2020年09月09日

狩りバチ参上!

こんにちは!
わくわくちゃんです。
ブログに登場はお久しぶりですね♪

早川町も段々と秋に向かってるようです。
橋を渡っていると、風が涼しい・・・。
IMG_2726.JPG

おや?なにかがいるぞ?
IMG_2727.JPG
ロープの上にいる生きものをズームしてみると・・・。
IMG_2733.JPG
ハチが幼虫をくわえています!
このハチはスズバチといい、通称「狩りバチ」とも呼ばれています。

実は、幼虫には麻酔針を刺しており、生きているけれども暴れません。
捕まえた生きたままの幼虫を巣に運びこんだ後、卵を1つ産み落として巣の入り口をふさいでしまいます。
卵から孵化したスズバチが食べるために捕まえた幼虫なのです。

自分と同じくらいの大きさもある幼虫を、飛んで運ぶ姿につい「がんばれ!」と応援したい気持ちになります!


けれども、いったいこんな橋の上のどこに巣があるのだろう?
少し離れた場所でじっと観察していると。
IMG_2735.JPG
あ!幼虫を置いて行っちゃった・・・。
私が見ているのを警戒したのか、さっと置いて飛んで行ってしまいました。
ごめんね。

幼虫を触ると、少し動くけれども起き上がったり、移動したりはしませんでした。
スズバチの麻酔はすごい!
また取りに戻ってくることを祈ってその場を離れました。

もし幼虫を持って飛んでいるハチがいましたら、(わくわくちゃんのように)プレッシャーをかけ過ぎず、
そっと見守ってあげてください♪
posted by 生態邑スタッフ at 17:04| 山梨 ☀| Comment(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする