2020年06月01日

梅雨と生き物

こんにちは!
わくわくちゃんです。
6月になり、早速雨が降りました!
EBD9790D-0CB9-4600-AE0E-52F1DEACAF27.jpeg
デッキに小さな水たまり。
雨がやむと、山には雲がかかりました。

雨上がりの野鳥公園を散策すると。
8BCF737A-36F0-4E83-9B59-21DCA8975B5D.jpeg
足元に小さなカエルが!
指の先ほどの大きさ。
アズマヒキガエルの子供です。
森の中の湿った落ち葉の上を移動していました。

「ピックルル ピックルル...」
綺麗な音色が聞こえ、じっと待っていると。
FDB13241-91CD-4136-98FB-85835924A4FD.jpeg
黒と黄色の模様が特徴的な、キビタキのオスです。
どうやら縄張りを守るためにアピールしていた様子。
口には昆虫をくわえています。
鳴きながらも、食事はかかせませんね。

他にも、アカショウビン、ジュウイチ、アオバト、センダイムシクイなどの声も聞こえています。

気温が上がり、カエルやホタル、野鳥の動きが活発になる時期!
皆さんの周りにはどんな生き物がいるか、探してみてください。
posted by 生態邑スタッフ at 16:34| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

ホタル飛び始めてます!

こんにちは!
わくわくちゃんです。
毎年恒例、池でホタルが飛び始めました!
7C2907C9-31B2-4595-9205-97B4281C3EF1.jpeg
写真は過去のものですが、池の上をふわふわと飛び回っていました。

実はホタルの数は天気や気温、日によっても数が変わってきます。
421D13A2-21C2-48D2-BDA1-36FFDDCDF4A0.jpeg
一体何個体いるのか調査をしています。

8725953E-E1B3-4130-8E10-7262FED497B8.jpeg
まだまだこれから暖かくなるに連れて増えてくる時期。
ぜひ真っ暗な森で水面をとぶホタルを一緒に観察しましょう!

詳しくはこちら↓
79F1A758-395B-42D1-9BBF-0AC18980A640.jpeg
posted by 生態邑スタッフ at 18:29| 山梨 ☁| Comment(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

今日は何の日?


みなさま、お久しぶりです。ナベシです。

本日は僕がブログを書かせていただきます。というか、今日は僕が書かなければなりません!
それは、タイトルにもある通り。今日は何の日か、みなさまご存知でしょうか。
6月4日・・・6と4・・・。

そう!虫(64)の日なのです!これは日本記念日協会にも認定されています。


とは言っても、なかなか虫にまつわるネタは見つからないものです。
何か面白い虫はいないかなーとヘルシー美里周辺を探していると、フラフラと不安定に飛ぶハチが目に入りました。
何やらとても飛びづらそう。
そしてそのまま、室外機に着地しました。
室外機をよく見ると・・・。
20200604_183934.jpg
むむっ!これは!
20200604_183929.jpg
見事なトックリ!
これは泥で作られたハチの揺り籠。中にはハチの幼虫(もしくは卵)と、その食料となるチョウやガの幼虫が入っています。
そして、先ほどフラフラと飛んでいたハチとは・・・。
20200604_183053.jpg
ミカドトックリバチといいます。
フラフラ飛んでいたのは、(彼女たちにとって)重たい食料(ガの幼虫)を運んでいたから。
20200604_183201.jpg
顎でガッチリとガの幼虫をくわえ、頑張って巣へと運んでいます。
このガの幼虫は、ミカドトックリバチに毒針で刺されて体が麻痺しているため、暴れたり逃げたりすることはできません。
また、動くことができないだけで生きているため、腐ったりすることがありませんから、ミカドトックリバチの幼虫はいつでも新鮮な食料を食べられるという寸法です。
20200604_183224.jpg
トックリの口に詰め込んでいますね。
この後、このハチはすぐに飛び立っていきました。トックリ型の巣の中は食料でいっぱいにしないといけないので、また獲物を狩りに行ったのかもしれません。ちなみに、巣が獲物でいっぱいになると、入り口を泥で固めて塞いでしまいます。

こういった、単独で狩りをして子育てをするハチは様々な種類がおり、どの種もとても魅力的です。
ミカドトックリバチは可愛らしいトックリ型の巣を造っていましたが、地面に穴を掘って巣とするものや、竹やウツギの枝といった筒状の物の中で子育てするものもいます。

みなさまのお家の近くでも、もしかしたらこういったハチが巣を造っているかもしれません。
この種類のハチはスズメバチのように集団にはならず、攻撃性もとても弱い(掴んだりしない限りはまず刺しません)ので、近づいて観察してみると楽しいですよ!


虫の日に相応しい、魅力的なハチのご紹介でした。


ナベシ
posted by 生態邑スタッフ at 19:37| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

ムササビの寝姿

こんにちは!はぎさんです。
今日はとても暑い野鳥公園です。
345.jpg
ムササビも暑いのか巣箱から顔を出して寝ていましたよ!
123.jpg
巣箱の中に戻ったムササビはお腹を広げて寝始めました。
絵にするとこんな感じです!
45.jpg
お腹におちちが2つ見えたので、どうやらメスのムササビのようです。
Inked123_LI.jpg
夏に子供が見られたら良いですね♪
posted by 生態邑スタッフ at 16:18| 山梨 ☁| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

シジュウカラの巣立ち、そしてトイレ


みなさまお元気ですか、ナベシです。
今日は野鳥公園にて微笑ましい光景を目撃しました。

公園内にあるツル性植物フジの葉っぱの陰で、複数の小鳥がごそごそと動いています。
そして、すぐ近くにある少し高い枝にとまったシジュウカラが「ツピッ、ジュクジュクジュク」と鳴いていました。
シジュウカラが様々な鳴き方を組み合わせてコミュニケーションをとっているのは有名な話ですが、この鳴き方は「あっち行け!」という意味です。どうやら僕が観察しているのが気に食わない様子。

そうこうしていると、フジの中から小鳥が1羽、地面に降り立ちました。
DSCN4091.JPG
すこし見づらいですが、シジュウカラの幼鳥です。
食べ物を探しているのでしょうか、でも本来シジュウカラはほとんど地面に降りません。この子はまだ幼鳥なので、あまり危機感がないのかもしれませんね。
地面に降りた我が子が心配で、気が気でないように鳴き続ける親シジュウカラ。
その周りでは、同じようにシジュウカラの幼鳥がウロチョロしています。
このように、巣立ってから2週間、長ければ1ヶ月ほど、幼鳥と親鳥は生活を共にしています。
幼鳥が食べ物をねだれば親鳥が与えたり、周りに敵がいないか注意しながら子どもたちを誘導して飛んでいたりします。

またフジの中からシジュウカラの幼鳥が飛び出してきました。近くの枝にとまりましたが、飛び方はどこかぎこちなく、バタバタと飛んでいます。まだまだ飛ぶのは苦手なのかな。
DSCN4092.JPG
大きなイモムシを突いています。先輩のテツさん曰く「わざわざ飛び出て食べているし、親から貰ったのではなくて自分で捕ったのかも」とのこと。
自分で捕れるようになれば独り立ちに一歩近づきますね。

ちなみにこの後、親に導かれてこの幼鳥たちは飛んで行ったのですが、
DSCN4098.JPG
2羽、トイレに入り込んで出られなくなってしまいました。
鳥侵入防止のネットが、鳥脱出防止のネットと化すなど誰が予想できたことでしょう・・・。
※この後、テツさんと僕でなんとか脱出させました。

これから先も困難の連続だろうけど、強く生きてくれよシジュウカラたち・・・!!


posted by 生態邑スタッフ at 17:22| 山梨 ☀| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

ホタル見ナイト開催中♪

こんにちは、たぬきです。

野鳥公園、オシドリ池でのホタル見ナイト、日々開催しております。
本日も静かな森の中へとお客様をご案内しました。

プログラムの開始直後はあいにくの雨・・・
ホタルは見られるのか・・?一抹の不安を感じつつ、オシドリ池へ。

しかし、到着すると早速、ふわりふわりとヘイケボタルの光が!
ちらちらと幻想的に光りながら木立の中や、池の上を飛び交っていました。

実は大雨でない限り、ホタルが飛ぶ様子は観察できます。
今日は途中雨がやみ、合計で73頭のホタルの乱舞を鑑賞できました。

image1.1.jpeg

こうやって成虫になり、光るのはたった1週間。
その期間に、交尾相手を見つけます。

日に日にあたたかさが増すにつれて、
ホタルも数が増えてきました。

まさに見頃ですので、ぜひこのチャンスにお越しください。
詳しくは下記ののプラン受付ページをご覧ください。
→→http://www.hayakawa-eco.com/program/index.php/view/133?continue=1


ホタル見ナイト終了後、頭上から降ってきたモリアオガエル。
image0.1.jpeg
彼らも恋の季節真っ盛り。
ホタル見ナイト中も鳴き声が良く聞こえました。
posted by 生態邑スタッフ at 22:16| 山梨 ☔| Comment(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

アリの丁寧な仕事ぶり!

こんにちは!はぎさんです。
先週から全国的に梅雨入りしましたね!
早川町も雨が降り、山に霧がかかりとても幻想的です。
67.jpg
さて館内の掃除をしていると、足元に動く影が・・・
23.jpg
ジャノメチョウが動いている?!ではなく、
クロヤマアリがチョウを動かしていました!!
よーくみてみると、
アリがチョウの翅をちぎっているところでした!

チョウの4枚の翅を丁寧にちぎると、
12.jpg
チョウは胴体のみになり、アリは巣へと運んで行きました。
44.jpg
チョウの翅は食べるところもないし、
アリは運びやすいようにしているのでしょうか!驚きです!

下のリンクにアリがチョウの翅をちぎっている様子の動画が見られます。
https://www.instagram.com/p/CBXUfTNJMpM/?igshid=sq4e2vvs3hhv
皆さんもぜひ足元の出会いに注目してみてください♪
posted by 生態邑スタッフ at 15:09| 山梨 ☔| Comment(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

2020年度ビーンズ フィールドワーク始まりました!

こんにちは、テツです。

先日、ビーンズの第1回目のフィールドワークを行いました!
この活動は、早川北小学校と我々、南アルプス邑野鳥公園が共同で行って早5年目。
南アルプスユネスコエコパークに登録されている地域の自然をより深く知ることで、地元や自然への愛着を深めてもらうと同時に、
子どもたち一人一人が抱いた興味や疑問を科学的な思考を元に調査していく過程を通して、「生きる力」を伸ばしていきます。

ちなみにビーンズとは、「BEcome A Natural Scientist! 自然科学者になろう!」の頭文字をとり「BEANS」となります。
さらにBEANSの意味は豆、そこで科学者の卵たちと言う意味も込められています。
過去の発表資料も閲覧できますので、良かったらご覧ください。
  早川北小学校HP BEANS〜自然科学者になろう!〜 
  http://www.hayakawa-kitasho.ed.jp/beans/index.htm


さてさて、コロナの影響で例年より調査開始が遅くなってしまいましたが、
それを取り返そうと生徒さんや先生方も一生懸命調査していました。

こちらは哺乳類をテーマとしたグループの調査の様子。

IMG_4694.JPG
(痕跡発見!)


IMG_4701.JPG
(地面を掘った穴の大きさは?きちんと計測しています)


IMG_4692.JPG
(写真撮影も忘れずに!)


みんなそれぞれ「思っていたように生きものが見つからない!」という壁にが出てきたり、
「この方法で良いのかな?」「記録もれがないように項目を作ろう!」など一生懸命試行錯誤しながら頑張っていました。


IMG_3671.JPG
(調査したことは忘れないうちにしっかり記録します)


今年のテーマは、「鳥はどんな状態の木の実を食べるのか?」や「けものが活動する場所は季節によって違うのか?」と言った
鳥、木の実、苔、虫、哺乳類など全12テーマ。
1年を通して子どもたちがどんな発見をしていくのか今から楽しみですね♪

posted by 生態邑スタッフ at 13:07| 山梨 ☀| Comment(0) | 環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

みんな大好き!あの超人気昆虫が今季初登場!


みなさまお元気ですか?ナベシです。

先日ヘルシー美里にて、知らない人はいない人気昆虫の出現が確認されました。
P6130341.JPG
この子はコクワガタです。
クワガタムシはどの種も子どもたちの人気者。僕も大好きな昆虫です。
そろそろクワガタがどんどん出てくるなぁと、ワクワクが止まりませんね!

ここ早川町では、ミヤマクワガタ、アカアシクワガタ、スジクワガタ、ノコギリクワガタなどが見られます。

DSCN1667.JPG
ミヤマクワガタ

DSCN7363.JPG
ノコギリクワガタ

しかし、私ナベシが思うに、まだまだ他の種類のクワガタもいそうです。
あまり有名ではないかもしれませんが、オニクワガタやツヤハダクワガタ、ネブトクワガタにマダラクワガタ・・・夢が広がりますね!

クワガタを捕りたいと思っているそこの君!もし捕りたいならこの時期から探すのだ!夏休みに入ってからでは遅いぞ!
7月の後半になると、ほとんどの種類のクワガタはメスしか残っていないから、飼育して卵を産ませたいとかでなく、カッコいいオスを捕りたい子は6月終わりから7月頭に探してみてね!
※クワガタは、まずオスが出現してからメスが出現します。なので、時期によってはオスばかりだったり、メスばかりだったりするのです。

また、夜に虫捕りに行くときは、必ず大人の人と一緒に行ってね。楽しく虫捕りするための、ナベシとの約束だよ!


ナベシ

posted by 生態邑スタッフ at 17:31| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

本日、YouTubeにて野鳥公園の音が!

本日 6/20(土) 22:00から、YouTubeにて野鳥公園の音がコラボします!
FFE6EA0D-1EC8-48CB-95AA-850B1AAF8890.jpeg
Forest Notes様が主催のKenta Kamiyama氏によるリラクゼーションサウンドルーム、ライブイベント第3弾。
野鳥公園のモリアオガエルや川の音と神秘的な音楽がお楽しみいただけるようです♪
E8DA6C7E-6585-40D7-8B35-7AA8F4C2AC56.jpeg
配信はこちらのチャンネルにて↓

私たちスタッフも楽しみです!
第1弾白神山地コラボのアーカイブはこちら。↓
posted by 生態邑スタッフ at 14:21| 山梨 ☀| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

幼鳥みられています!

こんにちは!はぎさんです。
野鳥公園では春に生まれた小鳥たち(幼鳥)が巣立ち、
親鳥と一緒に行動している姿が見られます。
ツバメの幼鳥
233.jpg
オオルリの幼鳥
4566.jpg
オオルリの♂の特徴である青い色が出始めていますね。
オオルリの幼鳥は、お泊りいただいた
鳥好きのAくんから写真をいただきました!ありがとうございます。

ほかにもコゲラやシジュウカラが見られていますよ。
無事に大きく育ってほしいですね。
posted by 生態邑スタッフ at 17:44| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

ホタルの夕べ 〜地域の子どもたちと一緒に〜


みなさまこんばんは、ナベシです。

昨晩に行われた「ホタルの夕べ」についてお話しようと思います。
毎年行われている「ホタルの夕べ」、これはヘルシー美里の所在地である三里地区にお住まいの皆様にお集まりいただき、野鳥公園のオシドリ池でホタルを観て楽しむという催しです。
昨今の情勢を鑑み、規模を縮小して開催しました。参加者は主に早川北小学校の子どもたちとその親御さんです。
IMG_2576.JPG
私ナベシが、拙いながらメインガイドを務めさせていただきました。

IMG_2578.JPG
みんなで火をともした提灯を持ってホタルの観られる池へと向かいます。
明かりのほとんどない空間を、いくつもの提灯が並んで進んでいく様はとても幻想的で、どこか妖しげな雰囲気さえ醸し出していました。

オシドリ池では、例年のようにホタルがたくさん舞っているところを観察しました。
オシドリ池に生息している光るホタルの名はヘイケボタル。小さな体で、真っ暗な森の中を懸命に光りながら飛んでいます。
日没直後には数個体しか光っていませんでしたが、時間を追うごとにだんだん増えていき、ピーク時には数十個体のホタルが乱舞していました。
僕たちはオシドリ池のホタルがいつごろ飛び始めて、何時ごろに最も数が多くなるのかを調べています。
そんな生物調査のお話も交えながら、みんなで楽しくホタルを見守りました。
hayakawa_hotaru3.jpg


この「ホタルの夕べ」を通して、子どもたちも早川町の豊かな自然をホタルを通して体感することができました。
自然や郷土を好きでいてくれる人たちがいれば、こんな素敵な環境や催しも残していけることができると信じています。
また来年も、この光景が観られますように。


ナベシ
posted by 生態邑スタッフ at 20:22| 山梨 ☁| Comment(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

野鳥調査報告6月

こんにちは、テツです。

野鳥調査、6月期のご報告です。
子育てラッシュ!幼鳥たちがたくさん確認できました。

野鳥公園では、カラ類やエナガ、ホオジロ、メジロ、センダイムシクイなどの幼鳥が確認できました。
まだ親の保護を受けている個体も多く、運は良いと給餌しているところも観察できるかもしれません。
他にもキビタキやセンダイムシクイは、さえずりがまた活発になってきました。2回目繁殖に入るのでしょうか?
サンショウクイも最近は低いところに降りてきてくれることもあり、観察がしやすいです。

P4270902.JPG
(枝さきで虫を探すサンショウクイPericrocotus divaricatus)


河原では、梅雨の長雨で川が濁っていたので水鳥は少なめ。
でも、セキレイ類は家族群れや幼鳥群れを多く確認しました。
幼鳥たちは遊びながらウロウロしているので、観察すると楽しいですよ!
他、カワガラス、ホオジロ、イカル、イカルチドリなど

P6241386.JPG
(ホオジロの幼鳥Emberiza cioides)


林道では、キビタキやオオルリが良く鳴いていました。野鳥公園と同じくこちらも2回目繁殖でしょうか。
カラ類は幼鳥たちが群れている様子も確認しました。
また、曇っていたおかげかトラツグミやヨタカの鳴き声も確認することが出来ました!

P4270893.JPG
(キビタキFicedula narcissina)


畑では、ホオジロやツバメたちの幼鳥があちこちで確認できました。
ツバメたちはまだ上手く飛びないようで、電線などに止まりながら飛行訓練をしていました。
イワツバメの幼鳥たちは、地面で食べ物を探したりもしていましたよ。
他、カラ類、メジロ、カワラヒワ、セキレイ類など

P6261449.JPG
(イワツバメの幼鳥たちDelichon dasypus)


幼鳥たちが多くいるという事は、今年も順調に子育てが進んでいるようです。
幼鳥たちはうまく出会えると、あどけない行動を見せてくれるので観察するととっても楽しいですよ!
また、最近はヘルシー美里周辺でアカショウビンの声がしています。
一時的だと思いますが、梅雨空とアカショウビンの声は本当によく合いますね♪


今回、確認した種
キジバト、※ヨタカ、イカルチドリ、トビ、※アカショウビン、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、サンショウクイ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、カワガラス、※トラツグミ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ
※は声のみの確認
posted by 生態邑スタッフ at 20:51| 山梨 ☔| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

早川町オリジナルGo toキャンペーンのお知らせ

こんにちは!

7月1日より早川町オリジナルGo toキャンペーンが始まります!

106111055_3321570934734576_4777689491252141225_n.jpg

早川町に来町された方を対象に宿泊やお買い物でご利用できる割引券が発行されます。
無くなり次第の終了となりますので、ぜひお早めにご利用下さい。
尚、割引券は早川町の入り口にある「南アルプスプラザ 総合案内所」のみの発行となりますので、ご注意ください。

106043417_3327338170824519_8136303713444517643_o.jpg
(南アルプスプラザ総合案内所)

クーポンの対象となる施設は以下の通りです。
施設周辺には目印となる「のぼり」も立っていますよー
ヘルシー美里や野鳥公園、おばあちゃんたちの店も使えますので、お越しになる際は是非総合案所にお立ち寄りください。

105703341_3327421440816192_4191734490260617934_o.jpg

104972564_3321570941401242_1431996509975129691_n.jpg

キャンペーンの詳細は、早川町観光協会のHPをご覧ください。
HP https://hayakawakankou.jp/archives/3332/

この機会に是非早川町へお越しくださいませ!
posted by 生態邑スタッフ at 18:16| 山梨 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

枝にしか見えない

こんにちは!はぎさんです。
野鳥公園の通路にある生きものが隠れていました。
皆さんはどこに隠れているかわかりますでしょうか?
3.jpg


正解は・・・・
なんとこちらです。
3.jpg
この生きものは蛾で、名前はツマキシャチホコといいます。
樹皮の感じや木の皮が剥げている模様は本当にすごい。枝にしか見えません!!
1.jpg
このように周囲のものに似せて、天敵から身を守ることを「擬態」といいます。
4.jpg
それにしても、こんなに枝に模様が似ているツマキシャチホコはすごいですね。
ぜひ、野鳥公園の森で見つけてみてください♪
posted by 生態邑スタッフ at 16:58| 山梨 ☀| Comment(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする