2018年08月06日

自由研究プラン フォッサマグナに迫る! 

こんにちは!よっしーです。

昨日は夏のイベント「解決!自由研究プラン フォッサマグナに迫る!」を行いました!

早川町には日本の境目「フォッサマグナ」の西の端である「糸魚川-静岡構造線」が通っています。
さらに国の天然記念物「新倉の逆断層露頭」などの断層も見られます。

他では見られない大断層や石を調べて、楽しみながら自由研究をやろういうプランです♪

今日はその様子を少しご紹介いたします!
まずは、フォッサマグナの西端「糸魚川-静岡構造線」が露頭している新倉の逆断層露頭を見学に行きました。
IMG_20180805_110015 (1).jpg

新倉の逆断層露頭は西と東で異なる岩質が間近で見られる数少ない場所です。
プレゼントした自由研究のまとめシートにスケッチをします。

新倉の逆断層露頭を見学した後は、野鳥公園から河原に降りて実際に粘板岩と凝灰岩を手に取って観察しました。
1533522990487 (1).jpg
足元にあった石に興味津々です。

他にもロックハンマーを使って、石を割り断面も観察します。
1533522978497.jpg
2つの石にどんな違いがあったかな?

この自由研究プランは8月25日までやっているので、ぜひご参加ください。
断層について調べると、自由研究のネタがいっぱい見つかりますよ!
詳しくはコチラから
posted by 生態邑スタッフ at 17:56| Comment(2) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする