2019年04月17日

野鳥調査報告4月 夏鳥シーズン到来!

こんにちは、テツです。
毎月行っている野鳥センサス(野鳥の種数・個体数調査)のご報告です。

いよいよ夏鳥たちがやってきましたよ!

野鳥公園では、オオルリやキビタキ、センダイムシクイを確認しました。
まだ渡来始めで個体数が少ないので、さえずりは早朝が多いです。
日中は、バッタリ出会いを期待してみてください。
複数の巣箱でシジュウカラの営巣を確認しました。子育ての経過が楽しみですね!

DSCF0830-2.jpg
(オオルリCyanoptila cyanomelana)


河原では、セキレイ類がよくさえずっていました。
上空はイワツバメたちが旋回して飛んでいます。今回の調査では、ツミがイワツバメに襲い掛かる様子も確認しました!

P4161199-2.jpg
(さえずるキセキレイMotacilla cinerea)


林道では、キビタキとヤブサメを今期初認です。
他にもオオルリやセンダイムシクイの声もよく聞こえていました。
さらにセンダイムシクイは3個体でケンカをしているところに遭遇。
最初は追いかけ合いでしたが、だんだんヒートアップして、最後は取っ組み合いの大ゲンカ。
空中でもみ合いながら地上へ落下し、その状態のままでも攻撃しあっていました。
良い縄張りを確保するために小鳥たちも必死ですね。

このケンカの動画がFacebookやインスタグラムでご覧いただけます。
Facebook https://www.facebook.com/herusiimisato/videos/2455882181363915/
インスタグラム https://www.instagram.com/herushiimisato/?hl=ja


P4171322-2.jpg
(地上でもみ合うセンダイムシクイPhylloscopus coronatus 嘴で相手を抑えて、脚で蹴っています)


畑では、あちこちでホオジロの声が響き渡る中、冬鳥のカシラダカやツグミ、アオジが採食している様子が観察できました。
もう間もなく彼らも北へと渡っていってしまうのでしょうね。
ちなみに夏羽に換羽していたので、冬とはまた違った趣が楽しめますよ!
また、南からやってきた夏鳥のノビタキも確認しました。
早川町ではノビタキは通過なので、観察できるのはわずかな時間だと思われます。

P4161283-2.jpg
(ノビタキ雌 夏羽Saxicola torquatus)


まだ夏鳥全員集合ではありませんが、日に日に夏鳥が増えていくのでワクワクしますね♪
森が鳥たちのさえずりで満たされる日も近いでしょう!

今回、確認した種
キジバト、トビ、ツミ、ハイタカ、コゲラ、アオゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、ミソサザイ、カワガラス、シロハラ、ツグミ、ノビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、カシラダカ、
アオジ
posted by 生態邑スタッフ at 22:30| 山梨 ☁| Comment(2) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする