2018年06月09日

カメラに写っていたのは・・・

こんにちは!よっしーです。

昨日の夜の大雨がウソのように、昼間は晴天でした。
ふと、管理棟裏のクワの木を見てみると、クワの実がたくさん熟していました。
RIMG4406.JPG
黒いのが熟した実、その左上の薄いピンクはまだ未熟な実です。
人が食べてもおいしいクワの実は、森の生きものたちも大好物です。

そこで、どんな生きものがこのクワの木に来ているか「センサーカメラ」を仕掛けてみました!

センサーカメラとは、カメラに内蔵された赤外線センサーが熱を感知し、シャッターを切るというカメラで、野生動物の研究、獣害対策、また防犯などによく使用されています。

まだ、熟した実の少ない5月20日からセンサーカメラを仕掛け、今日カメラを確認してみたところ・・・・・
DSCF0013 - コピー.JPG
尻尾が長く、先端が黒いですね。なんのどうぶつでしょうか?

答えはハクビシン!

5月29日と6月8日に確認されていました。
木をするすると登り、クワの実を食べていたのでしょう。
近くにはクワの実がたくさん入った、フルーティーな香りのハクビシンのフンも落ちていました。

DSCF0015 - コピー.JPG

センサーカメラの動画を見るとすいすいと上り下りをしています。
その秘密は足の裏にあります。

RIMG4023.JPG
前足の手のひらには溝があり、枝を伝え歩く時に挟めるようになっています。

RIMG4024.JPG
そして後足の裏は、踵付近の皮膚が固くなっており、スパイクのようになっています。

足の裏の構造がほんとうに木登りに適しているのだなぁーと改めて感心する映像でした。
動画で見たい方は、スタッフまでお声がけくださいね。

クワの実もどんどん熟してきているので、これから他の生きものたちも写るかもしれません。
また、面白い映像が撮れたらご紹介しますね!










posted by 生態邑スタッフ at 16:33| Comment(2) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする