2018年01月10日

野鳥公園に小さな自然科学者たちがやってきました!

こんにちは!よっしーです。

今日は早川北小学校の総合学習「ビーンズ」の授業が野鳥公園で行われました。
「自然科学者になろう!」というテーマで、子どもたちが早川町の自然を調査!
7人が、それぞれ自分で見つけた疑問を自分で解明していきます。

種類によって実の減り方が違うのはなぜ?
いくつ木の実が減ったのかを調査!
RIMG3220.JPG


クルミの行方を調査!
誰が食べてるの?どこまで運んでいるの?
IMG_4262.JPG
クルミに番号を書いて、いくつ運ばれたのか調べます。
IMG_4255.jpg


けもの道にどんな動物が通るのか、センサーカメラを使って調査。
RIMG3224.JPG
シカも使っている道なんだ!
無題.jpg


生き物が好きな木の実はどんな木の実なのだろう?
森で集めた木の実を並べて、どんな生きものが何を食べるのか実験中!
IMG_4248.JPG


どんな昆虫が、どんな場所で冬越しするのかを調べます。
岩の下に隠れてる?
無題.gif


今日の調査が終わり、野鳥公園の研修棟でデータの整理。
P1103894.JPG


どんな結果がでるのか、楽しみです!
posted by 生態邑スタッフ at 16:00| Comment(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする