2019年09月15日

クラフト工作体験やってます!

こんにちは!はぎさんです。
3連休いかがお過ごしでしょうか?
2.jpg
野鳥公園は雲一つない良いお天気です。午前中にはクマタカが飛びましたよ。

館内では、クラフト工作体験をいくつかご用意してます!!
1.jpg
こちらは昔、早川町の産業であった繭玉を使った繭玉のキーホルダ―づくり♪
今日は、お友達が繭玉の形をうまく使って、魚を描いていただきました!!
このように自分だけの色塗りができますよ。
野鳥公園開園中、やってます!!!どうぞお越しくださいませ。
posted by 生態邑スタッフ at 16:10| 山梨 ☀| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

アケビの成長

こんにちは!
わくわくちゃんです。

シジュウカラやヤマガラが群れになって移動するのをよく見かけるようになりました。
20羽ほどの群れも目撃されています!
このように、別の種類の野鳥が一緒に群れになることを混群(こんぐん)いいます。
image12.jpeg
混群は冬にはよく見られる行動で、天敵から逃れる為と言われています。
もうそれぞれの子育ての時期が終わり、次の季節へと向かっている証拠ですね。

さて、夏には見られなかったものがここにも・・・。
IMG_0152.JPG
バナナのような、それよりも短いこの実。
食べたことのある方も多いのではないでしょうか。

この植物はアケビといって、実が紫色に熟すと中身が甘ーくなる山の果実です。
わくわくちゃんも子供の頃は、秋になると好きで食べていました♪

アケビの実の付いている枝をたどっていくと・・・
IMG_0154.JPG
くるくると木に巻き付いています。

さらにたどって、根の部分を見ると
木とは別の場所からアケビが生えてきています。
IMG_0158.JPG
実はアケビはツル植物といって、他の植物に巻き付いて成長する植物。
この写真では、側に生えているナナカマドに巻き付きながら上へと伸びています。

樹木の様に太い幹を作るとその分、成長へのコストがかかりますが、
ツル植物は細い枝で成長することでコストをかけず、
なおかつ、他の木に巻きついて成長することで、日光のあたる高い所へと葉を伸ばすことが出来ます。
ただ、巻き付いている木が倒れてしまうと一緒に倒れてしまいます。

写真のアケビも、ナナカマドの上にかぶさるように枝葉を伸ばしていました。
太陽の光を浴びて、これから実が色づいていくのが楽しみですね♪

是非皆さんの周りでもツル植物、探してみてください!
地面からたどっていくとどんな風に成長していったのか、垣間見ることが出来ますよ。
posted by 生態邑スタッフ at 16:30| 山梨 ☀| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

野鳥公園の電話について

ご利用の皆様へ

先日、南アルプス邑野鳥公園の電話、FAXが不通となっておりましたが、使えるようになりました。
ご迷惑をおかけいたしました。
よろしくお願いいたします。
posted by 生態邑スタッフ at 15:12| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうやって広がるの?

こんにちは!はぎさんです。
早川町は台風の影響がなく、朝から快晴です!
mizu3.jpg
園路を周っていると足元にこんな植物がありましたよ。
mizu2.jpg
地面からまっすぐ伸びていて、赤い粒がたくさんついています。
もっと近づいてみると・・・
mizu1.jpg
これは花?でしょうか?
一粒とって、顕微鏡で見てみると・・・
unnamed.jpg
赤い皮から丸い種がでてきました!
これは、ミズヒキの種子だったのです。
この植物は、ちょっと変わった方法で子孫を広げます。
unnamedizu4.jpg
2本の透明なフックがついているのがわかるでしょうか。
実は、このフックが動物の毛にくっついて遠くへ移動するのです。
種子が動物に乗っかって移動するなんて驚きですね!
野鳥公園に来た際は、ミズヒキを是非探してみてください。
posted by 生態邑スタッフ at 15:10| 山梨 ☁| Comment(2) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

野鳥公園の電話の不調について

ご利用の皆様へ

現在、南アルプス邑野鳥公園の電話、FAXが不通となっております。
原因についてはまだ分かっておらず、復旧の目途もついておりません。
皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、野鳥公園へのご連絡はヘルシー美里0556-48-2621までお願い致します。

復旧いたしましたら、またご報告させて頂きます。
よろしくお願い致します。
posted by 生態邑スタッフ at 12:29| 山梨 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

ムササビの赤ちゃんは今日も元気いっぱい

こんにちは!よっしーです。

先日、1頭の赤ちゃんの目が開いたとご報告しましたが、
2頭目の赤ちゃんの目も開きました!

IMG_20190906_123654.jpg
▲2頭とも目が開いているのが確認できます。

IMG_20190906_123704.jpg
▲2頭でじゃれあう姿を見せてくれました。

真っ黒だった赤ちゃんも、顔には大人と同じような白い線の模様が見え始めました。
よく見ると、赤ちゃんの腕には空を滑空するために必要な「皮膜」がついています。
成長しながら、少しずつ空を滑空する準備が整ってきてますね。

その後、2頭でじゃれあった後は、仲良くおっぱいを飲んでいました。
IMG_20190901_124619.jpg


やんちゃな様子のムササビの赤ちゃん、顔出しデビューはいつになるかな?楽しみです。
ぜひぜひ野鳥公園に会いに来てください!




posted by 生態邑スタッフ at 15:26| 山梨 ☀| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月04日

葉っぱごと落ちてるどんぐり

こんにちは!
わくわくちゃんです。

最近、森のあちこちでこんなものを見かけるようになりました。
2466966C-0D2A-4796-848F-F7A02C1C7216.jpeg
葉っぱのついたどんぐり。
木の名前はコナラといいます。
実まだ緑色をしたままです。

風で落ちたのかな?
枝を観察してみると、
D1F2ED58-C552-4523-BF68-3612CCDA6B13.jpeg
折れて落ちたような跡は無く、スパッと切れたような切り口になっています。

不思議に思って、実をよーく見てみると...
E03F5C33-5DB0-446C-B1BD-CE04CCEDB32E.jpeg
あれ?どんぐりの帽子に穴がある...

帽子を取っても
0BF45D86-7842-4C54-93AC-E6C1027DB4BC.jpeg
緑色の実にも穴が開いています!

一体穴の中にはなにが...。
おそるおそる割ってみました。
ABADF22B-E49D-41D5-8E42-872314E16F5F.jpeg
割れた左側の実の中、黄色い小さな卵が入っていました!

この卵、恐らくゾウムシの仲間の、ハイイロチョッキリという昆虫の卵。
ゾウようにながーいの口を使って穴を開け、卵を産み付けます。

コナラは傷つけられると幼虫の成長を妨げる成分を出すため、
卵を産みつけた後は、枝ごと切り落としてしまいます。

切り落とすまでで3時間以上かかるそう!
時間をかけてでも確実に子孫を残す技に驚きですね...。

ぜひ皆さまの周りでも探してみてください!
枝ごと落ちているどんぐりがあったらハイイロチョッキリの仕業かもしれませんよ!
posted by 生態邑スタッフ at 14:12| 山梨 ☁| Comment(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

もりもりキッズ 夏野菜で青空クッキング!のご報告

こんにちは、たぬきです。

8月31日~9月1日の1泊2日で、
「もりもりキッズ 夏野菜で青空クッキング!」を開催しました♪
今回は3才から6才までの小さなお子様連れ、6組のご家族に
ご参加いただきました!満員御礼ありがとうございます。

1日目はまず夏野菜たちが育つ「早川町ってどんなところ?」
ということで五感を使って冒険!
目をつぶって耳を澄ませると「ジージー」「リーリー」「ジャカジャカ」。
音を頼りに・・・
RIMG7049.JPG
コオロギがいっぱい!
虫は苦手だったけどちょっぴり近づける様になりました。

RIMG7046.JPG
お空を見上げるとたくさんのトンボたち!
黄色いのはウスバキトンボ、青いのはシオカラトンボ、アカトンボもいる!

森の中では鼻を使って体験。
RIMG7053.JPG

RIMG7063.JPG
知ってるこの匂い・・・ミツバだ!
自然に生えているんだね。なんでこんな匂いしているんだろう?

いっぱい遊んだね♪
RIMG7077.JPG
高い山と南アルプスの山々から集まる綺麗な水で
早川町はキリギリスやトンボ、コオロギなどなど生きものがいっぱい!

冒険の後は夕食!
16夕食.jpeg
ミツバもメニューに入ってる♪
いっぱい食べたあとは夜の森の探検にも出かけました!


2日目は朝から生きものいっぱい農園で夏野菜の収穫!
綺麗な水で育った野菜はみずみずしくておいしそう。
しかも自分たちの手で収穫したお野菜は格別!

RIMG7111.JPG
お母さんと協力!ナスをしっかり支えてね。

RIMG7108.JPG
つやつや!

RIMG7155.JPG
トマトにナス、ピーマン、白ナス、ズッキーニ、かぼちゃ、ブルーベリー
早川町の茂倉集落特産の「茂倉うり」、みんなでたくさん収穫できました!

収穫したあとは、料理開始!
メニューは「ダッチオーブンで蒸し野菜」と「羽釜ごはん」、「冷汁」
それから大事な「ドレッシング」づくりも。
ドレッシングに使ったお味噌もヘルシー美里手作りの品。

みんなで協力して料理しました。
RIMG7166.JPG
カボチャの種取り!よいしょ、よいしょ。

RIMG7176.JPG
火起しにも挑戦。

RIMG7172.JPG
ピーマンの種って手にくっつく!発見!

たくさんの初めてを経験して、完成したお昼ご飯は、
とってきた大きな朴葉をお皿にしていただきます♪
RIMG4225.JPG


森や畑で生きている虫や植物たち、
たくさんの命と出会って、観察して
どうしてここにいるんだろう?何しているのかな?ということを知って、
最初は恐かったけど、ちょっぴり平気になった生きものもいたね。

たくさん食べて、大きくなって、
またいっしょに生きもの達を観察したり、
収穫したりしようね!待ってるよ♪
posted by 生態邑スタッフ at 19:07| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

ムササビの目が開きました!

こんにちは!よっしーです!

今日、ムササビのライブ中継を見ていると、ムササビの赤ちゃんに変化がありました。
なんと、目が開いたのが確認されました!!
IMG_20190901_132820.jpg
▲画面下にいる赤ちゃんの目が開いているのが見えます。画面中央の赤ちゃんはまだ開いていない様子。

ムササビが木の間をすり抜けて飛べるようになるために、
目はとても必要で、自分で飛べるようになるための第1段階です。

目が開いた為か、お母さんの顔をなめたり、巣箱の中を歩き回る様子が見られました。
IMG_20190901_124513.jpg
▲お母さんの顔や鼻先をなめていました。
IMG_20190901_124534.jpg
▲目が開いていない子に比べ、活発に動いています。

ちなみに、私たちが予想した目の開く日は8月21日〜28日頃。予想より4日遅い結果になりました。
IMG_20190901_1.jpg
そのため、巣箱からの顔出しは、だいたい9月6日〜11日くらいと予想されます。

目が開いて、これからどんどん活発になっていくムササビの子供達。
ますます目が離せませんね。

是非、野鳥公園にムササビ親子に会いに来てください!
posted by 生態邑スタッフ at 13:50| 山梨 ☀| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

野鳥調査報告8月

こんにちは、テツです。

野鳥調査8月期のご報告です。

今期の鳥たちの子育てがひと段落したようで、さえずりはほとんど確認できませんでした。
幼鳥たちも親から離れて子どもたちだけで行動しているのがほとんどでした。

野鳥公園では、カラ類の幼鳥たちが混群を作っていました。
まだまだ危なっかしい行動でしたが、警戒心はしっかりついてきたようで、
近づこうとしたらバッチリ警戒の声を出されてしまいました(笑)
他、夏鳥はオオルリやコサメビタキはまだ確認されています。

P7171998.JPG
(コサメビタキMuscicapa dauurica。夏鳥たちはだいぶ減ってきました。徐々に渡りを始めているものと思われます)


河原では、雨の影響で川が増水していたため水辺の鳥たちは少なめでした。
ただ、セキレイたちはまだ家族群れも見られました。
他、イカル、カワセミ、アオサギなど。

P8312159.JPG
(キセキレイMotacilla cinerea。家族群れでしたが、親たちは子育てを促すために子どもたちにあまりかまっていませんでした)


林道では、サンショウクイやキビタキ、オオルリなどの夏鳥を確認しました。
ただ、こちらもさえずりは無くなっていたので、そろそろ南へ渡っていくのでしょう。
エナガたちは大きな群れを作り始めていたので、これも秋の兆しですね。

P7171973.JPG
(オオルリの幼鳥Cyanoptila cyanomelana。夏鳥たちもまもなく本格的な渡りが始まります。体力をしっかりつけてね)


畑では、ホオジロやカワラヒワ、ツバメの幼鳥あちこちで確認できました。
特にヒヨドリはかなりの数の幼鳥たちが集まって行動していました。
きっと今年は子育てが上手くいったみたいですね。
他にも今年初めてモズの高鳴きを確認しました。
ここでも秋の気配がしてきています。

P8312177.JPG
(ツバメの幼鳥Hirundo rustica。この個体はまだ巣立ったばかりのようで嘴に黄色の部分が多くあります)


夏鳥たちはだいぶ減ってきたように感じました。
鳥たちの群れも徐々に大きくなってきているので、
そろそろ秋の渡りが始まっていくのだと思います。
また来年、早川町で会えることを待ってるよー元気でね!


今回、確認した種
キジバト、アオサギ、トビ、カワセミ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、サンショウクイ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ
posted by 生態邑スタッフ at 17:49| 山梨 ☀| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする