2019年10月03日

断層めぐりプラン始まりました!

こんにちは!よっしーです。

昨日から「断層めぐりプラン 大地の動きを見に行こう」がはじまりました。

早川町には日本の境目「フォッサマグナ」の西の端である「糸魚川-静岡構造線」が通っています。
さらに国の天然記念物に指定されてる「新倉の逆断層露頭」などの断層も見られます。

このプランでは、他では見られない大断層を調べて、楽しみながら長い年月をかけて大地が押し合った力の痕跡を、ガイドが解説をしながらご案内します。
P1010186-2.jpg



2つの地層が合わさる河原では、それぞれの地層の特徴的な岩石も拾えます。
3.JPG

専門の道具を使って岩石を割り、断面も観察しましょう!
1533522978497-thumbnail2.jpg


このプランは17日までやっています。
日帰りでの参加もできますので、ぜひご参加ください。
詳しくはコチラ
posted by 生態邑スタッフ at 13:55| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

最近のムサ!

こんにちは!はぎさんです。
今日の野鳥公園は晴れていて、風もとても心地よいです!
最近の野鳥公園のムササビたちはというとー?

ムササビ双子たちは、生まれてから62日目。
既存の研究によると、50日〜59日目から巣箱から外へ出るといわれています。
もういつ出てもおかしくない頃。様子を確認するために、
わくわくちゃんとムササビが驚かないようそっと観察してみました。
mu2.jpg
すると、日が暮れた18時15分ごろ、
一頭の子どもムササビが上下に首を動かしながら、頻繁に顔を出している
様子がみられました!
ムササビは日没後30分に巣から出るので、子どもムササビも自分が活動する
時間が分かっているのでしょうか。
この日観察していた中では、外へ出る様子はなさそうでした。

外へ出た、双子ちゃんたちのお母さんは?というと、
mu.jpg
青いカキを食べていました。今年は、食べ物が少ないのでまだ熟す前の
カキを食べているのでしょうか?今後も見ていきたいと思います。

皆さんも、こんなムササビたちの様子を私達と一緒に観察しませんか?
ムササビ.jpg
詳しくはこちらからhttp://www.hayakawa-eco.com/program/index.php/view/93?continue=1#continue
11月17日まで開催しています!
お問い合わせお待ちしております。
posted by 生態邑スタッフ at 16:16| 山梨 ☔| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

くっつき虫対決!

こんにちは!
わくわくちゃんです。
今日もムササビの兄弟は元気に跳ね回っています。
0BBB8755-E7AD-43F3-9C25-BE8823A0176A.jpeg
カメラが気になるご様子。
顔がどあっぷで見られました!

キャンプに来ていたご家族が、面白いもので遊んでいました♪
08B97D84-2CCD-47B4-81AE-1F2C2720BD28.jpeg
ヌスビトハギというこの植物。
実はこの種が、ぺたぺたと服にくっついちゃいます!

種を集めて・・・
7BB7B176-5C13-4B4A-9A78-13C354D6F136.jpeg
的当て対決!!
えいや!と投げて遊んでいました♪
C06A2DCA-AA2F-463C-B088-71EE0FC5C631.jpeg
こんな所にもくっついてた!
9F62D0C9-4691-4B15-BE27-57075733510A.jpeg

どっちの方がいっぱいくっついたんだろう??
E7366955-1E7A-416F-848E-6B9633EF03F1.jpeg
服や手がヌスビトハギだらけです笑

どうして服にくっつくのでしょう?
顕微鏡を使って種を見てみました。
E4FD9178-E93B-4D6C-BAC2-06524A27C886.jpeg
写真だと分りづらいですが、種の表面には毛のような物が生えています。
これがマジックテープのような役割をしているため、服にぺたっとくっつくのです。

そうやって服や動物の毛にくっつくことで、遠くの場所へと種を運んでもらい、
親の植物から離れた場所で成長することが出来るのです。

観察の後、「種を運んできちゃった!」と一生懸命服から剥がして森へと返してくれました。
また一緒に遊ぼうね♪
posted by 生態邑スタッフ at 14:19| 山梨 ☀| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

通常通り営業いたします。

昨日の台風、皆様ご無事でしたでしょうか。
本日10月13日(日)の営業についてのお知らせです。
南アルプス生態邑 ヘルシー美里/野鳥公園共に通常通り営業致します。

現在、早川町内の県道37号が通行止めとなっておりますが
午後には開通の見込みです。
D38FD119-7749-4A6A-BD99-6E1B9C9D0592.jpeg
お越しの際はお気を付けていらしてください。
posted by 生態邑スタッフ at 10:03| 山梨 ☔| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

おしどり池にオシドリが来ました!

こんにちはよっしーです。

台風の影響で一時早川町は通行止めとなっていましたが、現在は解除され、道も安全にお通りいただけます。
ヘルシー美里・野鳥公園も通常通り営業していますので、ぜひお越し下さい!

そんな今日、おしどり池にオシドリがやってきました!

綺麗な繁殖羽をしたオスが2羽観察できましたよ
オシドリ♂_20101030_.JPG
▲写真は過去の物です
今日は、望遠レンズを持ってこなかったので、写真が撮れず・・・

カモたちの渡りが到着し始めたのでしょう、カルガモやマガモなども観察できました。
例年では数日滞在して、抜けてしまいます。
できれば、このまま数を増やして居ついてくれるといいのですが・・明日もいてくれるかな?

posted by 生態邑スタッフ at 11:27| 山梨 ☀| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

ジョウビタキが野鳥公園周辺にきました!

みなさんこんにちは!みずっちです。

ここ数日で気温がぐっと低くなり、
日中は半袖では辛い季節になってきました。

10月16日のオシドリに続いて、野鳥公園と周辺の畑道では
ジョウビタキが初認されました。

ジョウビタキ1.jpg

胸のオレンジ色と喉から目元までの黒、
灰色の頭のコントラストが特徴的ですね。


鳥は種類によって、特徴的な鳴き声を出すので、
姿が見えずとも声を頼りに探すことが可能です!

今回初認されたジョウビタキは、「ヒッ、ヒッ、ヒッ」
という地鳴きをします。
じっくりその声のする方向を探すと見つけることができるかと思いますので、
皆様もお試しあれ。

今後も今期の冬鳥の初認情報がブログに上がっていきますので、
皆様お楽しみに!

また遊びに来てくださいました方は、園内で見られた野鳥の情報を
スタッフに教えてください。お待ちしております!


●お知らせ

10月20日(日)、10:00〜12:00の間、 オシドリ池内にて、 ヤマセミ誘致のために池へアマゴを放流する「ヤマセミクラブの活動」を行います。 その間、池内への立ち入りが発生します。 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
posted by 生態邑スタッフ at 20:14| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

山翡翠クラブでアマゴを放流を行いました!

こんにちは!よっしーです。
今日は山翡翠クラブの活動日で、8人のクラブ会員の方に参加していただきました。
最初は野鳥公園のおしどり池にアマゴの放流です。
image1.jpegimage2.jpeg
オシドリ池への放流は、山翡翠クラブ運営費や皆様の寄付金のご協力により、ヤマセミをはじめとした野鳥が集まる環境づくりの一環として実施しています。
毎年のご理解とご協力ありがとうございます。

放流後は池の整備作業です。
image4.jpeg
水面の藻の除去や、草刈りなどを行い
より水辺の生き物が観察しやすくなりました!

午後は野鳥公園で展示されている、山翡翠クラブの写真を入れ替えを行いました。
RIMG7970.JPG
会員の皆様が野鳥公園のオシドリ池で撮影されたヤマセミの写真や、
日本各地で撮影された野鳥の写真が見られます。
野鳥公園にお越しの際は、是非写真展をご覧になってください。

この放流をきっかけとして、
ヤマセミをはじめとした鳥たちが今まで以上に姿を見せてくれることを願っています。
RIMG7974.JPG
山翡翠クラブの皆様ありがとうございました!

ヤマメの放流後なのでヤマセミが飛来する可能性が高いと考えています!
ヤマセミ観察の挑戦に遊びに来てはいかがでしょうか?
posted by 生態邑スタッフ at 16:10| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

ニホンジカに迫る!

こんにちは!
わくわくちゃんです。

週末に予定していた「野生動物ツアー ニホンジカに迫る」は悪天候により中止となりましたが、そんな中でもお越し頂いた方々と、イベントを行いました!
IMG_0672.JPG
ニホンジカってどんな生態をしているの?
実際にシカの研究していた時の様子交えながら、楽しく解説。

その話を元に、シカの活動時間に合わせて野外へ出発!
ライトで照らすとその先には・・・
PA194854.JPG
茂みの中できらりと目が光りました!
角は生えていますが、まだ少し若めの雄の個体です。
DSCN3329.JPG
繁殖のため、メスを追いかけていたようです。
その他にも、
体に泥をつけてお化粧した立派なオスが、メスと交尾できるチャンスを狙ってなわばりから出ないようにする様子や、
「フィーヨーー フィーヨーー・・・」と森の中から、なわばり宣言のための雄の声が聞こえてきました。

次の日は森の中での痕跡観察!
IMG_0635 - コピー.JPG
場所や糞の散らばり方から、恐らくこのシカは緊張していた様子。
痕跡を頼りにシカの行動を読み解いていきます。
IMG_0631.JPG
新しい痕跡の場所には、センサーカメラを設置しました!
いったいどんな個体がやって来ているのでしょうか?
PA205008.JPG
撮影された内容はまた後日お知らせ予定です♪

話や質問の尽きない、ニホンジカの世界にどっぷりと浸かった2日間でした!
お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
是非また一緒に観察しましょう♪


ツアー中、いつもご参加いただいているお客様から差し入れを頂きました!
ありがとうございます!!
参加者の皆さんと美味しく頂きました♪
image1 (82).jpeg
posted by 生態邑スタッフ at 14:23| 山梨 ☁| Comment(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

もりもりキッズ秋の恵みで青空クッキング! 延期のお知らせ

10月に予定していたイベントが台風の影響により延期になりました。

未就学児のお子さんをお持ちのご家族が対象です!
秋の森の中を探検して山の幸を集め、青空の下でクッキングに挑戦します♪
夜には森に生きもの探しにも!
宿泊は、本館となりますので暖かく安心です。

まだ空きがございます。人気イベントですのでご予約はお早めに!
詳しくはこちらまで↓
URLhttp://www.hayakawa-eco.com/program/index.php/view/149?continue=1
2019_f21.jpg
posted by 生態邑スタッフ at 17:13| 山梨 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

ムササビ双子のようす

こんにちは!はぎさんです。
野鳥公園の橋から見える山は日に日に紅葉してきましたよ!
unnamed (2).jpg
さて、最近のムササビの様子はー?
unnamed (3).jpg
わかりますでしょうか?
絵にするとこんな感じです。
unnamed (1).jpg
双子たちは大きくなりました。

昼間ムササビ双子達は、お母さんのおっぱいをよく飲んでいましたが、
最近では寝ている姿を多くみかけます。

そろそろ外に出ているころと思い、
10月20日にムササビ双子の様子をみていると・・・
なんと初滑空が確認できました!
E383A0E382B5EFBC91EFBC91E69C88EFBC99E697A53-084b0.jpg
写真は撮れなかったので、これは2017年のムササビの写真です!
このように巣から外へ出て木のてっぺんまで一気に登っていきます。
そして被膜を伸ばし、ほかの木へ滑空!
2頭とも、無事に滑空し少しほっとしました。
今後も観察を続けたいと思います!

そんなムササビ双子達の滑空を私たちと一緒に観察しましょう♪
ムササビウォッチングプランは11月17日までやってます!
詳しくはこちらまで↓
2019_f4.jpg
www.hayakawa-eco.com/program/index.php/view/93?continue=1#continue
皆さんのご参加、お待ちしております!
posted by 生態邑スタッフ at 20:54| 山梨 ☀| Comment(2) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

野鳥調査報告10月 〜冬鳥続々〜

こんにちは、テツです。

野鳥調査の10月期のご報告です。
いよいよ冬鳥たちや漂鳥たちがやってきましたよ!

野鳥公園では、ジョウビタキやビンズイなどがやってきていました!
カラ類も混群で動いているので、見やすくなってきました。
まだ木の実と言うより小さい虫を探しているようです。
混群の中にはゴジュウカラも混じっていることがありますよ。
他にもオシドリ池では、カワガラスも見られました。

PA232520-2.JPG
(時折、池に潜って獲物を探していたカワガラスCinclus pallasii)


河原では、先日の台風の影響で早川が濁っているので、水鳥たちが内陸に入ってきています。
カワガラスやセキレイ類、イカルチドリなどが普段より近い距離にいるので見やすいです。
ただ、彼らも仕方なく近くにいるだけなので、刺激しすぎないようにしてあげてくださいね。

PA232534-2.JPG
(ビンズイAnthus hodgsoni こちらにもいました)


林道でも、カラ類の混群が見やすかったです。
こちらではオオルリの若鳥が1羽だけ混じっていました!
そろそろ南下していく時期なのですが、無事に渡れるよう祈っています。

PA242595-2.JPG
(混群に混じっていたコガラPoecile montanus 他のカラ類に比べてコガラだけの群れで動いていることも多いです)


畑では、モズやジョウビタキがあちこちでバトルを繰り広げていました。
冬を乗り切るためのなわばりを確保するための大事な争いです。
主に声で、時にはぶつかり合って、必死に戦っていました。
みんなが無事に春を迎えられると良いですね。
他にも、渡り途中のノビタキやアオジなども確認できました。

PA232572-2.JPG
(高鳴きするモズLanius bucephalus)


夏鳥たちがほぼ南へ渡り、北や標高の高いところから冬鳥や漂鳥たりがやってきました。
このあとも続々と種類、個体数とも増えていくことでしょう。
明日はどんな新顔さんに出会えるか楽しみな季節です。
皆さんも是非目を凝らして探してみてください。

今回、確認した種
ヤマドリ、キジバト、アオバト、アオサギ、イカルチドリ、トビ、ハイタカ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、カワガラス、ジョウビタキ、ノビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ、ソウシチョウ

posted by 生態邑スタッフ at 21:59| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

雨が大切!

こんにちは!
わくわくちゃんです。

ここ最近、強い雨が多いですね。
洗濯物が乾かず困ってしまいますが、
待ってましたと、森でにょきにょき成長しているものが・・・。
IMG_0684.JPG
まーるく可愛らしい。これはキノコなんです!
ちょっと変わった形をしていますよね。

あ、ここにも生えています!
IMG_0699.JPG
こっちの子はなんだか穴が開いていますね。

押してみると・・・。
IMG_0695.JPG
わわっ!!煙がでてきた!!!

このキノコの名前は、ホコリタケ。
名前の通りホコリの様な物がでてきました。

じつは、でてきたのはホコリではなく、胞子(ほうし)というキノコの子供のようなもの。
動物が踏んだり、雨粒が当ることでこんなふうに胞子を飛ばしています。

ぜひ見かけた際はちょこっとつついてみてください。
ホコリタケの胞子が舞う様子が見られますよ!


また、大人気!ムササビ親子の様子が観察されています!
IMG_0679.JPG
ムササビウォッチングでは巣から出てくる様子や、木を登って滑空する瞬間が見られています。

まだまだ開催期間中です!
人気プログラムですので、お早めのご予約をオススメします。
2019_f4.jpg
日帰りでの参加も受け付けております。
詳しくはこちら↓
http://www.hayakawa-eco.com/program/index.php/view/93?continue=1
posted by 生態邑スタッフ at 14:54| 山梨 ☁| Comment(0) | ほかの生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

観察ルームが賑やかです!

こんにちは!よっしーです。

今日は開園後すぐに来られたお客様と観察ルームでバードウォッチングを行いました。
エサ台の常連ヤマガラも昨日天気が悪かった為か、飛来回数が多いだけではなくて、観察できる距離もとっても近かったです!!
_MG_8187.JPG
観察ルームに座っていると、席の目の前にあるエサ台まで頻繁に飛んでくるので、
コンパクトデジカメでもこんな写真が簡単に撮影できます。
これだけ近いところで野鳥を観察していると、エサの運び方やヤマガラ1羽1羽の個性など、いろいろな発見もありますよ。

そしてお客様と一緒にエサ台を観察していると、一羽だけヤマガラとは違うとまり方をする鳥が・・・
あわててカメラを用意すると、数分後に再びやってきました。
IMG_8278.JPG
ゴジュウカラです。
いつもは、まるで忍者のように頭を下に向けたままの格好ですべるように木を駆け下りるため、中々写真が撮れませんが、今日はヒマワリの種を食べるため止まってくれました。

他にもミソサザイが水浴びに来たりと、鳥たちが入れ代わり立ち代わり来てくれました。
ミソサザイは写真が撮れなかったので、お客様が撮られた物をパシャリRIMG7977.JPG
ご提供ありがとうございます。

エサ台にやってくる鳥も気温の低下とともに増えてきました。
これからエサ台はとても賑やかになりそうな予感がします!

また、炊事棟周辺ではビンズイやエナガの群れ、カケスなどが見られました!
IMG_8238.JPG
観察ルームや管理用周辺でのんびりしてるだけでも、楽しいバードウォッチングができますよ♪
posted by 生態邑スタッフ at 13:29| 山梨 ☔| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする