2019年06月02日

コサメビタキ抱卵中

こんにちは!わくわくちゃんです。
コサメビタキが、抱卵(ほうらん)といって卵を温める時期に入りました!
image1 (66).jpeg
巣の中でじっとするコサメビタキ。

時に「チー、チー」と、か細いような声で鳴くと、
どこからともなくオスがやって来て、メスへエサを渡す様子が見られました。
image1 (68).jpeg
メスへ食べ物を渡し終え、少し離れた場所で羽繕い中のオス。

コサメビタキの抱卵期間は約2週間ほど。
この期間はメスが巣の中で卵を温め、オスがメスへと食べ物を持ってきます。
オスも行ったり来たり、一苦労ですね・・・。

少し前から温めるような行動が目撃されていたので
順調にいけば、6月中旬までにはヒナが産まれる可能性があります。

今後どうなっていくのか楽しみですね♪
そして無事に巣立つことを祈って、遠くからこっそりと見守りたいと思います。
posted by 生態邑スタッフ at 16:09| 山梨 ☁| Comment(2) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする