2020年03月05日

アニマルウォッチングツアー

こんにちは!
わくわくちゃんです。
先日アニマルウォッチングツアーが開催されました。
83E0568D-CADE-4D5B-B67C-484221B4FBCB.jpeg
野生動物が生活している森の中へと入っていき、
足跡や食べ跡、フンなどの痕跡をみんなで読み解きながら
生き物に出会いに行きます。

1泊2日でいったいどんな発見があったのか、ちょっとだけご紹介。

まずは生き物の痕跡観察。
FC270588-6471-46D9-B7B3-336BC117CC3A.jpeg
ここだけへこんでいるのはなぜ?
周りを良く観察し、サイズを測ったり、落ちている毛を観察したり。
この場所にはどうやらニホンジカが座っていたよう。
見晴らしかいいので、周りを注意しながら休憩するのに良い場所の様です。

歩いていると、林の中を走っている生き物を発見!
ニホンリスです。(写真は以前お客様が撮影した物です)
よーくみると、口に何かを咥えています。
巣材を運ぶニホンリス(佐久間様提供).JPG
そのまま木の上へと上がっていきました。
見上げるとリスの巣があり、どうやら巣の材料になるスギの皮を運んでいた様子。
周辺の木をよく観察すると、皮を剥がした跡がいくつもありました!

「クゥ」という声と共に出会ったのは、ニホンザルの群れ。
C3C70B56-1D09-4A86-8505-3E8A98480F20.jpeg
木に登って枝の一部を選ぶようにして少しずつかじっています。
どうやら木の冬芽を食べている様子。
道にはフンや食べた跡がいくつもあり、帰る頃には「これはサルのフン!」と識別できるほどに。

暗くなり始め、今度は夜の生きものに出会いに行きます。
IMG_4369.JPG
姿を現す時間に合わせて、巣箱の近くでじっと待ちます。
だんだんと暗くなり、真っ暗になるころ
巣から顔を出したのは、空飛ぶ哺乳類ムササビです。
2015.10.08ムササビ01.JPG
今回の写真ではありませんが、こんな風に巣から顔を出し、辺りをきょろきょろと警戒。
親子のムササビが巣を登って滑空していく様子がみられました。

他にも、ナイトサファリではニホンジカやホンドテンとの出会いも!
IMG_4403.JPG

移動中。
あ!斜面になにかいる!!
92343538-6671-49E3-B7A4-C263B0A5E21E.jpeg
尾根の上に座っているカモシカを発見。
50063279-962F-486A-ADD6-8221ECEA3C9C.jpeg
こちらを気にしてはいますが、距離があるので逃げる様子はなく、じっくりと観察。
「カモシカって目にいぼの様な物が付いているんだね。」
「首を振ってる!」
「左を向いて、何みてるんだろう?」

様々な生き物に出会いながら、じっくり痕跡や行動を観察出来たツアーとなりました!
また一緒に観察に行きましょう♪
posted by 生態邑スタッフ at 18:16| 山梨 ☁| Comment(3) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする