2020年08月02日

インターン生が来ています!

こんにちは!はぎさんです。
今日は環境教育を学びにヘルシー美里・野鳥公園に
いらしている学生さんが何か見つけてくれました。
3.jpg
ミズキの実がたくさん落ちていました!!
2.jpg
よーくみると、茎の先端についているはずの実がなくなっています。
10.jpg
そして、茎の部分をみると・・スパッとするどく切れています。

するどく切れていること、ミズキの痕跡サイズから言って
これは空飛ぶリスの仲間、ムササビが食べた痕跡!!
mmm.png
スパッとした部分が白く、新しいものもあったので
昨日もここへきていたのでしょう!!

●●さんすごい発見です!!!
皆さんもよかったら野鳥公園にいらした際、是非見てみて下さい♪
posted by 生態邑スタッフ at 19:55| 山梨 ☁| Comment(0) | 環境教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅雨明け

こんにちは、関東甲信、ようやく梅雨明けしましたね。
まだスカッと快晴というほどではありませんが、青空も出て、夏らしさを感じる日になりました。
これからが本番、南アルプス邑野鳥公園では皆様のお越しをお待ちしております。
IMG_1896.JPG
posted by 生態邑スタッフ at 07:31| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

雨の中


ご無沙汰してます、ナベシです。

ここ最近ずっと雨続き!さすがは梅雨です。今年の梅雨は例年より長引きそうと聞きました。僕は生まれは本州ですが、しばらく梅雨のない北海道で暮らしていたので、連日の雨と湿度にへこたれそうです・・・。

さて、そんな雨の中でもいきものたちはへこたれることなく、強かに生きています。
DSCN4191.JPG
今日の野鳥公園の餌台の様子です。
DSCN4192.JPG
カワラヒワがヒマワリの種を食べています。
DSCN4184.JPG
地面に落ちたヒマワリの種も食べていました。
DSCN4188.JPG

この画像のなかにカワラヒワは何羽いるか、分かりますか?
見事に地面に馴染んでいて、動いてくれないとわかりませんね。
正解はコチラ。
DSCN4188 - コピー.JPG

4羽もいました。
このように、翼を閉じている時は地味で目立ちませんが、翼を広げて飛んでいる時は翼に1列の黄色い模様があり大変美しい鳥です。(僕のカメラの腕では飛翔時の姿をカメラで捉えることはできませんでした・・・)
彼らはいわゆる“普通種”ですが、よく見られるということはそれだけいろんな姿を見せてくれるという事。
まだまだ雨の日は続きそうですが、野鳥の姿が見たくなった時は、ぜひ南アルプス邑野鳥公園へと足をお運びください。



ナベシ

posted by 生態邑スタッフ at 15:46| 山梨 ☔| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

キハギの花

こんにちは、芥川です。
野鳥公園、管理棟前に今年もキハギが咲いています。
IMG_1622.JPG
キハギ(木萩)は萩の仲間のうちではあまり目立たない花で、萩というと秋の七草の筆頭ですが6月下旬から咲き始め、長いこと花を見ることができます。

と、ここで終わるのもなんですし(雨も降っているし…)ちょっとお勉強チックに続けてみましょうか。
キハギのようなマメ科の植物の花の構造を紹介してみます。
花びらの数は5枚あります。正面から見たところです。
IMG_1635.JPG
上の大きくて目立つ花びらを旗弁(きべん)といいます。虫が見つけて、来てもらうための旗印になるわけです。
旗弁にはこの下に蜜があるよということを示して虫を誘導するマーク(蜜標といいます)が描かれていることが多く、この花も白地に赤のマークがくっきりです。
両横の赤い花びらは翼弁(よくべん)といい、誘導および虫の足場になります。
真ん中下側の白い花びらは舟弁(しゅうべん)または竜骨弁といい、左右2枚があわさって筒か袋のようになっています。横から見るとこうなります。
IMG_1624.JPG
前方に突き出していますね。舟みたいだというわけです。で、2枚の舟弁をとりはずしてみました。
IMG_1650.JPG
中には、おしべとめしべが入っていました。それをそっくり舟弁が包んでいたわけです。
虫が、旗弁に誘われて体を花にもぐり込ませます。すると力がかかって舟弁が開き、おしべとめしべがピョコっと露出します。
それが虫の腹と接触して、そのとき受粉が行われます。虫が離れると舟弁も元に戻ります。

このようなマメ科特有の花のつくりを「蝶型花」といいます。よかったらみなさんも、クローバーでもゲンゲでもスイートピーでもフジでも大豆でも、マメ科の花があったらそのつくりを見てみてくださいね。
posted by 生態邑スタッフ at 15:14| 山梨 ☔| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月25日

県道通行止めのお知らせ

現在昨夜から降り続く雨のため、早川町内へ入る県道37号線(南アルプス公園線)
が通行止めとなっております。
そのため早川町及び南アルプス生態邑へお越しになることが難しい状況です。

道路の最新情報は、山梨県道路規制情報をご覧ください。
https://www.pref.yamanashi.jp/dourokisei/

ご利用の皆様にはご迷惑をお掛け致しますが、
ご理解のほどよろしくお願い致します。
posted by 生態邑スタッフ at 10:21| 山梨 ☁| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

ムササビの様子

こんにちは!はぎさんです。
今日のムササビの様子は・・・?
unnamed (1).jpg
6月29日に生まれた子供が、
お母さんのミルクを飲んでいる姿がみられていますよ!
unnamed.jpg
絵にするとこんな感じです。
生まれてから今日で、24日目。
予想だと7月24日に目が開きそうです。
目が開くと、巣の中を動き回ったり、
お母さんのお腹の上でジャンプしたりする行動が見られます。
子供の成長が楽しみですね!!
posted by 生態邑スタッフ at 16:58| 山梨 ☁| Comment(0) | けもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月18日

クマタカ観察プラン 開催しました

こんにちは、芥川です。

本日、新プログラムのクマタカ観察会を開催しました。
P7181608.JPG

雨からのスタートでしたが途中から天気が回復し、私たちがヘルシーペアと名づけたつがいの去年の幼鳥(2年目若鳥)が鉄塔の上で翼を乾かすところや、お父さんであるヘルシーペアのオスが飛翔する姿、また野鳥公園ペアと名づけたつがいのオスも対岸の枯れ木で翼乾燥する姿など、全部でクマタカ4回、その他(ハヤブサ、ハイタカ属)3回の計7回の猛禽類を観察できました。
ヘルシー若鳥は1時間半ほどもとまっていて、あどけない顔つきや姿に参加者のお客様ともども頬を緩ませてくれました。
DSCN2285.JPGDSCN2399.JPG

雨上がりの日はこうして翼乾燥するためのとまりが見られたり、上昇気流が出て飛ぶことも多いなどいいことが期待できます。
ヘルシー美里/野鳥公園の周辺はクマタカの観察に非常に適した環境にあります。まずまずのスタートを切れましたがこれから良いプログラムに育てていきたいと思います。秋以降も継続的に行いたいと思いますので、ぜひご参加いただければ幸いです。
posted by 生態邑スタッフ at 18:04| 山梨 ☔| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月11日

ハチが守りたいもの


今日も元気なナベシです。

ここ数日は雨続きで、なかなか外に出て散策することもかないません。
今日は少し雨がやんでいたので、野鳥公園の中で何か面白いものはないか探してみました。

P7110379.JPG
僕は何でもひっくり返して裏側を見る癖があるので、
P7110380.JPG
この看板の裏を覗いてみました。
P7110381.JPG
ドンピシャリ、アシナガバチの巣が見つかりました。
P7110370.JPG
ちょっと失敬して、ひっくり返させていただきます。
このハチはムモンホソアシナガバチといいます。野鳥公園付近ではよく見かけるアシナガバチです。
P7110382.JPG
画面中央にいるのは女王バチ、その周りに3匹の働きバチがいます。
いきなり天地がひっくり返り明るくなったので、辺りを警戒しているようです。
まだ巣が大きくなる前段階なので、働きバチも数が少ないですが、順調に大きくなれば100匹近くにもなり、攻撃性も増します。
僕もハチやハチの巣に近づくことはある程度慣れていますが、油断していると刺されるので慎重に観察しています。
皆さんは絶対に真似をしないでくださいね。

彼女たちが攻撃的になるのは巣の中の幼虫を守るためです。
P7110372.JPG
この幼虫たちは、チョウの幼虫のような脚はありません。そのため、巣に何かあっても逃げることすらできない、非常に弱い存在なのです。
それを守り、自分たちの子孫を残すために彼女たちも必死で巣を防衛します。まあそのせいで何もしてないのに(彼女たちからすれば自衛の為なのでしょうが)刺されるのは勘弁です・・・でも、理由を知れば仕組みが分かり、仕組みが分かれば興味が湧きますよね。

この巣のように、社会性のハチたちはそろそろ働きバチが増え始めています。
人が多く利用する場所であれば駆除も已む無しですが、もし危険のないような場所で営巣している場合はそっと見守ってあげてみてはいかがでしょうか。皆さんの知らないハチの魅力に気づけるかもしれませんよ。


ナベシ


posted by 生態邑スタッフ at 14:40| 山梨 ☁| Comment(0) | むし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

インターンが来ています!

こんにちは!はぎさんです。
今回はヘルシー美里と野鳥公園にインターン生がきているので紹介したいと思います。
はじめまして。帝京科学大学からきた工藤萌華です。
44.jpg
ここでは環境教育を学んでいます。
さて、今日は先日生まれたムササビの赤ちゃんを紹介したいと思います。
赤ちゃんは今日で生まれてから9日目。
244.jpg
お母さんのお乳をけんめいに飲んでいます。順調に育ってくれると良いですね。
今後、この赤ちゃんムササビがどうなっていくのか、既存研究を元に予測をたてましたよ。
例えば赤ちゃんの目が開くのは、生後28日目の7月27日です!
野鳥公園に来た際はぜひ、私が予測した日程があってるかムササビの赤ちゃんに会って確認してみてくださいね!
posted by 生態邑スタッフ at 15:43| 山梨 ☔| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和2年度南アルプスマイカー規制にともなう「南アルプス広河原紅葉トレッキングプラン」の中止について



令和2年度の南アルプスマイカー規制について南アルプス山岳交通適正化協議会事務局より、
新型コロナウイルス感染拡大の収束が見通せないため、
今シーズンは広河原へ通じる林道、県道ともに通行止めとの連絡がありました。
登山バスも運行致しません。


そのため、南アルプス生態邑ヘルシー美里で
2020年10月21日(水)〜10月30日(金)に開催を予定していた
南アルプス広河原紅葉トレッキングプラン」は中止とさせて頂きます。
楽しみにされていた方々には大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いします。

また、登山等される方のために詳細情報を下記に記載します。

1.山梨県観光文化部管理登山道
(1)対応:山小屋及び救護所の休業により、安全を確保する環境が整わないため、
  南アルプス山域の山小屋沿線の県観光文化部管理登山道の利用を禁止する。
(2)期間:令和2年7月23日(木)~11月3日(火)
(3)区間:白鳳峠歩道、広河原〜中白根歩道、両俣歩道

2.県営林道南アルプス線
(1)対応 県観光文化部管理登山道の利用禁止に伴い、接続する県営林道南アルプス線を
    通行止めとする。
(2)期間 令和2年7月23日(木)〜11月3日(火)これ以外の間は冬期閉鎖
(3)区間 夜叉神ゲートから広河原(広河原から先は通年閉鎖中)

3.南アルプス公園線
(1)対応 道路に関する工事の為、通行止めを行う
(2)期間 令和2年7月23日(木)〜11月3日(火)これ以外の間は冬期閉鎖
(3)区間 開運ゲートから広河原


また、長野の伊那市の林道バスも運行停止となりました。
救助隊や医療関係の方も今期は駐在しないため、遭難や怪我などした場合、対応が非常に遅れます。

追加情報や、詳細につきましては
南アルプス山岳交通適正化協議会事務局 までお問い合わせください。
 TEL:055-223-1576
 http://www.pref.yamanashi.jp/kankou-sgn/index.html

よろしくお願い致します。

posted by 生態邑スタッフ at 11:14| 山梨 ☁| Comment(0) | 野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする