。すると早速ヤマセミが・・・そしてクマタカも最初に低いところを飛び、計4回確認できました。その他にもミヤマホオジロやキクイタダキ、ホンドリスなどをじっくり観察し、午後はカモの見られるポイントでオシドリを観察しました。

野鳥公園のミヤマホオジロ(望遠鏡からこんな風に見えます)
miyaho.jpg

野鳥だけでなく早川の文化にも触れるべく巨木を見に行ったところ、神社の壁が穴だらけに・・・。犯人はアカゲラかアオゲラでしょうか?

anadarake.jpg

3日目は少しだけ標高の高いところへ。
アトリやマヒワは見られませんでしたが、ウソが上空を飛んだり、ヤマセミとイカルが近くで観察できました。昼食後の解散でしたが、天気も何とか持ちこたえてくれて無事に日程を消化し、3日間で合計40種類の鳥類と3種類の哺乳類が観察できました。

次回のバードウォッチングツアーは5月29日〜31日の夏鳥ツアーです。
今回ご参加いただいた方にも、また参加していただけるような濃い内容のツアーになる予定ですので、早川にいらしたことのない方もぜひご参加ください!!
                          (by どん)
posted by 生態邑スタッフ at 16:01| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
お久しぶりです。
初めてのバードウォッチングに参加させていただきました。その際は有難うございました。
あの時の楽しさが忘れられず、いまではすっかり”バードウォッチング”にはまってしまっている私です。(笑)

お陰様で人生楽しみが増えました。
次回”夏鳥・・・・”も参加させて頂く予定ですので、今から楽しみにしています。

では また。。
Posted by カッシー at 2009年02月01日 22:20
カッシーさん、コメントありがとうございます!
昨年はツアーにご参加いただき、ありがとうございました。
野鳥をじっくりと観察することの楽しさを伝えたいということが最大の目標だったので、バードウォッチングにはまっていただけたという事が、私たちスタッフにとっても大変励みになります!
夏鳥ツアーも5月29日〜31日の2泊3日で開催します。
また一緒に鳥談義をいたしましょう。私たちスタッフもお会いできる日を楽しみにしております!!
Posted by masa at 2009年02月02日 12:01
以前教えていただいたように、確かに冬は鳥を見やすい・・・ですね。
いい時期に初めました。
夏は葉が生い茂っているからどうなるんでしょうね?

それまでに、もう少し勉強しておきます。
と言うと堅苦しいですね(笑)

又 ツァー前に教えて貰いに出かけますので、よろしくお願いします。
Posted by カッシー at 2009年02月03日 12:57
カッシーさん、ふたたびありがとうございます!

葉っぱのない季節からバードウォッチングをはじめて、鳥の声などに体が少しでも自然に反応するようになるだけで、夏の鳥探しもずっと楽になると思いますよ!
きっとこの夏は、今まで見過ごしていた出会いがたくさんあると思います。
・・・鳥達も素敵な声でさえずる季節ですしね。

まだまだ寒い日も多いですが、そろそろ子育てを始める野鳥も出てきます。
そんな野鳥達の姿を一緒に観察できるといいですね!
またいつでも遊びにきてください。お待ちしてます〜!
Posted by masa at 2009年02月04日 11:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック