2018年02月01日

雪降る野鳥公園

わくわくちゃんです!
お昼頃から雪が降ってきました。

image2.jpeg


雪化粧した山がきれい!
もう積もり始めてきています。

image1.jpeg


1月22日の積雪の後には、公園内にツグミやエナガ、マヒワといった冬鳥たちがよく見られるようになりました。
おそらく、標高の高いところでは雪で地面の食べものが見つけづらくなり、雪の少ない低いところへと下りてきたのではないかと思われます。

今日の積雪で、野鳥の動きに再び変化があるかもしれません。
明日からの鳥たちに注目ですね!


そんな雪の降る野鳥公園では、雪と冬鳥のコラボが見られました。

ミヤマホオジロ02-2.jpg

シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、キジバトに加え、
ミヤマホオジロ、カシラダカがよく観察ルームに来ています!
また、エナガ、ルリビタキ、カワラヒワが毎日見られています。

雪の中で活動する鳥たちの姿を見に来てみませんか?
posted by 生態邑スタッフ at 18:56| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

雪でも元気に営業中

こんにちは!よっしーです。

昨日から降り続けた雪で野鳥公園は一面の銀世界です!
いつも見る早川も雪化粧。
DSC_0147.JPG


綺麗な風景ですが、見とれてばかりいられません。
スタッフみんなで雪かき!

DSC_0167.JPG
わくわくちゃんの笑顔が眩しいです(笑)

野鳥公園内、お客様が歩けるように道を作りました。
作業中にはこんな鳥も!

DSC_0178.JPG
幸せの青い鳥 ルリビタキです。
うーん、かわいい!疲れも吹き飛びます。

他にもエナガ、ジョウビタキ、ミヤマホオジロ、ツグミなどの冬鳥が見られました。


野鳥に癒されつつ、みんなで力を合わせて、県道から公園内までぐるりと道を作りました!

IMG_1914.JPG

公園内の観察路も歩きやすくなっています♪
明日も通常通り開園しています。
スタッフの努力をぜひ見に来てください!!

また、早川町の県道は、除雪車のおかげで車も通れるのでご心配なく。


週末は雪景色を見ながら薪ストーブで暖まりつつ、野鳥観察などいかがでしょうか?
皆様のお越しをお待ちしております♪
posted by 生態邑スタッフ at 17:05| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

2月3日野鳥公園雪情報

こんにちは、たぬきです。
本日は節分ですが、大豆の用意はできていますか?
野鳥公園には残念ながらピーナッツしかありませんでした。
効果はいかほどか・・・。

という季節行事もありますが、
一昨日の積雪・園路雪かき状況のご報告です。

県道は朝晩の冷え込みによる凍結の心配はありますが、
道路は除雪されていますので、スタッドレスタイヤの装着と安全運転を心がけて
頂ければ問題なくお越しいただける状況です。

おばあちゃんたちのお店、野鳥公園駐車場周りの様子。
お店のスタッフが駐車場をすっかりキレイに除雪してくれました。
DSC_0232.JPG
※本日おばあちゃんたちのお店は臨時休業となります。


ヤマセミ橋の状況。
ここも除雪がすみましたので、滑る心配なく通行していただけます。
DSC_0235.JPG

ヤマセミ橋から見える山々の様子。
標高がちがうと雪の残り方も違いますね。
DSC_0237.JPG
DSC_0240.JPG

管理棟の様子
管理棟の周りも除雪してあります。
DSC_0264.JPG
園路の様子。
現在、安全上の都合のため、通常ルートとは違うルートでご案内しております。
DSC_0253.JPG
おしどり池の様子。
すべて氷結しています。光が当たると幻想的な風景に。

DSC_0255.JPG
休憩棟付近
暖かい時間帯ミヤマホオジロやカラ類の混群がよく利用しています。

DSC_0257.JPG
いつもは右側へ降りて川原におりますが、凍結等の安全性の都合上
おしどり池の横を歩く特別ルートになります。

雪の野鳥公園ではいつもと違う鳥たちの様子が観察できます。
皆さんが安全に野鳥公園をご利用できるよう整備しておりますので、
ぜひお越し下さい。お待ちしております!

posted by 生態邑スタッフ at 10:46| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

森のたき火カフェ開催〜♪

こんにちは!みきおです。
先日の雪はまだ残っていますが、昨日今日は暖かい日で、野鳥公園の中を走っていたら、暑くなってフリースを脱いでしまいました!

そんな野鳥公園で、今日は森の焚火カフェを開催しました〜!


燃えやすそうな木の枝を集めながら移動します。
RIMG0317.JPG

森の奥の広場に到着したら、いよいよ焚き火開始!
まずは火おこしから!

なんと今日は持参の火打石で着火してくれました。お見事!
RIMG0318.JPG


コーヒーやココアを飲みながらのんびり過ごしたり、
近づいてきた野鳥を観察していたら、焼いていたマシュマロを焦がしてしまったり、
楽しいハプニングもありましたが、木々に囲まれた会場で、まったりとした時間を過ごすことができました〜。
RIMG0325.JPG

鳥を見る目的で森を歩くのも楽しいですが、
こうやって、のんびりと自然に溶け込むように遊びながら、
出会った生きものを観察するのも楽しいですよね♪

火がおき火になり、ちょうどおなかもいっぱいになったのでカフェタイムは終了!
終わった後は、なんとさっそく雪合戦を楽しんでいました(笑)
あと何日かは、雪合戦や雪だるまづくりが楽しめそうですよ〜♪
posted by 生態邑スタッフ at 21:06| Comment(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

本日の野鳥公園とテレビ出演!

こんにちは、わくわくちゃんです!

本日は開園と同時に二ホンリスがやってきました。

image2.jpeg

雪の上で何やら探している様子・・・。
観察ルームに来ている野鳥に交じって、うろうろとしていました。

野鳥の水浴び場で水を飲んでいる様子も。

image1.jpeg

耳を立て、時折周りを見渡しながら水を飲んでいました。
これは天敵からすぐに逃げられるように、常に周りを警戒していたのだと思われます。


リスの他にも、野鳥公園ではルリビタキやジョウビタキが「ヒッヒッ」とテンポ良く鳴いている様子が、よく観察されました。
他にも、コゲラ、コガラ、ミヤマホオジロ、カシラダカ、クマタカなどが見られていましたよ!



それと、テレビ出演のご報告です!

明日、南アルプス生態邑のスタッフがテレビに出演します。
テツがメイプルシロップ作りにたき火カフェ、アニマルウォッチングのガイドを行っている様子が特集されます!
放送は山梨県内のみのとなりますが、ご覧になれる方はぜひご覧ください。

山梨放送(YBS)
「ててて!TV」 毎週月曜〜金曜 
夕方3時30分〜4時50分(この時間内のうち、どこかでテツがでます!)
http://www2.ybs.jp/tetete/

posted by 生態邑スタッフ at 19:51| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

立春も過ぎました

こんにちは、たぬきです。

立春も過ぎ、最近昼間の日差しが暖かく感じる日もあります。
シジュウカラたちの声にもさえずりのフレーズが混じり始めました。
まだまだ冬な気分ですが、季節は着実に進んでいるようです。

さて、観察ルームや園内ではカラ類の混群が見られますよ、と案内していますが、
逆に冬でも群れを作らず、なわばりをつくる鳥もいます。

例えばオスの青と黄色がキレイなルリビタキ。
DSC_0324.JPG

冬場は雌雄独立した採餌なわばりを作り、餌を確保します。
野鳥公園ではルリビタキオスの採餌なわばりを調査中。

今日はさえずり広場で発見。
DSC_0311.JPG
DSC_0314.JPG
地面をなにやらガサガサ。
口に落ち葉をくわえています。
決定的瞬間は捉えられませんでしたが、落ち葉の下の昆虫などを探していたのかもしれません。

観察されていることに気がついて一度飛び立ってしまったのですが、10分ほどするとまた戻ってきました。
DSC_0338.JPG

なわばりを持つ彼らは採餌するだけでなく、日に何度か同じ場所を確認しにやってきます。
じっくり腰を据えて待ってみると彼らの方からやってきてくれるかもしれませんよ〜
DSC_0353.JPG
(さえずり広場には日に3度はやってくるらしいです)

ちなみに野鳥公園で見かけたら「ここで見たよ〜」とスタッフに教えてもらえると嬉しいです!
お待ちしてます♫
posted by 生態邑スタッフ at 12:42| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

ヤマガラの知恵

こんにちは、たぬきです。

今日は午前中暖かく、なんの種類かは特定できませんでしたが、
ハエの仲間と思われる昆虫がマンサクの近くを飛んでいました。
日差しが入る場所はすっかり雪もなくなり、おしどり池の氷も薄くなっています。
この前までは外で寝転がれば凍死しそうだなんて思いましたが、
今日は日向ぼっこして寝ていたいような陽気。
みなさんも天気の良い日にぜひ野鳥公園へ日向ぼっこしながら
野鳥観察にいらしてください♫

さて、園路を歩いていると、観察ルームの常連ヤマガラを地面の上で発見。
DSC_03231.jpg
「ニーニー」という鳴き声とオレンジ色のチョッキがトレードマークの彼ら。
木の実大好きな彼らは普段木の上で採餌することが多いのですが・・・いったい。

DSC_0336.JPG
頑張って朽木をつついています。
DSC_0335.JPG
時折キョロキョロして安全確認しながら頑張ること数分。

DSC_0357.JPG
おお!?
何かを引きずり出すことに成功!!
よーく見るとどんぐりのようです。

DSC_0360.JPG
あっという間に安全そうな茂みに移動していきました。

ヤマガラは秋になると木の幹や樹皮の割れ目、倒木の朽ちた部分にどんぐりなど
木の実を貯食する習性があります。
しかも隠すときはコケや土も詰め込み、人間の目にはほとんど判別できないほど。
そんなに丁寧に隠して忘れてしまわないのかと心配になりますね。
でも驚くことに、隠された木の実を探し出すときはほとんど迷わず、
的確に取り出すということが報告されています!
闇雲に探索することはエネルギーを消費するので非効率的ですから
食べ物の少ない冬には死活問題。
なにかしら彼らだけの目印があるのかも・・・。

今回のどんぐりが貯食されたものなのかは判断できませんが、
ヤマガラたちも厳しい冬を生き抜くために頑張っているのですね。

posted by 生態邑スタッフ at 15:07| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

品川区&早川町交流バスツアー メイプルシロップ作り体験のご報告

こんにちは!みずっちです。

2月10日から1泊2日で品川区の皆様にお越しいただきました。
今回のテーマは「メイプルシロップ作り体験」!
なぜメイプルシロップかというと、いま早川町では「早川カエデプロジェクト」といって山に自生するカエデからシロップを作る取り組みが行われているからなのです。

site_id.png

そこで、参加者の皆さんに実際に森に生えているカエデから樹液を採取して、メイプルシロップを作る体験をしていただきました。

カエデを探す場所は野鳥公園の森の中。
ちなみに探すのは「イタヤカエデ」という元々日本に自生しているカエデです。
PA273064.JPG
↑イタヤカエデの葉。

葉が特徴的なのですが冬には葉を落としてしまう落葉広葉樹なので、木の幹の特徴や枝の付き方を見て探します!
皆さん「あれかな〜」「これはどう?」とワイワイしながら探されていました。

RIMG0331.JPG
↑見事イタヤカエデの木を探し当てることが出来ました!

木を発見したら早速樹液を採るための装置をセットします。
幹にドリルで穴をあけ、ホースとタンクを設置していきます。

P2124188.JPG
(穴から滲みだす樹液に皆さんから歓声があがりました!)

RIMG1894.JPG
↑イタヤカエデに採集キットを仕掛け中。

このまま一晩樹液が貯まるのを待ちます。
イタヤカエデの樹液は、1年の中でこの時期だけ、たった2週間しか採れない貴重なもの。
さらにその時の気温や気象条件、個々の木自体の樹勢(活力)によって大きく変化します。
皆さん、期待に胸を膨らませながら野鳥公園を後にしました。



そして翌日!わくわく、ドキドキしながら様子を見に行くと・・・

RIMG0348.JPG
採れてた!と樹液の溜まったボトルを見せてくれました。
大成功♪量に差はありましたが、皆さん樹液を採取することができました!

樹液をもらったイタヤカエデが傷まないよう、専用の薬を塗布するのも忘れずに。


RIMG1899.JPG
(来年もまた樹液を採らせてねー)

さて、いよいよ樹液を煮詰めてメイプルシロップにします。
RIMG1918.JPG

ぐつぐつと煮詰めていくと部屋の中にはメイプルの甘い香りが・・・
そして、約1時間後にシロップが完成!

RIMG1924.JPG
(試しにになめていると…甘いっ!)

とても甘いメイプルシロップが出来上がり、瓶に詰めてお土産に♫
お家で食べるのが楽しみですね♪
RIMG1933.JPG

品川区の皆さん、またぜひお越しくださいね。
次回はシシ鍋のツアーが予定されていますよー



そして今週末にもこのメイプルツアーが一般の方向けにも開催されます!
定員も残りあとわずか。気になった方はヘルシー美里までぜひお問い合わせください。
2017_w4bnr.jpg
posted by 生態邑スタッフ at 14:26| Comment(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

ヤマアカガエルの産卵!

こんにちは、わくわくちゃんです!

今日は気温が高く、日陰でも最高気温は12度まで上がりました。
地面も暖かく、森の中でつい日向ぼっこしてしまいたくなる一日でした。

image1.jpeg


暖かさを感じたのはスタッフだけではなかったようです!
だんだんと氷が溶け始めたオシドリ池に・・・

image3.jpeg

今年初、カエルの卵を発見しました!
ぶつぶつとしているゼリー状の塊が卵です。
image2.jpeg


この卵は、毎年一番初めに産卵をするヤマガエルのもの。
去年の初卵日は2月19日だったので、4日早い産卵でした。
10日に降った雨が、産卵の合図になったのかもしれませんね。
2009.10.29 南ア野鳥公園にて.jpg

再び池が凍ってしまわないか心配ですが、無事に卵が孵ることを祈りながら観察していきたいと思います。
posted by 生態邑スタッフ at 17:29| Comment(2) | ほかの生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

木の実のふしぎ

こんにちは、たぬきです。

今日は管理棟まわりでジョウビタキのオスがよく姿を見せてくれました。
DSC_0468.JPG
ヒッヒッという声が聞こえたらぜひ驚かさないように
ひっそり探してみてください。
比較的目立つところで鳴いていることが多いので見つけやすいですよ♫

さて、このジョウビタキ、基本的に液果が好きな小鳥なのですが、
1月あたりからヌルデという木にちょくちょくやってきて
木の実を食べているのを見かけていました。

今日も管理棟前の広場近くでヌルデでこのジョウビタキを見つけたのですが・・・
DSC_0455.JPG

あれ?
なんだかこのヌルデ、実がいっぱい残っている・・・
DSC_0453.JPG
ぶどうのような茶色い房状の木の実が。

園内のほかの木は確認する限りほとんど食べ尽くされています。
この木だけなぜ・・・?

予測@この木の実の状態が悪い(鳥にとって美味しくない?)
予測A実は中身がない(虫とかが食べた)
予測B上空が開けすぎていて危険を感じる

予測@・Aの検証
まだ食べていないヌルデの実をちょっと頂いて見てみる。
残念ながら木の実が最初にどれだけなっていたのか見ていなかったので、
来年のヌルデの様子を観察する。

予測Bの検証
上空をどれだけ天敵の猛禽類が飛ぶか調査する。
センサーカメラなどでどれだけ木の実を食べる小鳥たちがやってくるのか頻度を調べる。
何本かのヌルデで同じ調査をする。

1個の事実を知るためにたくさんの情報と時間が必要ですね。
とりあえず、ちょっとだけ木の実をもらって観察してみることにします。

DSC_0440.JPG
この広場のヌルデ、ルリビタキのオスもやってくるので、
ぜひ皆さんも観察してみて気づいたことがあったら教えてください!

ちなみに、同じ木が並んでいてもたくさん鳥が集まる木とそうでない木はあるそうで、
ある研究では木の実の中の種の大きさに違いがあるという結果が出ているそうです。
より中の種が小さくて周りの果肉が大きいほうの木にやってくるのだとか!

鳥たちも小さなことですが、生きるためにちゃんと選択しているのですね。



posted by 生態邑スタッフ at 22:10| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

小さな春

こんにちは、わくわくちゃんです!

ここ1週間ほどで、春の気配を感じるようになりました。
鳥のさえずりが聞こえ始めたり、ヤマアカガエルの卵塊が見つかったり。

ハエの飛ぶ姿も見るようになってきました。

image2.jpeg
まだ寒いのか動きが少し鈍いです。


他にも活動を始めた生き物はいないかと、公園内を歩いていると・・・。

image3.jpeg


落ち葉の上で動く生きものが。

image4.jpeg


落ち葉と同じ色の、クモでした!

image5.jpeg

落ち葉の中に潜んでいたのか、歩くのに反応して出てきました。
5分探しただけでも、6匹のクモを発見!
気温が10度前後の日が続ていたので、この暖かさで活動を始めたようです。

さらに暖かくなるとどんな生き物が見られるのか、楽しみです!


ぜひ足元の春にも目を向けてみてください。
クモや昆虫等が動き始めているのが見られるかもしれませんよ♪
posted by 生態邑スタッフ at 15:38| Comment(0) | ほかの生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

早めのこんにちは

こんにちは!よっしーです

今日管理棟を掃除していたらこんな昆虫を発見しました!
RIMG3732.jpg
キアシナガバチです。
本来なら暖かくなる4月〜5月くらいまで冬眠しているはずですが、ここ数日の暖かさとストーブの暖かさのためか管理棟で冬眠していた個体が動き出してしまったのでしょう。
まだ暖かさが足りないのか動きもノロノロです。

実はアシナガバチやスズメバチなどハチは、夏の終わりから秋ぐらいに新しく生まれる新女王バチを残し冬にはみんな死んでしまいます。
残った新女王バチは建物の影などで越冬し、春になると最初は1匹で巣を作り卵を育てます。
大きなハチの巣も最初はこの1匹から始まると思うと昆虫って凄いですね。

ちなみに、このキアシナガバチは管理棟にいると気温の変化で弱ってしまうので、気温が一定の外の物置小屋の木箱の中へ移動させました。
また、4月頃に暖かくなったらでてきてね。

-今日の野鳥情報-
公園内ではカヤクグリ、アカゲラ、ゴジュウカラ、ミヤマホオジロ、カシラダカ、カワガラスなどやヤマガラ、シュウジュウカラ、コガラ、ヒガラなどのカラの混群が観察されています。
また、さえずり広場周辺では綺麗なオスのルリビタキが縄張りを作っているので、頻繁に観察されていますよ。







posted by 生態邑スタッフ at 02:00| Comment(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

野鳥調査報告2月

こんにちは、テツです!

2月の野鳥調査のご報告です。
小鳥たちのさえずりが聞こえ始め春を感じる調査でしたよー

まずは、林道から。
カラ類混群の多さは相変わらず。特にエナガたちは松の枝先に集中していました。針葉樹には冬越ししている小型昆虫やクモ類が多くつくので、きっとそれを狙っていたのでしょうね。
他には、マヒワやルリビタキなど。

P2214260-2.jpg
(松の葉の中にいるエナガAegithalos caudatus)

次は、まだまだ風は冷たい河原。
カワガラスたちのさえずりはひと段落したようですが、セグロセキレイがよくさえずっていました。
また、調査中、早川本流を下っていくヤマセミを確認。
野鳥公園のオシドリ池の氷も解けてきたので、早く池に来てくれないかなー

P2214235-2.jpg
(カワガラスCinclus pallasii:瞬膜が白く見えている)

野鳥公園では、カラ類混群を始め、ミヤマホオジロやルリビタキもまだ見られています。
キクイタダキもまだ見やすいので是非探してみてください。
シジュウカラやホオジロはよくさえずってもいましたよ!さらにミヤマホオジロもさえずりを確認。
ぐぜりのような独特の長いさえずりでした。

P2214264-2.jpg
(ミヤマホオジロEmberiza elegans:さえずっていたオスが撮れなかったので、代わりに可愛いメスを)

畑では、ツグミがだいぶ増えてきました。渡りの前にはまた大規模な群れになっていくのでしょうね。
ジョウビタキたちの縄張りも少し変化してきたように感じます。
少しずつ春が近づいてきていますよ!

P2224312-2.jpg
(ツグミTurdus naumanni)

まだ冬鳥たちが見られていますが、さえずりが始まったり、縄張りや行動に変化が見られたりと確実に春の気配が漂っています。
来月には夏鳥一番乗りのツバメたちにも出会えるでしょうか?

今回、確認した種
キジバト、アオサギ、トビ、ヤマセミ、コゲラ、アカゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ミソサザイ、カワガラス、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、カヤクグリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ

posted by 生態邑スタッフ at 00:00| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

ルリビタキのお食事

こんにちは、わくわくちゃんです!

本日の野鳥公園は快晴!暖かい一日でした。
入園されたお客様から、こんな写真をいただきました。

1.本日のルリビタキ.jpg

青に山吹色が綺麗な、ルリビタキです!
素敵な写真を提供して下さり、ありがとうございます。

なにやら虫のようなものをくわえています。

お尻にハサミがついているので、恐らくハサミムシの仲間だと思われます。
落ち葉や石の下に隠れている昆虫です。
暖かくなってきた為か、ヘルシー美里の周りでも最近よく見かけています。

image1.jpeg



また、こんな写真もいただきました。
同じようにハサミムシに似た昆虫をくわえています・・・。

5.2月9日 ルリビタキ+ハサミムシ?.jpg


よく見ると、ハサミムシよりもお腹が太くて丸く、ハサミも細長いです。
この昆虫はアリジゴクだと思われます。

lgi01a201404250400.gif

正式な名前はウスバカゲロウと言い、その幼虫をアリジゴクと呼びます。
砂の中に身を潜め、アリを捕食する生き物。
潜っているので普段は姿が見えません。


ルリビタキは落ち葉や砂の中に隠れている昆虫をうまく見つけ出しているようです!
どうやって見つけ出しているのでしょうか?
今度ルリビタキに出会った際は、じっくり観察してみたいと思います!


posted by 生態邑スタッフ at 20:34| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

一期一会を忘れずに!

こんにちは、たぬきです。

少し風はありますが、野鳥公園周辺は快晴。

園路に落ちた枝などを撤去していると
動きにびっくりしたのか隠れていたヤマドリと思わしき鳥が
背後から飛び立ち、こちらもびっくり。転ぶかと思いました。

じぃっと隠れてやり過ごすつもりだったのでしょうが、
やたら変な動きをする人間!逃げなきゃ!という判断をされたようです。
みなさまも野鳥公園キャビン周辺はよく彼らに出会うので気をつけてみてください。
意外と近くに・・・いるかも。

さて、今日も園内点検中に小さな春を発見。
どんぐりが根を伸ばし、殻から出て準備万端!というふうです。
DSC_0193.JPG

なんのどんぐりかな、と近づいてみると・・・?
DSC_0195.JPG

おや?
なんだか、ふわふわとしたものが・・?
DSC_0196.JPG
よくみるとあたりに1羽分の小鳥の羽が散らばっていました。
誰かのお食事跡だったようです。

ざっくりチェックしてみると背中の羽の色や尾羽の色などから
ホオジロの仲間のよう。最有力候補はカシラダカです。

この羽を見つけた休憩棟付近は小鳥たちがよく集まるスポット。
小鳥がよく集まるということはさらにそれを狙う猛禽などもやってきます。
餌の少ない冬を乗り越え、もう春も目前でしたが、鳥たちはいつも命のやりとりをしているのですね。

観察ルームにやってくるシジュウカラたちも
野生下での平均寿命は1.7年(約20ヶ月)と言われます。
野鳥との一期一会の出会いを大切に観察していきたいですね。


posted by 生態邑スタッフ at 11:45| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

森の正露丸

こんにちは!よっしーです

今日は天気もよく、野鳥公園は暖房がなくても大丈夫なくらい暖かい一日でした。
朗らかな陽気のためか、久しぶりにムササビも顔を出してくれましたよ。
RIMG3802.JPG
巣箱に頭を乗せてこっちを見ていますね。
鼻の上が黒っぽいので、去年の7月に生まれたどろぼうちゃん(あだ名)だと思います。

そしてムササビを観察しながら地面に目をやると、こんなものを見つけました。
(黄色い矢印)
1519626172456.jpg
正露丸?
いえいえこれはムササビのウンチです。
RIMG3806.jpg
約6mmほどのウンチがアカマツの根元にコロコロと落ちていました。

木屑が固まったようなウンチで崩してみると写真のように細かくパラパラになります。1519626170985.jpg

ウンチの中身はおそらくコチラ
1519626165758.jpg
アカマツの新芽です。

ウンチの近くにムササビが食べたと思われる食痕が落ちていました。
1519626169115 (2).jpg
右の新芽は先端部分がスパッと綺麗に切れているので、ムササビが前歯で食べた痕だと思われます。

ちなみに、管理棟前のアカマツにはムササビのたくさんのウンチが落ちています。
皆さんもぜひ探してみてください。
RIMG3812.JPG
何個あるかわかるかな?

答えはコチラ続きを読む
posted by 生態邑スタッフ at 16:49| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

北小ビーンズ研究発表!

こんにちは!みきおです。
今日は、北小学校のビーンズの発表会がありました!
総合学習の授業で、それぞれの子ども達が自分のテーマを持って、半年間、野鳥公園周辺の自然の中で調査研究をした成果です!

P2274389.JPG
こんなにたくさんの人が集まりました。


P2274376.JPG丁寧に、分かりやすく発表をしていました!
何度も何度も練習した成果です!
練習の時から見ていたので、みんなの成長ぶりに感動しました。


DSCF7080.JPG発表を聞いた子ども達から鋭い質問も!
難しい質問に対しても、現場で見たことから、
自分の考えをしっかりと伝えられていました。
フィールドで集めたデータを、一生懸命考えて分析をしてまとめたことで、
そんな力が備わったのではないかと思います。

DSCF7057.JPG今までの授業の様子がポスターになって飾られていました。


今回の調査・研究から、来年どんなことがしたいのか、
さっそく新しい課題を見つけている子ども達もいました。
研究から、新しいギモンを見つけて、また挑戦して…。
もうみんな、立派な科学者です!
また来年の調査が楽しみですね。


今日のビーンズの様子が、明日のNHK甲府で、
朝6:55〜、7:55〜の5分間、紹介されます。
山梨県在住の方は、是非ご覧ください〜。
posted by 生態邑スタッフ at 17:38| Comment(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

イノシシは何を食べてる?

こんにちは、わくわくちゃんです!

今日もルリビタキがさえずり広場にやってきて、何度も地面に降りて虫を捕まえていました。
残念ながら、食べるのが早くてなんの虫だったのかは分かりませんでした・・・。
次こそは判別したい!


そんな野鳥公園で、面白い発見が!

先日、地元の方がイノシシを仕留め、スタッフが胃内容物をもらってきました。
胃内容物の中には、今、このイノシシが何を食べて生活していたのかが分かる、とっておきの情報が含まれています!


水で洗って観察。何が見つかるかな?

image4.jpeg



胃内容物の中には、植物の根っこが多く含まれていました。
そして、次に多かったのはこちら。

image1.jpeg

顕微鏡で拡大して観察。
茶色くて硬い、砕けた破片のようなものが沢山ありました。
また、白い果肉のようなものも・・・。

答えは森に落ちていました。


image3.jpeg

クルミです!
クルミの殻は茶色くて硬く、中には栄養のある白い実がつまっています。

イノシシは歯が強く、クルミを砕いて食べます。
実と共に殻の破片も食べていたのですね。

他にもクルミの薄皮と思われるものもありました。

image2.jpeg


実はクルミの仲間のオニグルミという種類が、この秋豊作でした。
オニグルミはリスやアカネズミ、サルも利用する食べ物です。
なので例年この時期にはほとんど残っていないそうなのですが、野鳥公園にもまだ食べられていないクルミが落ちていました。

このイノシシは、今年豊作だったクルミを食べて生活していたのですね。
森の変化に合わせて生活しているということが分かりました。
posted by 生態邑スタッフ at 20:42| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする