2018年03月01日

オシドリ池の水位が戻りました

こんにちは!よっしーです。

暖かい日が続きますね。
冬の間凍っていたオシドリ池もここ数日で氷がなくなりました!
そしてオシドリ池の清掃作業の一環として行っていた池干しの期間が終わり、池の水位が元に戻りました。
皆様には長い間観察の際に、ご不便をおかけいたしました。
RIMG3820.jpg

現在はオシドリ池から伸びる水路にも水が流れており、カラ類の混群やエナガなどが水浴びをする姿がよく見られましたよRIMG3821.jpg

また、オシドリ池ではアオサギが山翡翠クラブの活動で放流したアマゴを食べる姿も確認しています。
暖かくなってきたのと、水面が増えたことで魚が活発に動き出したのでしょうか?
2月22日には早川本流にてヤマセミの目撃報告がありましたので、アマゴを食べにオシドリ池に飛来するかもしれません。
今後に期待が膨らみます。

本日、園内で確認した種
キジバト、アオサギ、トビ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、カワガラス、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、カヤクグリ、ハクセキレイ、カワラヒワ、、カシラダカ、ミヤマホオジロ、ウソ
posted by 生態邑スタッフ at 16:00| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月02日

ニホンリスに出会いました

こんにちは!よっしーです。

今日はオシドリ池の観察棟の掃除に行ったときに、ニホンリスに出会いました。

地面でガサゴソしているのでなんだろう?と、目を凝らすと何かをくわえながら木に登り始めました!
RIMG3829.jpg

双眼鏡で覗いてみると
手に持っていたのはアカマツの松ぼっくり!
RIMG3830.jpg
枝の上で松ぼっくりを器用に両手で持って食べています。
リスの松ぼっくりの食べ方は、鱗片(松ぼっくりの傘の所)を剥がしながら、鱗片についている種子を食べます。
RIMG3836.jpg
食べ終わった鱗片は、ぽいっと下に捨てていました。
リスが移動した後に、枝の下を探してみると捨てた鱗片が散らばっていました。
RIMG3840.jpg
右は剥がす前の松ぼっくり、左は食べ終わった鱗片です。
それを観察みると面白いことがわかりました。

アカマツの種子には種子を遠くに飛ばすために翼がついています(黒矢印)。
RIMG3841.jpg
ニホンリスはどうやらこの翼の部分は食べず、栄養価の高い種子の部分(白矢印)だけを効率よく食べているようです。
手も器用ですが、口も器用ですね。

私も試しに落ちている松ぼっくりの鱗片を剥がしてみましたが、1つの松ぼっくりから3〜5個しか取れませんでした。
確かにこれは効率よく食べないとお腹が膨れなさそうです。



posted by 生態邑スタッフ at 19:49| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

昨日のヘルシー美里/野鳥公園の電話不通について


昨日16:00頃から深夜にかけて電話およびメールが
早川町全域で不通となっており、ご心配とご迷惑をお掛け致しました。

3月4日、7時現在、電話およびメール共に復旧しております。

posted by 生態邑スタッフ at 06:49| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

春を告げる生きものたち

こんにちは!よっしーです。

昨日は暖かかったですね。野鳥公園では早春をつげるテングチョウの姿が観察され、日に日に春の訪れを感じる季節になってきました。

そんな中、昨日は山翡翠クラブの観察会で会員の方とヘルシーに宿泊されたお客様と一緒に、早川町内の山間の集落、赤沢宿に行ってきました。
赤沢宿は、古くは日蓮宗の霊山・七面山への参詣の宿場町として栄えた集落で、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

集落を散策していると日当たりのよい斜面に、お目当ての福寿草の姿が。
RIMG3849.jpg
赤沢宿の町の花でもある福寿草は、早春に開花し、2〜3か月の短期間で地上での生活を終え、来年まで地中で春を待ちます。
このような植物を総称して早春植物「Spring Ephemeral:春の妖精、春のはかない命」などと呼びます。

そして、もう一つのお目当ての花の姿も。
RIMG3853.jpg
セツブンソウです。
フクジュソウと同じ早春植物で、節分の頃に花を咲かせることからついた名前だそうです。
この日は気温も高かった為か、運よく一面に咲くセツブンソウを観察することができました。

場所によってはフクジュソウとセツブンソウのツーショットも
RIMG3856.jpg

また、散策中には住人の方から集落の話や宿場についてのお話も聞くことができました。
RIMG3844 - コピー.jpg
皆さん地元の方のお話を興味深く聞かれていましたよ。

テングチョウやフクジュソウなど早川町にも春を感じるものが増えてきましたね。

また、赤沢宿に興味のでた方は、ぜひ来月お花見を楽しんでみませんか?   

江戸時代から昭和初期にかけて賑わい、今も当時の町並みが残る赤沢宿で散策やお花見を楽しみましょう。人を惹きつけてやまない赤沢宿の魅力をとことんお伝えします。
↓↓詳しくはこちら↓↓
2018_s3.jpg
ここをクリック
posted by 生態邑スタッフ at 15:56| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

早春の花たち続々開花中

こんにちは、たぬきです。

昨日の夜、雨で県道が一時通行止めとなりましたが、
本日は朝から通行できるようになっております。

さて春の嵐の過ぎ去った野鳥公園、
数日前からの暖かい日差しで早春の花たちが続々開花しております。

サンシュユ
2018.3.9.jpg

ダンコウバイ
2018.3.9ダンコウバイ.JPG

ウメ
2018.3.9.梅.jpg

それぞれまだ咲き始めや八分咲きくらい。
日当たりの良いところから咲き始めています。

春一番に咲く花たちは同じく春一番に動き出す昆虫たちにやってきてほしいので
昆虫たちから見て目立つ色、人間の目には黄色や白に見える花をつけることが多いです。

まだ葉っぱが出ていない森の中、人間にとってもこの色合いは目立つので
野鳥公園にやってきたら探してみてくださいね!

他にもカタクリの葉っぱが展開中・・・
2018.3.9カタクリ.jpg
これから咲き始めますよー、楽しみですね。



さらにさらに、お知らせ。
今週末に行われる第35回湘南江の島 春まつりに野鳥公園が出店します!
スタッフが丹精込めて彫刻したバードコールや野鳥関連商品の販売はもちろん、
オリジナルバードコールづくりもできちゃいます!
森を歩くときはバードコール必須ですので自分用に、プレゼント用にぜひ♪

早川町物産販売ということなので野鳥公園以外からも特産品が販売されますよ
お近くの方ぜひぜひ足を運んでみてください♪
江の島北緑地広場です!

SKM_C25818030908140.jpg
SKM_C25818030908141.jpg
posted by 生態邑スタッフ at 12:11| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

アカネズミがやってきた!

こんにちは!よっしーです。

一昨日から降っていた雨は夜中に雪へと変わったようで、今朝の早川の山々は薄っすらと雪化粧になっており、とても幻想的な風景でした。
IMG_20180310_084755.jpg

さて、今日の野鳥公園では、シジュウカラのさえずりを聞いたり、掃除した巣箱の中にシジュウカラが出入りする姿を観察しました。また、ヤマセミ橋でよく見かけるトビが交尾をしていたりと、鳥たちの繁殖期が始まっています。
他にも、別のスタッフがヤマセミ橋からカワアイサを目撃したそうです。すぐにお客様と一緒に見にいきましたが、すでに飛び去った後・・残念。明日も来てくれるといいな。

そして、今日は館内の展示の中に森の生きものがやってきました!
RIMG3863.jpg
周りをキョロキョロしながら入ってきたのはアカネズミです!
この展示は水槽から外に向かってパイプが伸びており、その中を通ってネズミが水槽の中に入ってこれる仕組みになっています。

RIMG3862.jpg
何度もパイプから出てきては、ヒマワリの種をくわえてパイプの中へ戻っていきます。


始めて見るアカネズミに大興奮!
RIMG3859.jpg
すぐ近くで観察していても、警戒して動きを止めることがあっても、中々逃げません。
少し離れた所で見ているとパイプから顔を「ヒョコっ」と出してきました。
水槽の中は安心だと分かっているのか、大胆な性格な個体なのかもしれませんね。

中でも外でも出会いがたくさんの今日の野鳥公園でした〜!
明日はどんな出会いがあるか楽しみです。
posted by 生態邑スタッフ at 19:48| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

野鳥公園の電話不通について

本日、電話線の影響で野鳥公園の電話およびFAXが不通となっております。
皆様には大変ご迷惑とご不便をおかけしております。

野鳥公園に御用のある方はお手数ですがヘルシー美里までお電話ください。
ヘルシー美里/TEL 0556-48-2621 FAX 0556-48-2622

よろしくお願い申し上げます。
posted by 生態邑スタッフ at 11:39| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

野鳥公園の電話が復旧しました

昨日から今日にかけて電話線の影響により野鳥公園の電話およびFAXが不通となっており、ご迷惑とご不便をお掛け致しました。

3月12日、5時現在、電話およびFAX共に復旧しております。
posted by 生態邑スタッフ at 16:45| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

ムササビ巣箱、ぎゅうぎゅうづめ!

こんにちは!みきおです。
日中はすっかり春日和になってきましたね♪
野鳥公園の巣箱をねぐらにしているムササビも、
冬はまあるくなって眠っていましたが、
最近はおなかを見せて眠る場面も増えてきました。

DSCF7165.JPG
…あれ、3頭いる?
しっぽが3つあるのが分かるでしょうか。
そうなのです。
7月に生まれた子ども1頭と母ムササビの2頭がずっと使っていたのですが、
ここ最近、巣箱に3頭のムササビが入っているのです。

そして今日、その内2頭は睾丸のあるムササビであることが分かりました!
母ムササビと男の子2頭です!

そしてつい先日には、明け方に顔を出しているムササビをお客様が撮影なさったのですが、
そのムササビは、子どもの頃から変わらぬ「泥棒ひげ」顔でした。

E383A0E382B5E382B5E38393E5B9BCE78DA32-thumbnail2.jpg
9月の幼少期の写真
口の周りの黒い部分がかなり濃いのが特徴です。

ということは、家族が変わったわけではないようです。
恐らくですが、このお母さんムササビの、過去の子ども♂がやってきたのでしょう。
メスの子だと、母のなわばりから追い出されてしまうのですが、
オスの子は、こうやって大人になっても母ムササビの巣穴にやってくる例もあるようです。

3頭も一緒だと、暖かそうですね♪♪
そろそろムササビは出産期。
母が妊娠していれば、次の子どもが産まれるかも…。
ムササビファミリーの今後に目が離せませんね!


★野鳥情報★
今年もイワツバメが早川町へやってきました!
いつもの場所に営巣するのかな…?楽しみですね♪
posted by 生態邑スタッフ at 16:03| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

野鳥公園は今日も大賑わい!

こんにちは!よっしーです。

今日の野鳥公園は久しぶり肌寒い日でした。
しかし、野鳥公園にはキャンプサイト利用でいらしたご家族、友達同士で遊びに来てくれた子どもたち、野鳥観察にいらした方、そして、「冬のファミリーキャンプ」の参加者の方々と、いろんな方々が足を運んでくれましよ!

初めて野鳥観察に来られたご家族の方、まずは観察ルームで野鳥観察の練習です。
最初は慣れない双眼鏡に悪戦苦闘していました。しかしコツを覚えると・・
RIMG3905.jpg
「鳥さんがゴハン食べてる!」と初めてのバードウォッチングに大興奮でした。

こちらのご家族はスタッフのタヌキ(角田)と一緒にネイチャーガイドに参加です。
RIMG3886.jpg
スコープ(望遠鏡)や双眼鏡の使い方をしっかり学んで森へ出発!

とっ、いきなり生きもの発見!キムネクマバチを見つけました。
RIMG3893.jpg
「可愛い顔してる!!」とキムネクマバチをみんなで観察しました。


他にもロビーでは生きものの塗り絵を楽しんだり、シカの骨のパズルを組み立てたして楽しまれていましたよ。骨は本物です!

RIMG3902.jpg
「どんな色の鳥にしようかなー」
RIMG3904.jpg
お父さんは骨のパズルがお気に入りになられたようです!黙々と組み立てておられました。

自然の魅力がいっぱい、親子で楽しめる野鳥公園。
早川町を訪れた際には、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね。
posted by 生態邑スタッフ at 19:21| Comment(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

オニグルミの食べ跡

こんにちは!よっしーです。

今日はネイチャーガイドに参加してくれた子どもが、たくさんの宝物を持ってきてくれましたよ。
その中には、野鳥公園に生えているオニグルミの実もありました。
RIMG3908.jpg
けれども、このオニグルミの実には穴があいていますね。
実は、この穴はある生きものが食べた痕なんです。
その生きものとは・・・
IMG_3543.jpg
アカネズミです。
アカネズミは、オニグルミを押さえ込んで前歯でガリガリと削ります。
そうして穴をあけて中身を食べます。丈夫な歯で羨ましい・・・。

そして、よーく見てみると穴の大きさが少しづつ違いますね。
RIMG3908 - コピー.jpg
大きい穴や、小さい穴、ちょっといびつな穴など。
この理由のひとつには、アカネズミたちの個性の違いが考えられます。

オニグルミに穴をあけるのにどこを削っても良いというわけではなく、どうやら小さい穴で中身を食べる事ができる効率の良い部位があるようです。
たとえば経験の乏しい若いアカネズミだとその場所だけを削ることができず、どんどん殻を削ってしまい大きな穴になっていきます。
逆に経験豊富な大人のアカネズミは、小さい穴でも中身を食べられる場所を知っているので、オニグルミには小さな穴があいています。

ちなみに、私が森で見つけたお気に入りの食跡はコレです。
RIMG3921.jpg
途中まで削ったはいいけど「なんか違うな・・」と思ったのか、その場所はやめて別の場所を削って中身を食べています。
こうやって試行錯誤しながら上手な食べ方を学んでいくんですね。

食痕1つでも生きものたちの生活の一部が見えて楽しいですよ。
皆様も野鳥公園に遊びに来た時は、森でアカネズミの食痕を探してみてください。
きっと色々な形の食痕が見つかりますよ!

また、毎日10時30分と13時30分からスタッフと一緒に森へ観察に出かけるネイチャーガイドもあります。
ぜひ、私たちと一緒に森の生きものたちの生活を覗いてみましょう!

posted by 生態邑スタッフ at 17:01| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

カエル合戦始まりました

こんにちは!よっしーです。

今日は研修棟の近くで、久しぶりにこんな生きものに出逢いました!
RIMG3966.jpg
そう、アズマヒキガエルです。
メスのアズマヒキガエルに、オスのアズマヒキガエルが覆いかぶさっています。
アズマヒキガエルは初春に皆で申し合わせたかのように集合し、メスを奪い合う「カエル合戦」と呼ばれる産卵を行います。何十匹、時には何百匹ものカエルが一つの水場に集まるのです。

ちなみに、アズマヒキガエルたちは嗅覚を頼りに池へ向かっています。
池や池の周辺の匂いを覚えている、もしくは一度通った道の匂い覚えているなどの説があるそうです。
このアズマヒキガエルが向かっている方向も、野鳥公園の「オシドリ池」の方角でした。
・・・オシドリ池まであともう少し。
RIMG3984.jpg
新しい命を繋ぐため、のそのそと歩くアズマヒキガエルの姿が何とも頼もしく感じられます。

また、写真を撮っていると近くの斜面から「クッ、クッ、クッ」とアズマヒキガエルの声が聞こえてきました。
斜面を探してみると・・
RIMG3981.jpg
1匹のメスに3匹のオスが抱きついていました。
RIMG3981 - コピー.jpg
AがメスでB、C、Dはオス。
先ほどの鳴き声は、Dに抱きつかれたCが「オレはオスだから放せ」と鳴いていたようです。

メスを独り占めできるかどうかをめぐって、オス同士が争う「カエル合戦」がもう始まっていました。
去年は4月8日に池へ集まりだしたので、今年は去年より早くにオシドリ池にアズマヒキガエルたちが集合しにぎわうと思います!
今後もアズマヒキガエルの産卵の経過を観察していきます。

posted by 生態邑スタッフ at 15:56| Comment(2) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

春のはやかわ子ども探検隊キャンプ けもの博士になろう!

こんにちは!よっしーです。

今日から2泊3日で、「春のはやかわ子どもキャンプ けもの博士になろう」が開催されています。
RIMG2267.jpg
名前の通り、参加出来るのは子ども達だけ!
けもの博士になるべく、ドキドキわくわくの大冒険を楽しんでいます!
その様子をご紹介します〜。


最初はみんなで自己紹介!
RIMG2229.jpg
初めまして!緊張しながらみんなで自己紹介。これから3日間よろしくね♪

自己紹介が終わったらさっそく冒険に出発!
双眼鏡、虫眼鏡、地図、ペン、方位磁石、懐中電灯などなど、冒険アイテムを持って野鳥公園へゴー!
RIMG2272.jpg
野鳥公園の入り口で記念撮影!

さて、けもの博士になるには、生きものたちについて詳しくならなくてはいけません。
そして、生きものに出会うために、生きものたちのフィールドサイン(痕跡)を調べます。
さっそくテツが生きもののフィールドサインを発見しました!
RIMG2289.jpg
どうやら、フンのようです。なんの生きもののフンかな?
RIMG2290.jpg
見つけたフィールドサインの大きさや場所を調査用紙にメモしていきます。
その後も野鳥公園の森や河原で生きものやフィールドサインを探します。
RIMG2296.jpg
RIMG2301.jpg

そして、日も暮れて暗くなってきたら夜行性の生きもののムササビの観察や、みんなで力を合わせて夕食作りも行います!
あと二日、どんな冒険が待っているのでしょうか?様子をご報告しますので、どうぞお楽しみに!
posted by 生態邑スタッフ at 19:23| Comment(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

春のはやかわ子ども探検隊キャンプ 2日目!

こんにちは!よっしーです。

子どもキャンプ2日目です。
今日も朝から森へ出発!

まず、野鳥公園の森の中で生きものが残した足跡や糞などの「フィールドサイン」を探しました。
RIMG2357.jpg
生きものたちのフィールドサインを探して森の奥まで探検します。
RIMG2369.jpg
「あっ岩の上にクルミを食べた跡があるよ」
誰が食べたのかな?なんでここで食べたんだろう?

午前中にフィールドサインを探したら、午後は拾った生きもの達のフンを調べて、何を食べていたのかを調べます。
マスクと手袋をして分析開始!
RIMG2399.jpg
RIMG2397.jpg
RIMG2406.jpg
バラバラになったフンを顕微鏡を使った詳しく観察します。何が入っているかな?

フンを調べた結果、テンのフンにはシカの毛、シカのフンには草の葉や茎、サルのフンには樹皮などが入っていました!

子どもたちみんなで力を合わせて調べた結果、同じ時期に拾ったフンでも、生きものたちによって食べている物が違うということがわかりました。

そして、調査が終われば晩御飯。
今夜の夕食はなんとシカ肉のバーベキューです!
まだまだ楽しいキャンプは続きますよ!!
posted by 生態邑スタッフ at 20:58| Comment(2) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

子どもキャンプ無事帰途につきました!

こんにちは、たぬきです。

3月24日から2泊3日行われていた子どもキャンプが終わりました!
全員けもの博士の「認定書」と「認定バッチ」を持って
バスや車でに乗り込み、さよならしました。

最終日はセンサーカメラを回収して
今まで取った記録をそれぞれ記入。
DSC_0047.JPG
どこに、けもの道があったかな?教えてくれています。

DSC_0057.JPG
記録をまとめています。

DSC_0117.jpg
全員がきちんと自分が見た記録をそれぞれまとめられたので、認定書を隊長テツからもらいました!

3日間森の中でいろいろなけものの痕跡をさがしたり、
夜の生き物や朝の生き物たちに会いにでかけたり、
盛りだくさんの3日間でしたね。

また早川町に今回つくった地図を持って遊びに来てくださいね!
DSC_0029.JPG
posted by 生態邑スタッフ at 14:09| Comment(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

ヘルシー美里・温泉貸切のご案内

ヘルシー美里の温泉利用についてのお知らせです。

3/28(水)、29(木)は、団体様のご利用のため温泉を一時貸し切りとさせていただきます。
それぞれの貸切時間は以下の通りとなります。

3/28 (水) 20:00〜21:00
3/29(木) 16:00〜17:30

皆様にはご不便をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 生態邑スタッフ at 09:47| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

シジュウカラ巣作り中!

こんにちは、わくわくちゃんです!

今日はシジュウカラがせっせと巣作りしていました。

IMG_7965.JPG

巣箱から顔を出しています。
出入りの時は、危険がないかきょろきょろと周りを確認し、素早く移動します。
シカの毛や苔を口いっぱいにして、何度も巣へ運んでいました!


巣の中に設置してあるカメラで、中の様子を見てみると・・・。

sizyuukara.jpeg

アップのシジュウカラが!巣の材料を運びつつ、巣を整えます。

sizyuukara2.jpeg

カメラに気がついた!
気になったのか、カメラをつついていました。
ごめんね、でも壊さないでね!


シジュウカラは巣作りを始めて、だいたい1週間ほどで産卵するそうです。
順調に巣材が集まれば、4月の上旬には卵が見られるかもしれませんね!

カメラの映像は館内で常に見られます。
是非、シジュウカラの子育てを一緒に観察しましょう!
posted by 生態邑スタッフ at 20:29| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

賑やかな声が!

こんにちは!わくわくちゃんです。

野鳥公園には、朝から賑やかな声が聞こえていました!

DSC_3385.JPG

赤い顔をした、ニホンザル!基本、群れで行動をする動物です。
ニホンザルは声を掛け合ったり、ケンカをしたりする時に声を出すので、群れの近くにいると賑やかです。

この賑やかな声でサルに出会えることもしばしば。


今日は暖かく、日の当たるところで気持ちよさそうに毛づくろいをし合っていました。

IMG_7981.JPG

気持ちよくて、そのまま眠ってしまうことも・・・。
1時間程同じ場所でのんびりと過ごす様子が見られました。


冬は食べ物が少なくなるので、毛づくろいや休息するよりも、食べ物を求めて移動する時間が多くなります。
長い時間同じ場所でのんびりとしていたのは、食べ物が増えたからだと思われます。

植物の花や新芽といった食べ物が増えてきたので、サルにとっては一安心なのかもしれませんね。
posted by 生態邑スタッフ at 18:51| Comment(2) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする