2017年04月08日

はじめましてのご挨拶

皆様はじめまして。
今年の4月から野鳥公園の新スタッフとして働いている「よっしー」です。
吉田祐一.jpg
早川町に来る前は、東京の葛西臨海公園にある鳥類園や葛飾区の水元公園内の水元かわせみの里で、生きもののガイドや展示物などを作っていました。
これからは早川町の文化や生きものたちを学び、野鳥公園で骨格標本や剥製などの展示物を作っていきたいと思います。

さて今日は初めての野鳥公園の勤務日!
山菜のコゴミやアブラチャンの花などを見ながら園内を歩いていると、足元にこんな生きものを見つけました。
RIMG0435.jpg
アズマヒキガエルというなかなか愛嬌のある顔をしたカエルです。
毎年野鳥公園ではこの時期になると、多くのアズマヒキガエルたちがオシドリ池に卵を産みにやってきます。
このメスも池に向かう途中に2匹のオスに見つかり、抱き着かれたようです。
RIMG0438.jpg
真ん中のメスにおんぶに抱っこ状態なのがオスです。
アズマヒキガエルのオスは、メスが産卵するまで頑として放しません。
オスは自分の子孫を残すために必死にメスに食らいつきます。分かるぞ、その気持ち。
RIMG0445.jpg
メスはオスを引きずりながら歩いていきました。

野鳥公園では新芽や花が咲き、カエルなどの生きものたちを見かけるようになり、季節が移り変わっているなぁーと感じます。
この時期、野鳥公園で朝見た風景は夕方には変わっているそうです。(みきお談)
みなさまもぜひ野鳥公園で季節の移り変わりをお楽しみ下さい。





posted by 生態邑スタッフ at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする