2008年09月21日

☆ざっこく☆

9月の初めには稲を刈り終えてしまった早川では、今の季節あちこちの畑で雑穀を目にすることが出来ます。

08.09kibi01.jpg

《キビ》
これはキビの穂。残念ながらこの写真を撮影する直前に実りのよさそうな穂は収穫してしまったそうで撮影できなかったのですが、今年は穂が重く、いいキビが収穫できたと畑のおばあちゃんが話してました!

08.09soba01.jpg

《ソバ》
こちらはソバの花。ただいまちょうど花がキレイに咲いているところ!もうしばらくするとソバの実が収穫できます。
町内では現役の水車小屋もあるので、うまくすると水車挽きのお蕎麦を食べることも出来るかも?!

08.09egoma01.jpg

《エゴマ》
こちらはエゴマ。あまりなじみが無いかもしれませんが、最近は健康食材として注目されているようです。

他にもアワやヒエといった皆さんも聞いたことがあるだろう種類から、赤もろこしなどのちょっと聞いたことのないものまで栽培されています。

本当はどんな実が採れるのか写真を載せたかったのですが、野鳥公園入り口のおばあちゃんの店はただいま在庫切れとのこと。
もう少し経つと、今年の新物がお店に並ぶそうなので、もし機会があればどうぞ!


雑穀の実りの季節を迎えている早川ですが、私達も今回、『そばと雑穀にふれる旅』を10月に行ないます!
雑穀の歴史がある早川で、早川が育んだ雑穀文化の昔と今を探り、その素朴な味を味わいたいと思います。詳しくは下記をご覧下さいませ。

他にもワイルドライフセミナーやカモシカを探しに行くツアーなど、今年は秋から冬にかけて色々なイベントを行なっていく予定です。詳細はおいおい告知しますので、よろしくお願いします。


『ソバと雑穀にふれる旅』

日時/10月18日(土)13:00〜19日(日)15:00

1日目:奈良田焼畑跡地見学〜雑穀を使った夕食会
2日目:そば畑見学〜そば打ち〜野鳥公園散策

参加費(一泊三食付)/
    早川サポーターズクラブ会員12,300円
    一般 13,000円
集合場所/ヘルシー美里
     ※18日(土)限定で高速バス「飯富」バス停より送迎あり
定員/20名(要予約)
宿泊先/ヘルシー美里
     ※夕食場所に郷土資料館内の囲炉裏端を予定してます。

お申込・お問い合わせ
光源の里温泉ヘルシー美里
TEL/0556−48−2621
FAX/0556−48−2622    までどうぞ!

posted by 生態邑スタッフ at 12:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

雑穀なのである
Excerpt: 山梨県早川町・南アルプス邑野鳥公園のブログ: ☆ざっこく☆網野善彦さんは「百姓は農民のみにあらず」と証明し、山の民や海の民の多様性を常民の歴史学として書かれた。 稲作だけが日本の農業のメインストリー..
Weblog: おやじのぼやき
Tracked: 2008-09-22 20:32