2019年06月17日

キバネツノトンボ、まもなく孵化!

こんにちは!わくわくちゃんです。
以前見つけた、キバネツノトンボの卵が変化してきました!
421E7B17-F730-4E1E-8B24-E41BC89FB906.jpeg
その内容はこちら↓
http://salpsyacho.seesaa.net/article/465934057.html

産卵後間もない卵。
4-64個.jpeg4
今日の様子。
C3FDD76B-4861-43C3-9502-C0A59FAC7600.jpeg
卵の色が変化しているのがお分りでしょうか?
どうやら孵化する日が近づくにつれ、だんだんと色が黒っぽくなるようです。
これだけ色が濃いと、誕生する日もあとわずか!目が離せませんね♪


ちなみに、1匹が1回に産む数が、この卵塊(らんかい)ひとかたまりです。
一体卵塊がいくつあるのか、数えたところ・・・
CE02CC72-0087-4028-B1F3-670DFC0001A9.jpeg
(エコファーム会員のご家族も手伝ってくださいました!)

色が枝の色と同化しているので、見つけるもの一苦労でしたが、
この日で、合計30個の卵塊が見つかりました!

そしてさらに!
一つの卵塊でいくつの卵が付いているのかを数えたところ・・・、
(卵を数えるのはさらに一苦労!!写真の卵塊で62個の卵が付いていました。)
3-62個.jpeg
30個の卵塊うち、最少で38個、最高で70個!
また、平均では56.8個の卵が付いていました。

キバネツノトンボのあのお腹の中に、そんなに卵が入るのかと思うと驚きですね!
丁寧に産み付けられた卵、無事に孵化することを祈って、まだまだ観察を続けたいと思います♪
posted by 生態邑スタッフ at 15:36| 山梨 ☀| Comment(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする