2019年06月06日

コサメビタキのヒナ誕生!

こんにちは!わくわくちゃんです。
今日も暖かく、ニホントカゲによく出会いました♪
image3 (33).jpeg
葉っぱの下のミミズや、飛び回るバッタを追いかけて捕まえては、美味しそうに食べていました。

そして、ついにコサメビタキのヒナが卵から孵りました!
image1 (69).jpeg
写真だと分りづらいのですが、親鳥の横でくちばしだけが見えています。
水色の丸が親、赤い丸がヒナです。
Inkedimage1 (69)_LI.jpg
無事に産まれて良かった!

親鳥はまだ巣でじっとしており、恐らくまだ孵っていない卵がある様子。
転卵(てんらん)という、卵を巣の中で転がすような行動も見られました。

コサメビタキは約3〜5個の卵を産みます。
この巣ではいったい何羽生まれるのでしょうか?
これからが楽しみですね!

また、孵ってから巣立ちまでは約2週間ほど。
影響がないよう、遠くからこっそり見守りたいと思います♪
posted by 生態邑スタッフ at 15:23| 山梨 ☀| Comment(4) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする